HOW TO

TikTokでバズる文字入れ方法!誰でもできる基本テクニック

PannaTikTokマリナ文字入れ

TikTokのバズる文字入れ方法!

TikTokにはさまざまな編集機能がついており、その中でもぜひ活用したいのが「文字入れ機能」です。
文字入れすることでより分かりやすく動画の内容を伝えられるため、視聴者の満足度を高められます。

本記事ではTikTokへ文字を入れるための基本動作から、文字入れのコツ、文字入れで参考にしたいクリエイターなどを幅広く解説します。

TikTok文字入れ方法の基本動作

TikTok文字入れの基本動作は以下の通り。

①動画の撮影後「テキスト(Aa)」をタップする
撮影後の編集画面で、画面下にある「テキスト(Aa)」をタップします。

②テキストを入力する
テキストを入力すると画面上に入力したテキストが表示されます。

③テキストの表示位置を調整する
テキスト部分をタップし長押しすれば、表示位置を変更できます。
指でずらして好みの位置に変更しましょう。

④フォントを編集する
テキストのフォントを編集します。「ゴシック」や「Classic」など複数のフォントの中から、動画の雰囲気に合ったフォントを選びましょう。

⑤カラーを編集する
テキストのカラーも自由に選択可能です。文字自体の配色を変えるのはもちろん、文字に背景色の変更もできます。こちらも動画の雰囲気に合わせて選びましょう。

⑥テキストの表示時間を設定する
入力したテキストをタップし「ステッカーの表示時間を設定」をタップすると、テキストの表示時間を設定できます。
画面下に表示される左右のバーを動かし、任意の時間を設定します。
時間を設定したらサンプル動画を再生し、ズレなどがないか確認しましょう。

垢抜けた動画が作れる!TikTok動画文字入れのコツ

垢抜けた動画を作るためには、文字入れの際にいくつかのコツが必要です。

以下に解説するポイントを押さえながら、文字入れをしてみましょう。

絵文字を入れる

TikTokはテキストだけではなく、絵文字の挿入も可能です。
絵文字を活用することで、ただテキストを挿入するよりも、人柄や感情を表現することができます。
絵文字を効果的に活用し、表現の幅を広げましょう。

特殊効果は必要最低限

TikTokにはエフェクト機能が豊富にあるため、つい色々とエフェクトを使いがちになります。

しかし、動画にエフェクトを使用しすぎると肝心の内容が伝わりにくくなるため、特殊効果(エフェクト)は必要最低限で使いましょう。
強調したい部分にだけ、必要最低限で使うのがおすすめです。

手書きや縦書きを使用する

手書きや縦書きの文字も効果的に使いましょう。
動画にエモい雰囲気を出したい時は手書きの文字、和風の雰囲気を出したい時は縦書き文字を使う、など意識的に使い分けるといいでしょう 。

なお、手書き文字や縦書き文字をTikTokに挿入する場合、まず写真を加工する必要があります。

主な手順は以下の通りです。

  1. 白い紙に黒いサインペンで任意の文字を書く
  2. 明るめに撮影する
  3. コントラストを上げ文字の周囲を白くする
  4. 動画編集アプリで文字だけ残す加工をする

4. の部分については、動画編集アプリによって操作方法が異なります。

動画編集アプリはいくつかありますが、中でもおすすめはCapCutです。
CapCutを使った手書き文字の挿入方法は後述しますので、そちらも参考にしてみてください。

表示時間を意識する

文字のフォントだけではなく、表示時間も意識しましょう。
文字を入れたり消したりといった表示時間の設定は非常に大切です。

例えば料理のレシピを紹介する動画の場合、文字テロップの表示時間が統一されていないと非常に見づらい動画となります。
また、BGMとテロップがズレていると、違和感を感じる視聴者も多いでしょう。
実際TikTokには音楽に合わせて自己紹介する動画が数多くアップされていますが、いずれも動きに合わせて文字が表示されるような内容です。

例えば、以下の青山テルマさんの動画などがそうですね。

@thelma_aoyama #青山テルマ #自己紹介動画 #自己紹介 ♬ son original – Sergi Aliberch🥀


文字の表示時間やBGMに合わせるタイミングが分からない時は、参考にしてみましょう。

背景色を活用する

文字はフォントだけではなく、背景色もつけられます。
文字に背景色をつけることで、より強調した表現が可能です。

ただし、背景色がついた文字ばかりが表示されると画面がうるさくなってしまいますので、動画内で特に強調したいポイントのみ、背景色を使いましょう。

フォントの色使いに注意する

文字フォントに色を使う際には、動画の雰囲気に合わせて色を選びましょう。

例えばホラー系の動画には血の色を連想させる「赤」を使う、などですね。

以下に色ごとのイメージをまとめたので、ぜひ色使いの参考にしてみてください。

連想されるイメージ
リーダー、力強い、熱血、危険、不吉
清涼感、爽快感、誠実、平和、不安、憂鬱
自然、環境、エコ、安全、平凡
明るさ、幸福、親交、注意、幼い、愛嬌

TikTokの文字入れ素材に困ったら

TikTokの文字入れにおすすめのアプリが「CapCut(キャップカット)」です。
CapCutは文字入れ加工はもちろん、アニメーションやBGMの挿入、フィルターを使った加工もできます。

ここからは実際に、CapCutを使った手書きや縦書き文字を挿入する方法を解説します。

CapCutを使った手書きや縦書き文字の入れ方

CapCutを使った手書きや縦書き文字の入れ方は、以下の通りです。

①はめ込み合成の追加
CapCutの編集画面を開いたら、画面下部にある「はめ込み合成の追加」をタップします。

②動画を選ぶ
手書きや縦書き文字を撮影した動画を選びます。
あらかじめ動画のコントラストを上げて調整しておくと便利です。

③「マスク」→「長方形」をタップ
動画を選んだら、編集画面の下部にある「マスク」をタップ。
形を選択できるので、「長方形」をタップします。

⑤範囲を調整する
手書き文字を挿入する範囲を調整します。
できるだけ文字だけが残るよう範囲を調整しましょう。

⑥「リミックス」→「焼き飲み」をタップ
範囲を調整したら「リミックス」をタップ。
リミックスする方法を選べるので、「焼き飲み」をタップします。

⑦文字の大きさを調整する
白い紙の部分が消え文字だけが残れば成功です。
後は文字の大きさを調整して完了。

以上の手順で手書きや縦書き文字の挿入ができます。

文章で見ると一見難しそうに感じるかもしれませんが、実際にやってみるとカンタンに加工できます。

CapCutはリリース当初からApp Storeでランキング上位を獲得しており、多くのユーザーが愛用する動画編集アプリ。
TikTokの文字入れ素材に困ったら、ぜひCapCutを使ってみましょう。

文字入れの参考にしたいクリエイター

TikTokで文字入れをする際に、ぜひ参考にしたいクリエイターを2人紹介します。

  • Panna
    世界中にファンがいるトイプードルのワンちゃん
  • マリナ
    独特のファッションコーデチェンジが人気のクリエイター

TikTokの文字入れで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

Panna

参考にしたいクリエイターの1人目はPannaです。

Pannaはもふもふ姿が愛くるしい、トイプードルのワンちゃん。
SNSの総フォロワー数は1000万人を突破しており、世界中にPannaのファンがいます。

ワンちゃんである以上お喋りができないため、文字入れを活用してPannaの気持ちを表現しています。

中でもオススメなのが、下記のPannaが美容室に行く動画。

@azchpn 今日は私のトリミング✂️✨🐶 #CapCut #編集はCapCut #うちの子が可愛すぎる #dog #poodle #fyp #dogsoftiktok #foryourpage #犬 #トイプードル ♬ オリジナル楽曲 – Panna


Pannaの動きや表情に合わせてセリフを文字入れしており、文字のフォントや表示時間など使い方も秀逸。文字入れのお手本のような動画です。

マリナ

マリナはさまざまなシチュエーションでのファッションコーデを得意とする、現役大学生のファッションクリエイターです。
ストリートやハイブランドなどのジャンルはもちろん、「ポケモンタイプ別コーデ」「人気アイスフレーバー擬人化」といった特殊なファッションコーデも得意。

中でも文字入れの参考にしたいのが下記の動画です。

@kodakkugasuki みんなは何味が好き?#31アイスクリーム #コーデ紹介 #冬コーデ #擬人化 ♬ оригинальный звук – …


こちらの動画では、人気アイスクリームチェーン「サーティーワンアイスクリーム」のメニューに合わせたコーディネートを披露。
ファッションコーディネートはもちろん、メニューに合わせた文字フォントや配色まで完璧な仕上がり。非常に参考となる動画です。

企業がTikTokを使ったPR活動をするなら

ここまでTikTokの文字入れ機能の概要や基本操作、効果的な使い方や参考にしたいクリエイターまで紹介してきました。

本記事で紹介したクリエイター(Panna、マリナ)が所属するStar Creation(スタークリエイション)は、TikTokをメインに活躍する総勢300名超のクリエイターのマネジメント・ネットワークを得意とする、MCN(マルチチャンネルネットワーク)で、総フォロワー数1億人を超えるクリエイターの中から、案件に合ったクリエイターのアサインが可能です。
TikTokの運用代行やコンサルティングなど、TikTokに関することなら幅広く対応しています。

TikTokを使った本格的なPR活動をしたい方は、ぜひStar Creationまでご相談ください。

記事を書いた人
ショートムービーラボ編集部
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!