HOW TO

TikTok運用代行・コンサル会社13選!選ぶポイントも解説

TikTokアカウント運用代行コンサルティングビジネス活用

TikTokをビジネス活用したいマーケティング担当者向けにコンサルや運用代行のメリットデメリット、おすすめのコンサル・運用会社について徹底解説。

TikTokをビジネスで活用したい場合、TikTok運用代行サービスに任せるのがおすすめです。

TikTok運用代行に任せることで、人気Tik Tokクリエイターの起用や、TikTokの特性を活かした企業のPRが可能になります。

本記事では、おすすめのコンサルティング、運用代行の企業はもちろん、選ぶ際の注意点やメリットデメリットも紹介します。

  • TikTokでPR動画を作成したいが、知識がない
  • TikTok運用代行の数が多くどれを選んでいいか分からない

このような悩みをお持ちの担当者様は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

TikTokコンサルティング・運用代行おすすめ会社13選!

TikTokコンサル・運用代行を選ぶ際の基準は、以下3つです。

  • 料金体系はわかりやすいか
  • 影響力のあるTikTokクリエイターが所属しているか
  • 対応範囲はどの程度か

それぞれの内容については後述しますが、上記3つを基準に選べば導入後のミスマッチが少なくなります。

そしてこの3つの基準を踏まえ、おすすめできるTikTokコンサル・運用代行会社は以下の通りです。

  1. Star Creation
  2. pamxy
  3. studio15(スタジオ15)
  4. CARAFUL
  5. DYM
  6. snaplace(スナップレイス)
  7. リーディングコミュニケーション
  8. ウィニングフィールド WINNINGFIELD INC.
  9. Natee
  10. ホリプロデジタルエンターテインメント
  11. GROVE
  12. PPP STUDIO
  13. RERAISE

それぞれ詳しく紹介していくので、気になる会社があれば、ぜひ公式サイトから問い合わせてみてください。

1. Star Creation

スタークリエイション

Star Creationは、こちらのメディアの運営元でもある、株式会社スターミュージック ・エンタテインメントが運営する「TikTokの運用代行サービス」です。

そんなStar Creationの最大の特徴は、所属TikTokクリエイターのフォロワー数。

総フォロワー数は2億人以上と、業界最大級のフォロワー数を誇ります。

TikTokと業務提携し実績も豊富なため、クライアントの要望や予算に合ったサービスが提供可能。

TikTokの運営に特化したプロダクションならではの、TikTokクリエイターとの「共感」を生むコンテンツの制作を得意としています。

TikTokの運営を一貫して依頼したいのであれば、Star Creationがオススメです。

主なTikTokクリエイター うじたまい、修一郎、ゆーり、など
対応範囲 企画立案、プロデュース、動画配信、オリジナル音源の作成、キャスティング、など
料金体系 クライアント毎にカスタマイズ可能
特徴 業界最大級の総フォロワー数7,000万人超
URL https://star-creation.com/

2. pamxy

pamxy

pamxyは、株式会社pamxyが運営するSNSマーケティングを得意とする企業です。

こちらはTikTokだけではなく、YouTubeの運営代行も可能。

YouTubeでは、人気芸人「ナイツ」の塙さんのYou Tubeをプロデュースしています。

TikTokにおいても、公式クリエイターの総フォロワー数は33万人超え。

TikTokに限らず、SNS運用の全般を依頼したいのであればpamxyがおすすめです。

主なTikTokクリエイター けんちゃん、闇病み子(あるごめとりい)
対応範囲 TikTok、YouTubeの企画立案、運営、動画投稿、マーケティング、など
料金体系 クライアント毎にカスタマイズ可能
特徴 SNS全般の運用が得意
URL https://pamxy.co.jp/

3. studio15(スタジオ15)

スタジオ15

studio15(スタジオ15)は、studio15株式会社が運営するTikTokの運用代行サービスです。

TikTokの運用を専門としており、クリエイターサポート事業、インフルエンサーマーケティング事業、エンタメ事業などを手掛けます。

また、クオリティの高いダンスと音楽は、特に10代のフォロワーから支持を集めています。

若年層の中でも、10代にターゲットを絞りたいのであればstudio15(スタジオ15)がおすすめです。

主なTikTokクリエイター きょんぺい、なっちゅん、おーぬまん、など
対応範囲 企画立案、制作、プロモーション、クリエイターの企業へのアサインなど
料金体系 クライアント毎にカスタマイズ可能
特徴 TikTok運用に特化、総フォロワー数300万人
URL https://studio15.co.jp/

4. CARAFUL

caraful

CARAFUL株式会社は、SNSマーケティングを得意とする企業です。

TikTokフォロワー数140万人の「バーソロミュー・ブック」をはじめ、現役JKのクリエイターや元eggモデルのクリエイターなど、クリエイターの幅が広いのが特徴。

TikTokクリエイターをメインにPR活動をしたいのであれば、CARAFULがおすすめです。

主なTikTokクリエイター バーソロミュー・ブック、新谷真由、じゅな、など
対応範囲 企画立案、制作、プロモーション、クリエイターの企業へのアサインなど
料金体系 月額30万円〜(制作費などで変動あり)
特徴 幅広いジャンルのインフルエンサーが所属
URL https://www.caraful.co.jp/

5. DYM

dym

DYMは、株式会社DYMが運営するWEBプロモーションを得意とするコンサルティングサービスです。

クライアントのWEB事業を、トータルプロモーションする形で徹底サポートします。

SNSだけではなく、WEB事業の全般を依頼したいのであればDYMがおすすめです。

主なTikTokクリエイター
対応範囲 SEO、リスティング、アフィリエイトなどのコンサルティング
料金体系 成果報酬型
特徴 WEB事業のトータルコンサルティング
URL https://dym.asia/

6. snaplace(スナップレイス)

スナップレイス

snaplace(スナップレイス)は、合同会社スナップレイスが運営するSNSマーケティング事業を展開しているサービスです。

特にInstagramに関しては、1万名以上のフォトグラファーやインスタグラマーが在籍。

日本旅行やHISといった大手旅行会社との取引もあります。

TikTokだけではなく、Instagramにも注力したいのであればsnaplaceがおすすめです。

主なTikTokクリエイター ヤマシタイムズ、りかる、小野葵、など
対応範囲 企画立案、動画制作、データ分析、プロモーション、など
料金体系 月額報酬型 動画制作39.6万円(税込)〜
特徴 インスタグラマー、フォトグラファーが多数在籍
URL https://snaplace.biz/

7. リーディングコミュニケーション

リーディングコミュニケーション

株式会社リーディングコミュニケーションは、クリエイター事業、マーケティング事業、メディア事業、アプリ事業などを手掛ける企業です。

2017年創業の若い会社ですが、運用するSNSの総フォロワー数は825万人を超えており、驚異的なスピードでフォロワーが伸びています。

企画力に定評があり、TikTokアカウントは開設1週間でフォロワー数10万人を達成。

企画力や勢いを重視したいのであれば、株式会社リーディングコミュニケーションがおすすめです。

主なTikTokクリエイター 千葉彗太、なまはむこ、道東の漁師、など
対応範囲 企画立案、動画制作、各種プロモーション、など
料金体系 要問い合わせ
特徴 TikTokに特化した社内体制、社員がTikTokクリエイターとしても活躍、企画力に定評あり
URL https://www.le-commu.co.jp/

8. ウィニングフィールド WINNINGFIELD INC.

株式会社ウィニングフィールド は、WEBコンサルティング、WEB広告運用代行、コンテンツ販売などを手掛けるWEBマーケティング企業です。

2019年6月よりTikTokの広告運用代行もスタート。

人工知能(AI)を用いた高精度のターゲティングによる運用型広告がポイントです。

TikTokだけではなく、WEBマーケティング全般を依頼したいのであればウィニングフィールドをおすすめします。

主なTikTokクリエイター
対応範囲 リスティング、SNS、動画コンテンツなどの広告代用、WEBコンサルティング、SEO施策、など
料金体系 要問い合わせ
特徴 WEBマーケティングのセミナーや講座もあり
URL https://winningfield.net/

9. Natee

Nateeは主にTikTokクリエイターを起点としたマーケティング支援事業を得意とする企業です。

TikTok (ティックトック)の公認MCN(マルチチャンネルネットワーク)として契約を締結しており、順調に業務を拡大しています。

クリエイターのアサインをメインとした、独自性の高いソリューション提供が得意。

またTikTokのマーケティング支援の他、Z世代向けのブランド創造支援をする「ブランドデザイン支援」にも対応しています。

主なTikTokクリエイター
対応範囲 TikTok配信戦略の設計、配信結果の分析および改善案の立案、広告制作ディレクション、定例レポーティング、など
料金体系 要問合せ
特徴 TikTokクリエイターのアサインを軸とした支援
URL https://natee.jp/

10. ホリプロデジタルエンターテインメント

ホリプロデジタルエンターテインメントは、綾瀬はるかさんや深田恭子さんなどの数多くの芸能人が所属する「ホリプロ」のデジタル特化型子会社です。

デジタル発のタレントのマーケティング支援を中心に、プロモーション、キャスティング、イベント企画など幅広い業務を展開しています。

また「景井ひな」をはじめとした個性あふれる人気TikTokクリエイターも数多く在籍。

商品やサービスの特性に合わせたクリエイターの起用が可能です。

主なTikTokクリエイター 景井ひな、桃衣香帆、湯上響花、など
対応範囲 自社タレントを起用したソリューションの企画・制作・実施、コンテンツクリエイションの支援、クリエイティブスキルの教育 など
料金体系 要問合せ
特徴 芸能事務所の大手「ホリプロ」の子会社でタレントのキャスティングや支援に特化
URL https://horipro-digital-entertainment.co.jp/

11. GROVE

GROVEは、インフルエンサーマーケティング事業・プロダクション事業、クリエイティブ事業をメインに運営する企業です。

またSNSのコンサルティングや運営代行も得意としており、クライアントの業種やサービス内容、要望に合わせて最適な運用プランを提案します。

所属クリエイターについては、人気クリエイターの「なえなの」や「パパラピーズ」が所属。所属クリエイター合計フォロワー数はTikTokだけで1,900万人を超えています。

主なTikTokクリエイター なえなの、パパラピーズ、ゆたせなcp、など
対応範囲 インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル&運用代行、クリエイターマネジメント、映像コンテンツの制作依頼、など
料金体系 要問合せ
特徴 インフルエンサーマーケティングからSNS運用代行に至るまで幅広く支援
URL https://grove.tokyo/

12. PPP STUDIO

PPP STUDIOは、TikTokをはじめとするショートムービープラットフォームに特化したTikTok公認のMCN(マルチチャンネルネットワーク)です。

投稿コンテンツ企画のコンサルティングやコンテンツ制作のサポート、投稿代行サービスなどを実施。

その他にもアパレルブランドのプロデュースや広告案件の獲得によるマネタイズの強化など、幅広い業務に対応しています。

また所属クリエイターの総フォロワー数は1億人を超えており、人気クリエイターのKevin’s English Roomやケチャップなどが在籍しています。

主なTikTokクリエイター Kevin’s English Room、ケチャップ、ウンパルンパ、など
対応範囲 コンテンツ企画のコンサルティング、コンテンツ制作のサポート、TikTokやYouTubeショートなどの投稿代行、ブランドプロデュース、広告案件獲得のマネタイズ、など
料金体系 要問合せ
特徴 ikTok公認MCN、ショートムービープラットフォームに関係する幅広い支援が可能
URL https://pppstudio.jp/

13. RERAISE

RERAISEは、TikTok、YouTube、Instagram、TwitterなどあらゆるSNSのインフルエンサーマーケティングを得意とする企業です。

総フォロワー数377万人のインフルエンサープロダクションを運営しており、クライアントの商品やサービスに応じて適正にインフルエンサーをアサインできます。

TikTokやYouTubeの企画立ち上げから運営にいたるまでトータルでサポート。ミュージックビデオやショートムービーなどの映像コンテンツの制作も可能です。

主なTikTokクリエイター 加藤、あまね、とっぽぎ、など
対応範囲 TikTokマーケティング全般、インフルエンサープロダクション、動画制作および運営、TikTokショートドラマの企画および制作、など
料金体系 要問合せ
特徴 TikTok公認MCN、総フォロワー数377万人のインフルエンサープロダクションを運営
URL https://reraise.co.jp/

TikTokコンサルティング・運用代行サービスの選び方

TikTokコンサル・運用代行サービスへの依頼を検討する際は、以下3つの基準で選ぶようにしましょう。

  • 料金体系はわかりやすいか
  • 影響力のあるTikTokクリエイターが所属しているか
  • 対応範囲はどの程度か

いざTikTokコンサルや運用代行サービスを導入しようとしても、複数のサービスがあるため迷ってしまいます。

また選んだサービスが思っていたサービスと違っていた場合、時間と費用のムダにもなりかねません。

そうならないためにも、ぜひ以下3つを参考にコンサル・運用代行を選んでみてください。

①料金体系はわかりやすいか

まずTikTokのコンサルや運用代行を選ぶ際は、「料金体系がわかりやすいサービス」を選びましょう。

というのも、会社によって料金体系はさまざまだからです。

例えば「パッケージで、必要ないサービスも込みでの料金」の会社もあれば、「クライアント毎に必要なサービスを必要な分だけ受けられる」といった会社もあります。

予期せぬ費用が発生して困ったことにならないよう、わかりやすい料金体系のサービスや、予算に合わせたサービスを受けられる会社を選びましょう。

②影響力のあるTikTokクリエイターが所属しているか

続いて「影響力のあるTikTokクリエイターが所属しているか」で選ぶのも重要です。

例えばTikTokクリエイターの中にも、それぞれ得意分野と不得意分野があります。

自社のサービスや商品の特性に合わないクリエイターをを選ぶと、ミスマッチが生じます。

どのようなTikTokクリエイターが所属しているのか、導入前に確認しておきましょう。

また、影響力が強いTikTokクリエイターを起用した場合は、それだけで拡散効果が期待できます。

そのためクリエイターの得意ジャンルと併せて、フォロワー数も参考に選ぶと良いでしょう。

③対応範囲はどの程度か

最後に「対応範囲」で会社を選ぶのも重要です。

投稿のみを任せるのか、データの分析まで任せるのか、企画や立案から全て任せるのか、何をどう代行してもらうのか・・・

まずは「どの範囲を運用代行サービスに依頼するのか」を検討してください。

それによって選ぶ会社はかなり異なってくる上、業務範囲にマッチした会社を選ぶことができれば、それだけ不要なサービス分の費用を削減できます。

もしTikTokに全く知見がないのであれば、運用を一貫して任せられるサービスを選ぶと良いでしょう。

TikTokコンサルティング・運用代行を選ぶときの注意点

TikTokコンサル・運用代行を選定する際は、ぜひ以下2点に注意しましょう。

・どのような実績があるか確認する
・自社サービスの最適なマーケティング媒体を再度確認する

TikTokコンサル・運用代行を依頼するにあたり、「会社の実績」の確認は非常に大切です。
所属クリエイターの属性や対応範囲も重要ですが、実際にどのような成果を出してくれるのか、そのサービスにより自社はどのような結果が出せるのか、といった部分も確認しておきましょう。
そして何より一番注意すべきが、「そもそも集客媒体はTikTokでいいのか」という部分。

コンサル・運用代行を依頼する前に、ぜひ以下2つも改めて確認してみましょう。

・比較的若者向けのプロダクトであるか
・動画でのマーケティングに適しているか

逆に上記2つに該当する場合はTikTokが集客媒体として適しています。

その場合は次章の「おすすめコンサル・運用代行会社」を参考にしてみてくださいね。

TikTok運用代行・コンサルティングサービスの企業規模別の費用感

TikTok運用代行やコンサルティングサービスの企業別費用感は、下記の通りです。

小規模企業
(フリーランスなど)
中規模企業 大企業
費用目安 5万円〜20万円 30万円〜50万円 50万円〜
任せる範囲 運用のコンサルティング 運用代行に一部を任せる 運用代行に一括で任せる

それぞれ詳しく解説します。

小規模企業(フリーランスなど)の場合

小規模企業やフリーランスの場合、およそ5万円〜20万円が費用の目安です。

小規模企業やフリーランスの場合、運用代行やコンサルティングにかけられる予算も大きくないため、費用を抑えながら依頼する形になります。

アカウント運用のコンサルティングを受けつつ自身で運営することで、費用を抑えられるでしょう。

中規模企業の場合

中規模企業の場合、およそ30万円〜50万円が費用の目安です。

運用のコンサルティングではなく、新規スタッフを採用する感覚で運用代行の一部を任せる形が良いでしょう。

もちろんアカウント運用の一括依頼もできますが、その場合は費用が高額になりがちです。

そのためアカウント運用の一部を代行依頼し、費用を抑えつつ運用することをおすすめします。

大企業の場合

大企業の場合、最低でも50万円以上の費用が目安となります。

大企業が運用代行やコンサルティングを依頼するのであれば、費用を抑えることよりもアカウントの成果を上げることに注力すべきでしょう。

実績がある企業やインフルエンサーに広告を依頼すれば、場合によっては100万円以上の費用がかかることも珍しくありません。

コストカットを優先すればそれだけ運用代行やコンサルティングの対応範囲も狭まるため、満足な成果が得られない可能性があります。

また中途半端なアカウント運営になることで、企業のブランド力ダウンにつながる恐れもあります。

大企業の場合はしっかりと予算をかけ、アカウントの成果を第一に考えたコンサルティングや運用代行を依頼しましょう。

TikTok運用代行・コンサルティングのメリットデメリット

TikTokの運用代行やコンサルティングのメリット・デメリットは、以下の通り。

メリット デメリット
  • 若年層に刺さるアピールができる
  • 訴求力が強く商品やサービスの認知が広がりやすい
  • ビジネス色を出しすぎずエンタメ感覚で広告が出せる
  • どのような結果となるか分からない
  • 自社運用と比べ費用がかかる

それでは、メリットデメリットをそれぞれ詳しく解説します。

TikTok運用代行・コンサルティングのメリット

TikTokコンサルや運用代行を利用することで、得られるメリットは、以下の3つです。

  • メリット① 若年層に刺さるアピールができる
  • メリット② 訴求力が強く、商品の認知が広まりやすい
  • メリット③ ビジネス色を出しすぎす、エンタメ感覚で広告が出せる

TikTokの運用はなかなかに難易度が高く、トレンドやバズりやすいコンテンツを把握した上、適切な知見のもと運用しないとなかなか効果はに期待できません。

またTikTokのメインユーザーである若年層のトレンドは、目まぐるしい速さで移り変わるため、TikTokに知見のない企業が自社で運用するのはなかなかに大変です。

しかし、そこで力になってくれるのがコンサル・運用代行。

詳しいメリットについて確認していきましょう。

メリット① 若年層に刺さるアピールができる

商品のターゲティングが若年層の場合、TikTokの運用代行を依頼することで、商品の認知度アップや売上の向上が期待できます。

そもそもTikTokのメインユーザーは10~20代の若年層ですが、若者向けのPR効果というメリットは「PRがうまくいかなければ」享受できません。

つまり、TikTokマーケティングを成功させるためには若年層のトレンドを把握したり、趣味嗜好を追い続ける必要があり、それにはかなりの蓄積されたノウハウが必要となります。

しかし運用代行サービスであれば専門の知見を持った企業がPRやマーケティングを実施するため、若年層のトレンドに合った的確なコンテンツで商品のPRが可能です。

メリット② 訴求力が強く、商品の認知が広まりやすい

コンサル・運用代行に依頼することで、より「訴求力の強い」PRが期待できます。

というのも、そもそもTikTokは動画がメインのSNSであり、訴求力が他のSNSに比べて高いのが特徴。

しかし動画が1分程度と短いうえ、コンテンツもどんどん切り替わるため、ユーザーの記憶に残すには、インパクトが大切になります。

運用代行サービスに所属する人気TikTokクリエイターを起用すれば、インパクトの強さはもちろん、より商品の訴求力が高まる効果が期待できるでしょう。

メリット③ ビジネス色を出しすぎす、エンタメ感覚で広告が出せる

TikTok運用代行やコンサルティングを活用することで、エンタメ感覚で商品をPRできるコンテンツを提供してもらえる点もメリットです。
というのも、TikTok利用者の大半は、TikTokが「おもしろい」から利用しています。
つまりTikTokで商品のPRを行うためには、インフルエンサーなどに「面白く」PRしてもらうことがとても大切。

コンサル・運用代行に依頼することで自社製品を楽しんでもらえるようなPRが期待できるので、商品の認知だけではなくイメージアップも期待できます。

TikTok運用代行・コンサルティングのデメリット

一方でTikTok運用代行のデメリットは、それなりに費用がかかるということ。

結果が分からない状態で契約するため、高額な費用を支払うのにためらう場合もあるでしょう。

自社スタッフで運営すれば費用は抑えられますが、運用代行やコンサルティングを利用すれば当然別に費用が発生します。

しかしTikTokビジネスアカウントの運用は、正しい知識と経験がなければ成功しにくいのも事実。

契約時点では不安を覚えるかもしれませんが、TikTok運用代行サービスに任せることで、期待以上の結果が得られることもあります。

費用をかけすぎないためにも、初めはTikTok運用代行に任せる予算を社内で設定しておき、予算内で任せるといいでしょう。

インハウスでTikTokを運用するメリット・デメリット

続いてはインハウス(社内・企業内)でTikTokを運用するメリットとデメリットを解説します。

TikTok運用代行に任せずインハウスで運用する場合、事前にどのようなメリットとデメリットはあるか知っておく必要があります。

TikTok運用をインハウスで実施したい企業は、これから解説する内容を踏まえて慎重に検討してみてください。

インハウスでTikTokを運用するメリット

インハウスでTikTokを運用するメリットは、自社で知識やノウハウが蓄積されていくこと。

TikTok運用代行サービスに任せれば、費用をかけた分それなりの結果を出してくれるでしょう。

しかし結果に至るまでのプロセスは、TikTok運用代行サービスにしか分からず、プロセスを聞いても企業秘密で教えてくれないこともよくあります。

行列ができるラーメン店がスープのレシピを公開しないように、TikTok運営ノウハウを公開すれば自社の利益に影響する可能性があるためです。

ただインハウスでTikTokを運用していけば、失敗も多く結果が出るまで時間もかかりますが、その分知識やノウハウは自社で蓄積されます。

将来的に自社でTikTok運用を完結したいと考えているのであれば、最初からインハウスで運用するのがおすすめです。

インハウスでTikTokを運用するデメリット

インハウスでTikTokを運用するデメリットは、結果が出るまでに時間がかかるということ。

TikTok運用のノウハウがない企業がインハウスでTikTokを運用した場合、結果を出すまでには相当な時間がかかるでしょう。

いわば地図を持たずに迷路に入るのと同じようなもので、何度も行き止まりにぶつかりながらゴールを目指すことになりますし、試行回数が足りなければ成功できるかどうかも怪しいです。

しかし当然、地図を持っているTikTok運用代行サービスであれば、より早く確実にゴールへ到着できます。

より早く確実に結果を出したいのであれば、TikTok運用代行サービスに任せましょう。

TikTok運用代行・コンサルティングの主なサービス内容

TikTok運用代行やTikTokコンサルティングの主なサービス内容を解説します。

企業によってはTikTok運用代行にまとめて運用を任せたり、一方で一部だけコンサルティングを受けながらインハウスで運用したりと、コンサルから受けたいサービス内容は異なるでしょう。

そこでこの章では、TikTok運用代行やコンサルティングは何ができるのか、主なサービス内容を解説します。

コンセプトの策定

TikTokを運用する上でのコンセプトを策定し、どのような方向性で運用するか戦略を練ります。

具体的には企業の特性やPRしたい商品に合わせて、コンセプトと戦略を策定し、目標設定とスケジューリングをします。

動画の企画〜投稿

コンセプトで設定した情報を元に、動画の企画から撮影編集、投稿までを一貫して実施。

動画に起用するTikTokクリエイターなども運用代行サービスが手配、起用します。

運用代行サービスによっては、インハウスで人気TikTokクリエイターが在籍しているため、スムーズな手配が可能です。

いいねやコメントの返信

投稿した動画に対する「いいね」や「コメント」の返信など、動画投稿後の管理もしっかり実施。

いいねやコメントの返信は、ユーザーが企業に親近感を持つためには必要不可欠です。

企業がいいねやコメントに反応しなければ、簡単にユーザーは離れてしまいます。

いいねやコメントなどのアクション管理も、TikTok運用代行サービスの大事な仕事です。

運用結果の方向

運用結果をクライアントである企業に報告します。

報告の際はリーチやアクション数など、具体的な数字を用いて報告します。

プロフィールや投稿動画などのアドバイス

コンサルティング利用の場合は、企業アカウントのプロフィールや投稿動画の内容に対して、効果的な手法が取れているかをアドバイスしてくれます。

またユーザー獲得や動画作成のコツ、バズる動画の特徴やフォロワー増加につながる企画なども客観的に教えてくれるでしょう。

このように、コンサルティングを利用することで、TikTok運用についての幅広いノウハウを学べます。

TikTok運用代行・コンサルティングで1番おすすめ Star Creationはどんなサービス?

ここまで紹介したTikTok運用代行やコンサルティングの中で、1番おすすめなのが Star Creationです。

数あるTikTok運用代行やコンサルティングの中で、なぜStar Creationがおすすめなのか、その理由を解説します。

国内最多の広告製作数

Star CreationのTikTok広告は、国内最多の製作数を誇ります。

日本最大級のMCN(マルチチャンネルネットワーク)を運営する Star Creationは、TikTokMCNにおいて総フォロワー数、総投稿数において共に1位を記録。

TikTokの企画立案やプランニングはもちろん、TikTokクリエイターのキャスティング、動画制作から投稿、広告配信やアカウント運用までと幅広く対応しています。

クライアントにとって最適なTikTok運用を、一気通貫で実現可能です。

TikTokの公式MCNとして認定

Star Creationは、日本最大級のTikTokMCNとしてTikTok公認のマネジメント契約を締結しています。

TikTokやBuzzVideoなどを運営するBytedance社と業務提携することで、さまざまな企業のSNSマーケティングを支援しています。

TikTokを代表するクリエイターが所属

Star Creationには、TikTok開始後わずか5ヶ月でフォロワー100万人を突破した「修一郎」や、アーティストへの楽曲提供やトレンド楽曲を生み出す「うじたまい」などが所属。

TikTokを代表する幅広いジャンルのクリエイターが総勢250名以上も所属しています。

所属クリエイターの総フォロワー数も8,000万人を超えており、その人気は折り紙付き。

また「日テレNEWS24」「アッコにおまかせ」「スッキリ」などの人気テレビ番組においても、 Star Creation所属のクリエイターが数多く出演しています。

さらにUUUMやVAZといったインフルエンサーがメインの事務所や、プラチナムプロダクションといったタレント事務所とも業務提携。

クライアントの依頼内容をもとに、さまざまなジャンルのTikTokクリエイターをアサインすることが可能です。

100社以上にも及ぶプロモーション実績

Star Creationの企業におけるプロモーション実績は、100社以上にも及びます。

サントリー食品インターナショナルや株式会社ポケモンといった有名企業のプロモーションも担当。

キャスティング、楽曲制作、ブランドエフェクト制作などを対応し、担当したプロモーションはいずれも大きな反響を呼んでいます。

スピーディかつクオリティの高いプロモーション

Star Creationはプランニングから制作までを一気通貫で対応できるため、スピーディかつクオリティの高いプロモーションを実現できます。

通常、TikTokでプロモーションを実施する場合、企画はA社、キャスティングはB社、楽曲制作はC社というように、複数の企業が介入するのが一般的です。

一方Star Creationであればプランニングから納品、投稿までの全てを一気通貫で担当することで、スピーディな制作、納品を実現。

またStar Creationが制作する作品はクオリティが高く、多くのトレンドを誕生させています。

「TikTok発の世界でヒットする楽曲を生み出す」をコンセプトに、「うじたまい」をはじめとする人た気TikTokクリエイターがさまざまな楽曲を制作。

「うじたまい」の「September調子はどうだい」の視聴回数は1億回を突破するなど、多くのトレンドを生み出しています。

Star Creationのコンサル・運用代行であれば、クオリティを確保しつつ、作品公開までのスピードも重視したプロモーションが可能です。

まとめ

ここまで、TikTokのコンサルティング・運用代行のおすすめ会社13選と、選ぶ際のポイントについて紹介してきました。

TikTokのコンサル・運用代行会社を選ぶ際は、ただ知名度や人気だけで選ぶのではなく、

  • わかりやすい料金体系
  • TikTokクリエイターの質やフォロワー数
  • 何をどこまで応じてくれるのか

こういったポイントを踏まえてサービスを選ぶことが重要。

またTikTokで運用代行やコンサルティングを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 若年層に刺さるアピールができる
  • 訴求力が強く、商品の認知が広まりやすい
  • ビジネス色を出しすぎす、エンタメ感覚で広告が出せる

デメリットは、「結果が分からない状態で契約する」ことと、「費用がかかる」こと。

メリットとデメリットを踏まえて、運用代行やコンサルティングを導入するのか検討しましょう。

最後になりますが、TikTokはただ面白おかしい動画をあげるだけのプラットフォームではありません。

ビジネスで運用するには確かな戦略と戦術が求められますので、ぜひ今回の記事を参考に、自社の戦略と戦術に合った企業を選ぶようにしましょう。

記事を書いた人
今村 悠勢
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。