ナレッジTikTok広告

TikTok広告代理店10選!金額感から選ぶポイントまで

TikTokの広告代理店とは、TikTok広告の作成から出稿、アカウントの運用代行やキャンペーンの企画など、TikTok広告に関する様々な業務を代わりに行ってくれる業者のことを指します。

TikTok以外にも、InstagramやYouTubeなどの他のSNS媒体と掛け合わせたPR業務を代行している会社も多くあります。

近年、TikTok広告のターゲティング設定やハッシュタグ選定など、PRの成功が簡単ではなくなっていることから、TikTok広告代理店を利用する企業が年々増加してきています。

そこで本記事ではおすすめのTikTok広告代理店について、金額感から選ぶポイントまで紹介します。

TikTokの広告代理店10選!

TikTokの広告をどのように運用すべきか分からない時は、TikTokを専門に運用している広告代理店を活用しましょう。

  • 株式会社pamxy
  • CARTA COMMUNICATIONS
  • N.D.Promotion
  • vector
  • MERGERICK
  • SEPTENI
  • Nativex JAPAN
  • 合同会社ビーエイチ
  • デジマール株式会社
  • 株式会社オースタンス

株式会社pamxy

自社YouTubeチャンネル『あるごめとりぃ』を、わずか2年で登録者数80万人まで伸ばし現在は95万人、自社TikTokアカウントは40万人に及ぶ総フォロワーを保持。

動画の構成やハッシュタグなどを工夫することで、ニッチなカテゴリーにもかかわらず100万再生超えのTikTok動画を量産し、TikTok公式クリエイターバッジ獲得アカウントも保持するなど、運用実績を誇ります。

テレビ局で経験を積んだプロフェッショナルスタッフをはじめ、豪華なクリエイター陣が集結しており、自社チャンネルを成功に導いた運用ノウハウを活かし、視聴者の心を掴む広告の制作・運用に取り組んでいます。

SNS運用代行において、自社実績、他社実績を持ち合わせている株式会社pamxyは、TikTokチャンネルのコンセプト設計から動画制作、運用代行、広告制作と幅広くサポートしています。

CARTA COMMUNICATIONS

CARTA COMMUNICATIONSは株式会社サイバー・コミュニケーションズ(電通の子会社の広告代理店)から事業を継承したTikTok広告代理店です。

他の会社よりも比較的低予算で依頼できることが魅力であり、企業のTikTokビジネスアカウントの開設〜運用、レポーティングまでをサポートします。

多数の企業と連携することで、トレンドやレコメンドシステム情報を元にしたコンサルティングや、KPI設計支援・目標達成に向けた戦略・企画立案をおこなうなど、幅広いWebマーケティング施策に対応しています。

TikTok広告とマスメディア広告を同時に扱うことができるため、TikTokでの商品のPRをマスメディアでのPRにも繋げたいと考えている企業に最もおすすめです。

N.D.Promotion

インフルエンサー起用に力を入れている広告代理店です。

そのため、時代の流れを予測し、一番届けたいターゲットに対して最も適切な企画を考案し、企画内容に合わせてインフルエンサーをアサインすることができます。

100万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーを起用したハッシュタグ受注件数が多く、TikTok広告代理店に劣らない独自の運用ノウハウを持ってます。

クリエイティブの制作とトレンド調査までをワンストップで行うことで、時代の旬を逃すことなくターゲットに届けることができることが特徴です。

vector

Vectorは日本最大のPR会社であり、「戦略PR」と「WebPR」のふたつに強い広告代理店です。

また、10年以上連続で売上高が業界トップであり、そのデジタルマーケティング事業のノウハウを活用し、クライアントへの提案の幅を広げるために、TikTok広告運用も得意としています。

予算1,000万円以上の案件を中心に受け付けており、TikTok広告でPR活動をしたい企業に具体的なプランを提示してもらえます。

MERGERICK

楽天市場の出店コンサルティングに強いMERGERICKは、国内最大級のECサイトです。

TikTok For Businnessの販売にも注力を入れ、ECサイト向けに販売をしています。

予算は50万円以上から依頼可能で、零細企業から大手までさまざまな企業が運用代行を依頼しています。

ECサイトに誘導するTikTok広告運用を検討している方におすすめの広告代理店です。

SEPTENI

SEPTENIは、SNS広告運用全般に強い広告代理店です。

TikTokリリース後すぐに広告代理店としてのサービスを展開し、運用実績は国内でもトップクラスを誇ります。

費用相場は、500万円以上で、幅広い企業に利用されています。

TikTokだけでなく、他のSNS広告でも結果を出したいと検討している企業におすすめの広告代理店です。

Nativex JAPAN

Nativex JAPANは、中国最大のインターネット代理店Nativaxの日本法人です。

TikTokの運営会社「Bytedance」とグローバルパートナーシップを締結し、世界各国に拠点を持ち海外向けの広告運用を得意としている広告代理店です。

さらに、TikTokの新機能を利用出来る優遇もあり、独自のクリエイティブな作品の制作が可能です。

月間予算300〜500万円の案件を多く受け、海外ユーザーにTikTok広告運用を検討している企業におすすめの広告代理店です。

合同会社ビーエイチ

2017年に設立されたインターネット広告代理店です。

合同会社ビーエイチには、過去の広告運用実績が豊富な各分野の業界トップレベル担当者が多数在籍しています。

ネット広告以外に、YouTuberのキャスティングをおこなっており、もちろんTikTok広告の企画から運用まで全ての業務で業界トップクラスの声が挙がっています。

特に、「運用型広告全般」と「特化型WEBメディアの純広告」の2つに強く、高い成果を期待でき、クライアントからの評価も高いです。

デジマール株式会社

デジマール株式会社とは、Googleアナリティクスのスキルを駆使した運用代行で、TikTok広告からGoogleやYahoo!、Instagramなど、様々な媒体へ広告を展開できるTikTok広告代理店です。

広告を知り尽くした運用経験が豊富なスペシャリスト集団が、お悩みや課題をヒアリングし、施策の実行まで対応します。また、バナー・動画・LPなどクリエイティブの企画・制作も広告運用者が窓口を担当します。

株式会社オースタンス

株式会社オースタンスは、TikTok広告配信支援に先駆け、ダンス振付/作曲/映像制作から、アーティスト育成やキャスティングまでを一気通貫で行うことを特徴とします。

所属しているTikTokerのクリエイティブや感性を取り入れることで、より質の高い制作を行い、「TikTok」の媒体の世界観に合った、 “ユーザーの目に留まるクリエイティブ” を実現します。

TikTokの広告費用相場

TikTok広告代理店における初期費用相場は、0円~50,000円程度であり、代行手数料は実際に支払った広告費の20%前後といわれています。

また、代行手数料や広告費以外にも、広告クリエイティブの制作などで別途費用がかかってしまう場合があるため、随時確認をしましょう。

種類 起動画面広告 チャレンジ広告 インフィード広告 運用型広告
費用 500万円程 1,000万円〜 42万円〜 予算に合わせて設定可能
特徴 画面起動時に表示 ハッシュタグを活用 おすすめ欄に表示 自社で運用する
  • 起動画面広告
  • 起動画面広告は、アプリを起動した際に表示される広告です。多くのユーザーに短期間でアプローチしたい方向けです。表示できる広告は画像、GIF画像、GIFアニメーションです。

  • チャレンジ広告
  • チャレンジ広告は、企業がお題となるハッシュタグを作成し、そのハッシュタグに沿う形でユーザーが動画を作成する、ユーザー参加型の広告です。ユーザー参加型の広告ではTikTokで最も反応率が高いです。

  • インフィード広告
  • インフィード広告は、視聴ページの「おすすめ欄」に動画が表示される広告です。広告を打ちたいターゲットが明確な方へおすすめです。

  • 運用型広告
  • 運用型広告とは、自分で専用のアカウントを運用することで広告を出す方法です。個人でも少額の費用で広告の出稿が可能なので、初心者であれば運用型広告の活用がおすすめです。

TikTokの広告代理店を選ぶポイント

TikTokをはじめとした広告を打ち出す代理店はたくさんありますが、その選ぶポイントはさまざまあります。
「自身が重要視するポイントはなにか」1つ1つ確認していきましょう。

  • ノウハウ・実績があるかどうか(広告運用実績が豊富か)
  • 自社と同じジャンル、またはこれから伸ばしていきたい商品・サービスジャンルにおける運用実績を確認しましょう。商材と相性が合うかもチェックポイントです。

  • 他のSNSも対応可能かどうか
  • TikTok以外にも、InstagramやYouTubeなどの業務を代行している会社も多く、他のSNS媒体と掛け合わせたPRも可能です。近年、ターゲティング設定やハッシュタグ選定など、PRの成功が簡単ではなくなっていることから、他のSNSも利用する企業が年々増加してきています。

  • 最低予算が適切かどうか(最低利用料金が適切か)
  • TikTokは新たなSNS広告として有効であり、多くの企業が利用しつつあります。自身の最低予算を見積もったうえで、費用の高い代理店ではなく満足度の高い代理店を選定するようにしましょう。

  • クリエイティブの制作スキルが高いか
  • 広告を多く取り扱っており、クリエイティブの制作スキルやノウハウが充実しているかチェックしましょう。

  • 担当者と相性が合うか
  • TikTok運用代行会社に依頼する際には、スムーズに連絡が取れるか、担当者との相性を確認しましょう。チャットでやり取りしているのになかなか返信が来なかったりするといった場合は注意が必要です。TikTokマーケティングで結果を出すためには、いかにPDCAサイクルを早く回すことができるかといった点が重要になるためです。

TikTok広告代理ならスタークリエイションがおすすめ!

これまで、多くの広告代理店を紹介してきましたが、TikTokがリリースされて間もないことから、TikTok広告を取り扱っている代理店は少ないのが現状です。また、TikTokにおける実績豊富さなど、良し悪しを判断しにくいですよね。

StarCreationは、TikTokの豊富な経験と運用実績を活用し、影響力のあるクリエイターと共にコンテンツの制作が可能な広告代理店です。

総フォロワー7000万人超を超える250名のクリエイターを抱えるTikTokマルチチャンネルネットワークであるため、フォロワーの多いクリエイターを起用可能です。

それは、認知度の低い商品やサービスを多くのユーザーに認知してもらうことにつながり、
フォロワーの多いTikTokクリエイターに情報を発信してもらいたいと検討している方におすすめの広告代理店です。

また、無料見積もりのヒアリングに合わせた価格を提示し、クライアントの納得のいく価格で対応してもらうことが可能です。

記事を書いた人
ショートムービーラボ編集部
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!