HOW TO

メリットいっぱい!TikTok広告の種類や費用を説明します

TikTokTikTok広告メリット費用

動画広告市場が伸びている昨今。主な広告出稿先は「YouTube」や「Instagram」を浮かべる方が多いかと思います。
しかし、本記事をご覧のあなたは、きっと「TikTok」への広告出稿をご検討されているのではないでしょうか?
結論から言いますとその判断は正しく、TikTok広告は多くのメリットを享受できると言えます!
今回は、そんなTikTok広告に関して、以下の内容を見ていきましょう。

  • TikTok広告の特徴
  • TikTok広告の種類と費用
  • TikTok広告を利用するメリット

以下に該当する方は、ぜひこのまま読み進めてみてください。

  • 「そもそもTikTok広告って、YouTubeとかよりメリットあるのかな?」
  • 「TikToK広告はどういう広告を出す際に使えるのかな?」

読後はTikTok広告についてしっかり理解できるはずですよ。

そもそもTikTok広告とは?

「TikTok広告」は、中国のBytedance社が提供している「TikTok上に広告を出稿することができるサービス」です。
これだけ聞くと、中には

  • 「TikTokはふざけたショートムービーばかりのイメージだけど、広告の効果はあるのか」
  • 「YouTubeやInstagramの方がいいのではないか」

と考える方もいるかもしれません。
しかし、TikTokの2021年6月時点での国内月間アクティブユーザー数は950万人ほどで、国内の他のSNSとユーザー数を比較すると以下のようになります。

比較してみると数値が少ない印象を受けますが、TikTokには以下のような特徴があります。

  • 10代〜20代の利用者数がSNSの中でもトップクラスに多い
  • 15秒程度のショートムービーを共有するSNSである

よって、これらの特徴を活かせるのであれば、例えユーザー数が他のSNSより少なかろうと、それ以上のメリットを享受することができるはずです。
また、TikTokは150カ国以上で利用され、2020年4月には累計ダウンロード数が20億を突破しているという実績も。
これらのことからTikTokは広告出稿先として優秀なSNSだといえ、広告を出す商品やサービスの種類によっては、TikTok広告が最適というケースも十分あり得るのです。

SNS月間アクティブユーザー数

TikTok広告の3つの特徴を解説

TikTok広告の概要について紹介しました。
続いては、TikTok広告の特徴を詳しくみていきましょう。

  • 年齢層は10~20代が中心
  • 国内では男性ユーザー、米国では女性ユーザーが多い
  • ショートムービー広告を出稿できる

1つずつ解説していきます。

①年齢層は10~20代が中心

まず、TikTokの年齢層は10~20代の利用率が非常に高いSNSです。

tiktokの認知度
参考:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1726.html

このように高い年代になる程利用率は下がっていくため、広告でリーチするターゲットは必然的に若年層ということになります。
若年層向けに広告を打ちたいのであればTikTokの特徴はメリットになり得るでしょう。

②国内では男性ユーザー、米国では女性ユーザーが多い

続いて、TikTokは国内では男性ユーザーが多く、米国では女性ユーザーが多いという特徴があります。
日本のtiktok利用者年代別データ

アメリカのtiktok利用者年代別データ
参考:https://lab.appa.pe/2020-09/2020-09-23-tiktok-jp-us.html

米国だと女性比率が6割と案外高め。
一方で国内だと男性比率が高いので、若年層かつ男性をターゲットとして広告を出稿する際は、TikTokが選択肢にあがるでしょう。

③ショートムービー広告を出稿できる

最後に、TikTokはショートムービーで広告を出稿できるという特徴があります。
広告の形式にもよりますが、大抵5〜15秒程度。
手軽に視聴できるので、2〜3分の広告と比較して「スキップされにくい」というメリットが得られるでしょう。
また、TikTok自体手軽にコンテンツを楽しめるためか、TikTokの1日の平均起動回数は43.4回というデータもあります。

参考:https://lab.appa.pe/2018-05/tiktok-teenagers.html

ちなみに、同データでのTwitterの1日の平均起動回数は15.5回でしたので、ユーザーの利用頻度はTikTokが勝ると言えます。
そういった意味では、他のSNSよりもユーザーとの接点を作りやすく、訴求力が高いSNSだと考えられるでしょう。

TikTok広告は3種類に分けられる

TikTok広告の3つの特徴を紹介しました。
続いては、TikTok広告の種類をみていきましょう。

  • 起動画面広告
  • インフィード広告
  • ハッシュタグチャレンジ

それぞれの特徴が異なりますので、自社のイメージする広告と照らし合わせつつチェックしてみてください。

①起動画面広告

まずは「起動画面広告」です。

これはTikTokのアプリを起動した際に流れる広告で、

  • 静止画、アニメーションどちらかで3〜5秒表示が可能な純広告
  • 全画面表示かつ起動時に必ず表示されるため、訴求力がかなり高い
  • ただし1日1社のみであるため、入札額が高額

といった3つの特徴があります。
「高額だがインパクトは大きい」といった形式の広告です。

②インフィード広告

続いては、「インフィード広告」です。
これはTikTokアプリ内の「おすすめ枠」に表示される広告で、

  • 最大15秒の全画面動画を流せる純広告/運用型広告枠
  • ユーザーが一番視聴する「おすすめ枠」に動画を掲載できる
  • 「いいね」「コメント」「シェア」などももらえる

といった3つの特徴があります。
また、インフィード広告の中でも以下3つに分類できるため、予算と相談しつつ広告枠を選んでみてください。

  • 「TopView(おすすめトップに表示)」
  • 「OneDayMax(おすすめ4番目に表示)」
  • 「Brand Premium(おすすめ80番目以内に表示)」

コンテンツに交えて出稿できるため、比較的扱いやすい形式の広告だと言えるでしょう。

③ハッシュタグチャレンジ

最後は「ハッシュタグチャレンジ」です。
これはTikTokユーザーに特定のハッシュタグを用いた投稿を促すキャンペーンで、

  • ユーザーの「共感」「参加」を促せる純広告枠
  • UGCによる自発的なブランド拡散が狙える
  • オリジナル楽曲やチャレンジページから参加を促せる

といった3つの特徴があります。
また、クリエイターの創造性を引き出せる「コンテスト企画」や、2つのハッシュタグ同士を競わせる「バトルチャレンジ企画」などさまざまな形式があり、広告にあった施策を練ることが可能です。
事例としては、マクドナルドが行った「#ティロリチューン」チャレンジなどがあり、投稿は5万件・総再生1億回を突破しています。
多くのユーザーを巻き込める上、クリエイターによる投稿で広告感もなくせるため、バズを狙うならばこの広告が適しているでしょう。

TikTok広告の掲載費用

最後にTikTok広告の大まかな掲載費用を紹介します。
まず、広告の主な課金方式は以下4つがあります。

課金方式 概要 メリット デメリット
インプレッション課金型 1000回表示されるたびに課金される 「質より量」でマスにアプローチできる 効果が分析しにくい
再生課金型 一定の再生数を超えると課金される ある程度興味を持ったユーザーにアプローチできる ・画像でなく「動画広告」必須
・効果が分析しにくい
期間契約型 1日あたりで契約する 一定期間必ず広告の露出が可能 必ず露出が可能な分、費用が割高

これらを踏まえた上で、今回紹介した3種の広告の「大まかな掲載費用」は以下の通りです。

広告種類 概要 課金形式 大まかな費用
起動画面広告 アプリ起動時に必ず表示される広告 期間契約型 400~600万円程度/日
インフィード広告 「おすすめ枠」からナチュラルに広告を配信できる ・インプレッション課金
・クリック課金
・再生課金
・100〜1,000円/1,000imp
・30〜100円/1クリック
・5〜60円/1再生
ハッシュタグチャレンジ ユーザーを巻き込んで「参加」「共感」を促せる 期間契約型 1,000万円〜2,000万円/回

あくまでこれらは目安で、実際の費用は運用方法によって異なります。

課金方式や費用の目安を元に、どの形式が合っていそうか考えてみてくださいね。

【まとめ】TikTok広告はメリットがたくさん!

今回はTikTok広告について紹介してきました。

本文でも述べたように、TikTok広告には以下のような特徴があります。

  • 年齢層は10~20代が中心
  • 国内では男性ユーザー、米国では女性ユーザーが多い
  • ショートムービー広告を出稿できる

また、様々な形式の広告を出稿できるため、以下に該当する企業にとっては、TikTokの特徴はメリットになり得るでしょう。

記事を書いた人
ショートムービーラボ編集部
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!