HOW TO

TikTokインサイトで動画をバズらせる!インサイトの見方&使える機能

TikTokTIkTokインサイトプロアカウント分析

TikTokを効率的に運用していくために大切なのは、ユーザーの利用時間や時間ごとのアクセス数を分析することです。
そこで注目したいのが「TikTokインサイト」。

今回はTikTokインサイトの見方やどんな機能があるのかを解説。
マーケティングに活かす方法もあわせて紹介しています。

ユーザーの動向をきちんと把握して、動画投稿のタイミングを見極めましょう。

Tiktokインサイトの見方とは?

TikTokインサイトでは次の項目が見られるようになります。

  • アカウント全体のアクセス
  • 動画ごとのアクセス

これまでTikTokインサイトを確認するには「プロアカウント」や「ビジネスアカウント」の設定をしておく必要がありました。
2021年からは一般のユーザーでも手軽にインサイトを確認できるようになっています。

しかし、より多くのデータを収集するためにも、TikTokインサイトを見る前に「プロアカウント」の設定をしておくのがおすすめ。
ここからはプロアカウントの設定方法とインサイトの見方を解説していきます。

まずはプロアカウントの設定を

ここ数年でビジネス向けの機能は続々と追加されています。
そのため、プロアカウントの設定をしておけば、追加機能をスムーズに利用できるでしょう。
※プロアカウントの設定をするメリットはこちら

プロアカウントの設定はプロフィールの「アカウント管理」から行います。

一番下に出てくる「プロアカウントに切り替える」をタップして続けます。
「続ける」ボタンを2回タップして画面を進めると、カテゴリーの選択画面に切り替わるので、2つ選択しましょう。

次に性別を選んで「完了」ボタンをタップします。
「プロアカウントへようこそ」というメッセージが表示されたら、設定完了です。

設定したあとはどこで見られる?

プロアカウントの設定が完了したら次の2つの方法で分析結果を確認することができます。

  • 投稿した動画の個別の分析結果を確認する
  • アカウント全体の分析結果を確認する

ではそれぞれの方法を解説していきましょう。

投稿した動画の個別の分析結果を確認する

投稿した動画別に分析結果を確認する場合、まず結果を確認したい動画を表示しましょう。
動画の右側にある「・・・」マークをタップします。

するとメニューが表示されるので、「インサイト」をタップしてください。
動画を見た人がフォロワーなのか、またはおすすめから視聴したのかなどを分析することができます。

アカウント全体の分析結果を確認する

次にアカウント全体の分析結果を表示する方法を紹介します。
まずプロフィールを開き、「クリエイターツール」をタップしましょう。

「インサイト」をタップして、「オンにする」をタップすると分析結果を確認することができます。

上部のタブから「概要」「コンテンツ」「フォロワー数」の3つに切り替わるので、それぞれ必要なデータを確認して分析しましょう。
動画を1本も投稿していない状態では「オンにする」がタップできないので、動画を投稿した後にオンに設定してみてください。

オフにする方法

TikTokインサイトは個人用アカウントでも使用できるため、厳密に言うとオフにする方法はありません。
しかしビジネス目的から個人用に切り替えたいときは、次のような手順で設定します。

まずプロフィールから「アカウント管理」をタップし、「個人用アカウントに切り替える」をタップしましょう。
すると個人用アカウントに切り替わります。

インサイトが必要ない場合はチェックしなければいいだけなので、あえて設定し直す必要はないと言えるでしょう。

Tiktokインサイトの機能

TikTokインサイトの機能は設定してすぐにはデータが取得できない可能性があります。
そのため早めにプロアカウントを設定して、データを分析できるようにしておきましょう。

TikTokインサイトではアカウント全体と動画個別の分析が可能です。

できる機能一覧

プロアカウントに設定したTikTokインサイトでは次のような機能が使えます。

全体の分析機能

  • 動画視聴数分析
  • プロフィール表示回数分析
  • コンテンツごとの視聴回数分析
  • フォロワー数分析
  • フォロワーの属性分析
  • 曜日ごと時間帯ごとのフォロワーアクティビティ

投稿ごとの分析機能

  • 動画への流入元
  • 動画の視聴者属性

全体と投稿、両方のデータを確認して視聴数アップ、フォロワー数アップを狙っていきましょう。

Tiktokのインサイトを使用した分析方法

TikTokインサイトはさまざまなデータを確認できますが、「視聴数が少ない原因」「フォロワーが増えた理由」などを分析することで、効果的なプロモーションが実現するでしょう。
そして分析や施策を繰り返し、PDCAを回していくのが重要です。

一般的にTikTokインサイトは次のような分析に使います。

時間帯ごとのフォロワーアクティビティを分析

時間帯ごとのフォロワーアクティビティを分析すれば、どの曜日、時間帯にユーザーが多く視聴しているのかを確認できます。
たとえばTikTokのユーザーはほとんどが10代〜20代で、大半が学生であることが予想できます。

つまり平日の日中に投稿しても視聴数アップは望めないと考えられます。
このように、休日や祝日に関してもフォロワーがどのように行動しているのかをチェックすれば、最適な時間帯に動画を投稿することができるでしょう。

流入元に最適な動画を投稿する

動画ごとに流入元や視聴者属性を確認すれば、反応率が高い動画を投稿できるでしょう。
たとえば流入元が「おすすめ」の割合が多かった場合、おすすめに載るような動画を作成することが重要となってきます。

また視聴者属性を日本以外に広げることができれば、大きくバズる動画となる可能性が高まるでしょう。
このように分析結果によって動画を最適化すると、ブランドの認知度アップや新規開拓を目指せます。

Tiktokでバズるマーケティング

TikTokは過去の動画が何度も表示されるため、バズるためには評価の高い動画を作るのが大切です。
TikTokを始めてすぐに動画をバズらせるには、インフルエンサーマーケティングがおすすめ。

インフルエンサーマーケティングとは、SNS上で影響力があるクリエイターとコラボした動画を発信して、ブランドの認知度を高める方法です。
TikTokは10代〜20代のほとんどが利用していると言っても過言ではないほど、利用者が多い動画投稿プラットフォーム。

そのため、人気のクリエイターに自社のサービスや商品をPRしてもらえば、若い世代のユーザーを増やすことができるでしょう。

まとめ

TikTokインサイトは動画の反響率やユーザーの動向を分析するために役立つツールです。
プロアカウントに設定すれば、より詳しいデータを確認できるので、動画をバズらせるために活用してみてください。

またTikTokでバズるためには、人気のクリエイターとコラボするインフルエンサーマーケティングを活用するのがおすすめ。
TikTokのクリエイターのなかには事務所に所属している方も多いので、ぜひプロモーションを加速するためにコラボを検討してみてください。

記事を書いた人
ショートムービーラボ編集部
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!