HOW TO

TikTokアカウントの作り方!完全初心者向けマニュアル

TikTokアカウントビジネス活用成功事例

TikTokアカウントの作り方を徹底解説!

本記事では、TikTokをマーケティングに活用したい企業向けに、TikTokアカウントの作り方や活用法、おすすめのインフルエンサーなどを紹介。
完全初心者向けに解説していますので、これからTikTokを始めたい方はぜひ最後までご覧ください。

TikTokのアカウントの作り方

TikTokを運用するには、はじめにアカウントを作成する必要があります。

ここではステップ毎にアカウントを作成する方法を紹介。

まだアカウントを作っていない企業は、まずここから始めましょう。

ステップ① 公式サイトから「ログイン」をクリック

まずはTikTokの公式サイト(https://www.tiktok.com/foryou)から画面右上の「ログイン」
を選択します。

ステップ②「まだアカウントをお持ちでないですか?」の登録をクリック

アカウントを新規作成するため、画面の一番下「まだアカウントはお持ちでないですか?」の登録をクリックします。

ステップ③「電話番号またはメールアドレスで登録」をクリック

「電話番号またはメールアドレスで登録する」をクリックします。

この際「Google」や「Facebook」のアカウントと紐付けて登録することも可能なので、企業でアカウントがある方は、そちらで登録してもいいでしょう。

ステップ④「生年月日」「メールアドレス」「電話番号」を入力

次は生年月日、電話番号、メールアドレスを入力します。

企業アカウントの場合、特に社内での指定がないのなら担当者の情報を入力しておきましょう。

以上でアカウントの作成は完了となります。

TikTokでは何ができる?

TikTokできることは、大きく分けて以下の3つです。

  • 動画の視聴
  • 動画の投稿
  • ビジネスでの活用

動画の視聴

TikTokでは主に15秒〜1分程度のショートムービーを中心に、さまざまなジャンルの動画を視聴できます。

世界中のTikTokクリエイターが、エンタメ系からビジネス系までと幅広いジャンルで動画を投稿。

TikTokでは「おすすめ」と「フォロー中」の2つのレコメンドから、動画を視聴できます。

「おすすめ」ではランダムに動画が表示され、表示される動画はユーザーの興味や関心に合わせてアルゴリズム化されています。
これはTikTokを使えば使うほど、自分に興味のある動画がおすすめに表示される仕組み。

また「フォロー中」では、自身がフォローしたユーザーの動画を表示されるので、好きなTikTokクリエイターの動画だけを視聴したい場合は、「フォロー中」が便利です。

そのためTikTokを始めたばかりの初心者は、まず「おすすめ」でさまざまな動画を視聴し、お気に入りのTikTokクリエイターを見つけるところから始めましょう。

動画の投稿

自分で撮影した動画を、世界中のユーザーへ向けて投稿できます。

TikTokは動画の編集機能が充実しており、動画編集ソフトなどを使わなくても簡単に動画を編集できます。
誰でも簡単にユニークな動画を作れるのが、TikTokの魅力です。

またTikTokの動画投稿がきっかけで、有名となったTikTokクリエイターも数多く存在します。

近年では企業のPR活動にTikTokクリエイターが起用されるなど、活躍の場も広がっています。

ビジネスでの活用

TikTokはビジネスとしての活用もでき、主にTikTokクリエイターなどを使った広告配信が可能です。

TikTokにはビジネス活用に特化した「TikTok for Business」というプラットフォームがあります。
TikTok for Businessは、企業や商品の認知拡大や顧客獲得を目的に作られた、TikTokの特性を生かした広告運用プラットフォーム。

ビジネス活用においての具体的な方法は、以下の記事で解説しています。
※ビジネス活用法の記事を貼り、滞在率を向上させます。

バズるTikTokアカウントを作るコツ

TikTokでバズるコツは、主に以下の3つです。

  • 若者(10〜20代)をターゲットにする
  • 最初のインパクトを意識する
  • DMやコメントには必ず対応

それぞれ具体的に解説します。

若者(10〜20代)をターゲットにする

バズるTikTokアカウントを作るコツの1つ目は、「若者(10〜20代)をターゲットにする」です。
コンテンツを作成する際は、必ず10〜20代の若者をターゲットにしたコンテンツを作成しましょう。

TikTokのメインユーザー層は10〜20代の若者です。
そのため、バズるためにはメインユーザー層である10〜20代を意識したコンテンツを作成する必要があります。

コンテンツ作成においては、10〜20代にウケる楽曲やTikTokerを採用するといいでしょう。

また10〜20代の若者層は、トレンドの移り変わりが激しいのが特徴。

トレンドハッシュタグをこまめにチェックし、常に最新のトレンドを把握しておきましょう。

最初の1秒を意識する

バズるTikTokアカウントを作るコツの2つ目は「最初の1秒を意識する」です。
TikTokの動画は、最初の1秒が大切だといわれています。

TikTokはプラットフォームの特性上、興味のない動画はスワイプして簡単にスキップできます。
そのため、動画の開始1秒でユーザーにインパクトを与え、ユーザーにスキップさせない工夫をする必要があります。

TikTokはショートムービー中心のため、1秒1秒の使い方が重要です。

開始1秒でユーザーにインパクトを与えつつ、全体を通して1秒のムダもないコンテンツを作成しましょう。

DMやコメントには必ず対応する

バズるTikTokアカウントを作るコツの3つ目は「DMやコメントには必ず対応する」です。
ユーザーからのDMやコメントには必ず対応し、フォロワーを大切にしましょう。

フォロワーの多さは再生回数に大きく影響します。

いくら質の高いコンテンツを作成したとしても、フォロワーへの対応を疎かにしているようでは、アカウントは成長しません。
DMやコメントに必ず対応することで、フォロワー数の増加が期待できます。

ユーザーに親近感を持ってもらえるよう、丁寧にコミュニケーションを重ねましょう。

参考にしたいTikTokクリエイター

コンテンツを作成する上で、ぜひ参考にしたいTikTokクリエイターを3人紹介します。

以下に紹介する3人のTikTokクリエイターの動画を参考に、動画の構成や編集、セリフの1つ1つまで細かく分析してみましょう。

修一郎

参考にしたいTikTokクリエイターの1人目は「修一郎」です。

現役大学生TikTokクリエイターである修一郎は、フォロワー数およそ200万人を誇る人気TikTokクリエイター。
動画では「大学生の日常」テーマに投稿し、動画1投稿あたりの平均再生数は150万再生を超えています。

買い物や料理、勉強など自身の日常生活にストーリー性を持たせる、いわゆるVlog動画が得意。
修一郎の動画の影響で、「#修一朗」をつけて同じスタイルで動画を投稿するクリエイターも急増中。

Vlog系のコンテンツを作りたい場合は、まず修一郎の動画を研究してみることをおすすめします。

GYUTAE(ギュテ)

参考にしたいTikTokクリエイターの2人目は「GYUTAE(ギュテ)」です。

GYUTAEは整形級のメイク技術が話題となった、美容系TikTokクリエイター。
男性でありながら、女性のメイクもなんなくこなす整形級のメイク技術を持ち、GYUTAEのメイクを参考にするフォロワーが急増。

もともとGYUTAEは10代の頃から脱毛症の影響で、まつげや髪の毛、眉毛などが生えないというハンデを背負っていました。
しかしながら、そのハンデを物ともしないGYUTAEのポジティブな考え方や生き様が、多くのフォロワーの共感を得ることに。

メイク系のコンテンツを通して商品展開を図りたい方は、ぜひGYUTAEの動画を参考にしてみてください。

うじたまい

参考にしたいTikTokクリエイターの3人目は「うじたまい」です。

うじたまいは、TikTokを中心にオリジナル楽曲をリリースする音楽系TikTokクリエイター。
うじたまいの代表作である「# しまうまになりたいな」はハッシュタグチャレンジにもなり、9300 万再生を超えるトレンドに。

うじたまいは、アニメーションと声を合わせた「アニ文字」コンテンツの作成が得意。
動画では、アニメで登場する個性豊かなキャラクターと、声優の専門学校に通うほどの魅力的なボイスが見事にマッチしています。

オリジナル楽曲を使ったコンテンツを作成したい方は、ぜひうじたまいの動画を参考にしてみてください。

企業アカウントを作るべき?そのメリット

ここまで企業アカウントの作成方法を紹介してきましたが、TikTokが企業アカウントを作るメリットは、主に3つあります。

  1. 10〜20代に訴求できる
  2. 高クオリティの動画をカンタンに作成できる
  3. 参入企業が少なく、差別化を図れる

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

※ビジネスアカウントについてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

1. 10~20代に訴求できる

TikTokで企業アカウントを作るメリットの1つ目は「10〜20代への訴求力が高い」ことです。

というのも、TikTokの主なユーザー層は10〜20代の若者。一方で、TwitterやInstagramのユーザー層は20〜40代です。
つまり、TikTokは特に10代のユーザー層をターゲティングする場合は効果的なツールだといえます。

10代に人気のインフルエンサーなどを起用することで、自社製品やサービスの認知度アップが期待できるでしょう。

2. 高クオリティの動画を低コストで作成可能

TikTokで企業アカウントを作るメリットの2つ目は「低コストで高クオリティの動画作成ができる」ことです。

例えば、動画配信サービスにはYouTubeもありますが、こちらは動画編集に技術が求められます。

しかし、TikTokの場合は動画編集に必要な素材がはじめから備わっています。
色鮮やかなエフェクトや動画のジャンルに合わせた豊富なBGMなどを使い、手軽に編集することが可能。

動画編集ソフトを別に購入する必要もないため、TikTokでは低コストで質の高い動画が投稿できます。

3. 参入企業が少なく、ライバルと差別化しやすい

TikTokで企業アカウントを作るメリットの3つ目は「参入企業が少なくライバルと差別化しやすいこと」です。

TwitterやInstagramをマーケティングに活用している企業は数多くありますが、これらと比較するとTikTokを活用している企業はまだ多くありません。

これはTikTokの主なユーザー層は10〜20代の若者が中心で、TwitterやInstagramのように活用するのが難しいためです。
しかし、TikTokの全世界のユーザー数は8億人以上ともいわれており、これほど巨大なマーケットをビジネスに利用しない手はありません。

ライバル企業が続々と参戦してくる前に、今のうちにTikTok運用を開始することで、差別化を図れます。

「今TikTokで企業アカウントを始めること」に価値があるんです。

参考になるTikTokの企業アカウント7選

ここからは、実際にTikTokを活用している企業アカウントの中から、参考になる7社を紹介します。

どれも企業独自の趣向を凝らしたコンテンツばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

※フォロワー数、いいね数は2021年7月時点の数字

①クラシル

アカウント名 フォロワー数 いいね数
kurashiru.com 250.6K(250万6千人) 3.3M(3300万いいね)

クラシルは、さまざまな料理のレシピ動画を配信している企業です。

その特徴は誰でもかんたんに作れる料理を15秒の動画にまとめることで、TikTokの特性を最大に活かしたコンテンツを配信していること。
単純に料理のレシピの紹介にとどまらず、アレンジ料理のレシピを多数配信することで、多くのユーザーから支持を得ています。

②AbemaTV

アカウント名 フォロワー数 いいね数
abema_official 64.1K(64万1千人) 1.6M(160万いいね)

AbemaTVは、ライブストリーミング形式のインターネットテレビサービスです。

TikTok配信においては、テレビ撮影のオフショットや出演者によるダンスなどをメインに配信。

番組内では見ることのできない出演者の飾り気のない姿に、ユーザーからの関心を集めています。

また、配信する番組の視聴率アップにもつながるため、一石二鳥の効果が期待できます

③ユニクロ

アカウント名 フォロワー数 いいね数
uniqlo.tiktok 11.8K(11万8千人) 86.5M(8650万いいね

ユニクロで参考にしたい事例は、ユニクロの大人気商品「UT」を使った、グローバルインフルエンサーを選出するオーディション。

ユニクロはご存知の通りファッション業界のトップブランドですが、TikTokもマーケティングに活用しています。

オーディションは期間中にハッシュタグ「#UTPlayYourWorld」をつけて、動画を投稿すれば、誰でもオーディションに参加可能です。
グランプリは世界デビューできるとあって、さまざまなインフルエンサーが我こそはと応募が殺到しました。

その他にも、TikTokスタンプをデザインしたUTや、ユーザーが所有する写真やコンテンツをデザインできるUTなども発売。

若年層のハートを掴む施策を続々と展開しています。

④マクドナルド

③ユニクロ

アカウント名 フォロワー数 いいね数
mcdonaldsjapan 20.4K(20万4千人) 298.5M(2億9850万いいね

全世界のどこに行っても見かけるのが教会とマクドナルドというくらい、世界最大のハンバーガーチェーンであるマクドナルド。
そんなマクドナルドが展開したTikTokのプロモーション「#ティロリチューン」は約3週間で総再生数が1億回を突破しました。

「#ティロリチューン」は、ポテトを揚げた時に鳴る「ティロリ〜」というメロディに合わせて15秒間踊るというもの。
最後に「はい、500円」のセリフと共に終わるようになっており、500円セットのオトク感を楽しくアピールしています。

こうした宣伝感を全面に出さずに、エンタメ感覚で自社製品のPRができるのもTikTokの魅力ですね。

⑤PayPay

アカウント名 フォロワー数 いいね数
official.paypay 2,583 62.3M(6230万いいね)

さまざまなスマホ決済がある中で、PayPayの登録がきっかけでスマホ決済を始めたという人もいるのではないでしょうか?

TikTokのマーケティング事例では、CMでも話題の「ペイペイ〜♪」のリズムに合わせてダンスを踊るというもの。
コミカルな音楽もさることながら、宮川大輔さんの「ペイペイちゃうやん!」というツッコミも入り、若者を中心に話題となりました。

多くの芸能人も参加したこのキャンペーンは、TikTokを使ったSNSマーケティングの成功例の1つといえます。

⑥ローソン

アカウント名 フォロワー数 いいね数
akiko_lawson 16.3K(16万3千人) 107.5K(1億750万いいね

コンビニエンスストアに行くと、ついついレジ横のショーケースに目が行くもの。
そんなユーザーの心理を参考にローソンが実施したキャンペーンが、「#いつでもLチキチャレンジ!」です。

ローソンの人気商品「Lチキ」PRするキャンペーンで、指をLの形にして音楽に合わせながらLチキを食べるというもの。
Lチキハンドサインと呼ばれるこのポーズは、簡単にできてカワイイことから女子高生の間でトレンドとなりました。

TikTokのメインユーザーである10代に、効果的にアピールできた好事例といえます。

⑦キリン

アカウント名 フォロワー数 いいね数
kirin_gogotea 16.3K(16万3千人) 107.5K(1億750万いいね

午後の紅茶のブランドで有名なキリンは、TikTok上で「#あなたとほほティー」キャンペーンを実施。

「#あなたとほほティー」のキーワードとともに、全力でモテ仕草を表現するというこのダンスは、10代の女の子を中心に話題となりました。
人肌が恋しくなる冬を狙って実施したこともあり、カップルでの投稿が目立ちました。

TikTokで企業アカウントを作る際のポイント

TikTokで企業アカウントを作る際のポイントは3つあります。

  1. ターゲット層に合ったリサーチを行う
  2. 若者は参加しやすそうなキャンペーン施策を練る
  3. 季節を意識する

それぞれ紹介していきますので、ぜひ企業アカウント作成に役立ててみてください。

1. ターゲット層に合ったリサーチを行う

TikTokのメインユーザーは10〜20代の若年層です。
特に中高生のユーザーが多いことからも、中高生のトレンドに合わせた企画を考える必要があります。

マクドナルドの「#ティロリチューン」などは、まさに中高生をターゲットとしたプロモーションの良い例でしょう。
友達とポテトを食べながら「#ティロリチューン」を踊るというシチュエーションは、見事に中高生にハマりました。

ハッシュタグトレンドなどをこまめにチェックし、中高生が興味を持つコンテンツ作りを意識しましょう。

2. 若者が参加しやすそうなキャンペーン施策を練る

TikTokで企業アカウントを作る際のポイント2つ目は「若者が参加しやすそうなキャンペーン施策を練る」ことです。

若者が参加しやすいキャンペーンとして、以下3つのポイントを意識しましょう。

①まず、芸能人やインフルエンサーがお手本動画を投稿する
(AbemaTVやペイペイなどが良い例)
②動きが簡単で、かわいらしいorコミカルな振り付けにする
③ハッシュタグを使い、拡散効果を狙う

上記を踏まえているキャンペーンはユーザーが気軽に参加しやすいため、どれもユーザーから好評価を得やすいです。
逆に言えば、どれかひとつでもポイントが欠けていたらキャンペーンは成功しにくいでしょう。

・お手本動画がない→ユーザーが戸惑う→参加しない
・動きが難しい→ユーザーが真似できない→参加しない
・ハッシュタグがない→拡散しない→流行っていないので参加しない

このような失敗例が考えられます。

必ず若年層が参加しやすいキャンペーンを考えるようにしましょう。

3. 季節を意識する

TikTokで企業アカウントを作る際のポイント3つ目は、「季節を意識する」ことです。
以下の企業が実施したキャンペーンは、どれも季節を意識しています

・ユニクロの「#UTPlayYourWorld」は夏に向けてのキャンペーン
・キリンの「#あなたとほほティー」は冬に向けてのキャンペーン

上記のように、企業には季節ごとにPRしたい商品があるでしょう。
例えば、キリンの午後の紅茶が飲みたくなるシチュエーションはどんな時でしょうか?

TikTokのメインユーザーは中高生です。
ターゲットが中高生であることを考慮すると、次のようなシチュエーションが浮かびます。

「寒い冬の下校時、コンビニで温かい飲み物を買って暖まりたい時」

しかしこの際他社の紅茶商品でも、コーヒー商品でもいいわけで、「午後の紅茶でなくてはいけない」価値をユーザーに提供しなければ、商品は売れません。

そこで、キリンの担当者は「真似したくなるようなかわいいポーズができる」という価値を、TikTokを使ってPRしました。
商品の中身ではなく、商品を利用するシチュエーションに狙いを定めたのです。
温かい午後の紅茶をほっぺに当てる「午後ティーポーズ」は、思わず写真や動画を残したくなるかわいらしいポーズです。

女の子は、午後ティーを使って彼氏や好きな人に自分の魅力をアピールできます。
カップルであれば、放課後のデート時に午後ティーを購入し、二人で記念写真や動画を撮る楽しみが増えますよね。

また、このキャンペーンは人肌が恋しくなる冬だからこそ成功したキャンペーンといえます。
夏のキャンペーンであれば、爽快さをウリにした炭酸飲料や水分補給がメインのスポーツドリンクをPRした方が効果的でしょう。

クリスマスやバレンタインなどのイベントがあり、人肌が恋しくなる冬の季節を上手く活用した好事例といえます。

まとめ

今回はTikTokの企業アカウントの作成方法と、その活用事例について紹介してきました。

まだ日本でTikTokをマーケティングに活用している企業はそれほど多くありません。
しかし、今後TikTokのようなショート動画をメインとするプラットフォームはますます伸びていくでしょう。

既にTwitter、Instagramを運用している企業も、TikTokを併用することで、幅広い年齢層に製品をアピールできます。
ぜひ今回の記事を参考に、企業でのTikTok運用を検討してみてくださいね。

記事を書いた人
ショートムービーラボ編集部
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!