HOW TO

TikTok広告に強いマーケティング支援会社まとめ!選ぶときのポイントも解説

SNSマーケティングTikTokTikTok広告webマーケティング広告代理店

若者に人気のショートムービープラットフォーム「TikTok」。まだまだ人気が衰える気配はなく、着実にユーザー数を伸ばしています。
そんな成長を続けるTikTokに広告を出してプロモーションをしたい、そんな会社も増えてきていて、TikTokのビジネス活用はこれからますます進むでしょう。
しかし、TikTok広告で効果のあるプロモーションをするにはどうしたらいいのか、どの会社に頼めばいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、TIkTokに特化したプロフェッショナル集団のStar CreationがTikTokに強いオススメマーケティング支援会社5社をご紹介いたします。

TikTok広告に強いマーケティング支援会社を選ぶときのポイント

オススメの会社をご紹介する前に、TikTok広告を依頼する際の選定ポイントを解説します。

TikTokに関する知見を持っているか

TikTokがリリースされたのは2017年、日本で流行が始まったのも2018年に入ってからとまだまだ成長途中のプラットフォームです。そのため、まだまだTikTok広告を成功させる知見を持った企業はごく僅かです。
企業のウェブサイトやウェブメディアなどの媒体から提供サービス、実績などの情報を得る際には、「この会社はTikTokのことをよく知っているのかな?」という視点でを見るとよいでしょう。

楽曲や映像などクリエイティブ制作に幅広く対応しているか

TikTokには「ユーザーが共感できるコンテンツなら、広告であっても高いエンゲージメントが獲得できる」という特性があります。
しかし、ユーザーに受け入れられるには楽曲や映像などクリエイティブの品質が非常に重要になります。
また、音楽・映像とそれぞれの相乗効果で、よりバズるコンテンツになるので、総合的にクリエイティブ制作ができる企業を選ぶと良いでしょう。

若者カルチャーやトレンドを理解しているか

TikTokのユーザー層は10代から20代の、いわゆるミレニアル世代やZ世代と呼ばれる若者が大半を占めています。
その若者に向けて広告を出稿するのですから、若者カルチャーやトレンドに精通している会社へ広告出稿を依頼するべきです。
若者に人気のクリエイターのキャスティング実績があるか、若者にたくさんシェアされたキャンペーンの制作実績があるか、などが判断基準になるでしょう。

予算にあった会社へ依頼する

クリエイティブや実績も重要ですが、広告予算とマッチした会社を選ぶことも重要です。
依頼先を一社だけ検討するのではなく、必ず複数の会社から相見積もりを取った上で、実績やサービス内容などを比較し、最終的に依頼する会社を決めるようにしましょう。

TikTok広告に強いマーケティング支援会社オススメ5社

以上のポイントを踏まえて、貴社のパートナーとなりうるオススメのマーケティング支援会社を紹介していきます。

1. Star Creation

Star Creationは、エンターテインメントを知り尽くした株式会社スターミュージック・エンタテインメントが運営するTIkTokに特化したクリエイティブプロダクションです。
企画内容の立案からプランニング、TikTokクリエイターのキャスティング、投稿動画の制作、オリジナル音源の制作、振付の制作、配信などTIkTok広告に関わるすべてをトータルでプロデュースすることが可能で、大企業から中小企業まで多くの実績があります。
また、修一朗やうじたまいといった、若者から人気のTikTokクリエイターを自社で抱えていることも特徴で、若者から共感を得る広告クリエイティブを得意としています。
若者をターゲットとしたマーケティングに悩んでいる会社はぜひ検討してみてください。

2. セプテーニ

株式会社セプテーニは東京都新宿区に本社を置く大手インターネット広告代理店です。
幅広くウェブマーケティングを取り扱っており、中でもソーシャルメディア広告に注力しており、TikTokだけでなく様々なSNS広告を得意とする会社で、一気通貫でSNSマーケティング施策をサポートできる点が強みです。
一方で、大手企業を多くクライアントに抱えていることもあり、依頼にはある程度の予算が必要になるでしょう。
TikTokだけではなく、他プラットフォームへの広告出稿も検討している方、大規模なウェブマーケティング施策を検討している方にオススメです。

3. サイバー・コミュニケーションズ

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は電通グループ傘下のメディアレップです。
TikTok広告の取り扱いを国内でいち早く始め、TikTokとも広告パートナーシップを提携するなどTikTokでのマーケティングに力を入れています。
電通傘下の関連企業と連携して、テレビCMなどのマス広告も含めた大規模なプロモーションにも対応していますが、その分予算のハードルも高いようです。
媒体・予算に関わらず、大規模なプロモーションを行いたいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

4. ベクトル

株式会社ベクトルは東京都港区に本社を構える大手総合PR会社です。
プロモーション全般を強みにしており、業界トップレベルのPR力とTikTokを掛け合わせてターゲットに訴求できることは大きな魅力です。
また多数のメディアサイトを運営するなどコンテンツマーケティングにも精通しており、広告運用だけでなく、その先のコンテンツマーケティングまで見据えたサポートを希望する方にオススメです。

5. Nativex Japan

Nativex Japanは中国最大級のインターネット広告代理店「Nativex」の日本法人です。
世界各国に拠点を持ち、各国のインフルエンサー事務所と提携しているため、海外のインフルエンサーをキャスティングすることも可能です。
海外をターゲットとするマーケティング施策を行いたい方にはぜひオススメできるマーケティング支援会社です。

まとめ

いかがでしたか?
本記事ではTikTok広告に強いマーケティング支援会社の選び方からオススメまでご紹介させていただきました。
今回紹介したオススメ企業以外にも、TikTok広告を扱う企業は多く存在し、それぞれ特徴や強みが異なります。
目的や予算にあった企業を見つけるのに、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください!

記事を書いた人
ショートムービーラボ編集部
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!