HOW TO

企業がTikTokerをキャスティング依頼する理由を分かりやすく紹介

TikTokTikTokerキャスティングビジネス活用メリット

  • TikTokを使って自社の商品を効率良くPRできるの?
  • TikTokerをキャスティングするメリットはなに?
  • TikTokerをキャスティングしてくれる会社はあるの?
  • TikTokerを起用して炎上しないの?

上記のような疑問を抱えている方がいるかもしれません。
この記事では上記の疑問を解消しつつ、ショートムービーラボ独自のオススメのキャスティング会社を5つ紹介しています。

この記事を読み終える頃には上記のような悩みは全て解消され、次にどのようなアクションをすればいいのか明確にが分かると思います。

企業がTikTokerをキャスティングする理由

近年、TikTokを使い商品のPRから自社の紹介・採用などさまざな場面で活用している企業がなぜ増加しているのか?企業がTikTokに魅力を感じているポイントを3つ紹介します。

20代の6割が購買行動にTikTokを活用

参考記事:Z世代がYouTubeよりTikTokを好んで視聴する理由

記事では12〜25歳の女性780人にアンケート調査を実施したところ60%以上の方がTikTokを参考に情報収集をしている結果が分かりました。12〜25歳頃までの世代を「Z世代」といい、「ソーシャル・ネイティブ世代」とも呼ばれています。Z世代はどんな世代なのか、特徴が分かる3つのポイントを紹介します。

何か調べる時のスタートはSNS

物心つく頃にはSNSが身近にあったため、SNSの使い方はほかの世代に比べ段違いに使い慣れています。特にトレンドの移り変わりが早い美容関係、食べ物関係、洋服関係はSNSから情報収集しています。

個人の声を参考に

Z世代は基本的にWebサイトの情報よりもSNSの個人の声のほうが参考になると思っています。理由としてZ世代は綺麗ごとを嫌い本当にこの情報が本物なのかを疑う考えを持っているため、集団よりも個人の情報を信じる傾向にあります。

参考記事:Z世代に「きれい事」は通じない! 企業情報の受け取り方が変わってきた理由

タグるからTokるに変わる!?

Instagram等のハッシュタグ検索する「タグる」はよく知られた現象ですが、今後はInstagramのハッシュタグ検索からTikTokで調べる「Tokる」がメインに移り変わる可能性があります。

参考記事:時代は「ググる」から「Tokる」へ?TikTokが「動画検索」プラットフォームとなる未来

上記のようにTikTokをメインに扱うZ世代の6割がTikTokを中心とするSNSで情報収集を行い、企業の情報よりも個人の発信情報を信じる割合が多いです。

TikTokの国内ユーザー数

TikTokのユーザー数は2019年8月から2021年8月までの2年間で約1,000万から約1,700万まで伸びています。また25歳以上のユーザー数も55%〜60%に上昇しているなど今後は若年層以外のアプローチも検討されています。

参考記事:「2021年に活用を始めないと乗り遅れる」電通天野氏に聞くTikTok活用の今

TikTokユーザーの1日のアプリ使用回数

TikTokユーザーが1日にアプリを使用する回数は平均43.4回です。これはTwitterの15.5回の倍以上の違いがあります。その理由は、TikTokは基本的に15〜30秒に短いコンパクトな動画スタイルがユーザーの隙間時間に使用されている結果だと考えられます。

効率よくキャスティングするコツ

TikTokでキャスティングを効率よく発揮するには、TikTokの特性を理解することが大切です。
ここからは具体的に企業の商品をより効率よくアピールする方法を紹介していきます。

商品とTikTokerの相性を考慮する

TikTokで商品をPRする場合、ユーザーが興味を持ちやすいジャンルを狙う必要があります。

TikTokで特に人気のあるジャンルは

  • 食べ物関係
  • 化粧品関係
  • 音楽関係
  • 洋服関係
  • 踊り関係

などが挙げられます。

自社の商品がTikTokと相性が良いかを確認し、TikTokerをキャスティングをするようにしましょう。

キャスティング会社に依頼もできる

キャスティングを行う際

  • 予算がいくら掛かるのか
  • どんなジャンルの人を呼べばいいのか
  • どんなPRをすればユーザーに刺さるのか
  • 炎上しないかのか

などキャスティングの経験や知識が無い状態でTikTokerにキャスティングを依頼するのは不安が大きいと思います。

そんな不安をお持ちの方はキャスティング会社に依頼や相談をおすすめします。
キャスティング会社とは、企業がTikTokで行うPRに対してTikTokerをキャスティング/アサインさせる会社のことです。

ここからはキャスティング会社に依頼するメリット・デメリットを紹介していきます。

キャスティング会社に依頼するメリット

キャスティングにかかる手間が省ける

自社でキャスティングを1から行う場合は、普段の業務の時間を割いてTikTokerを探し、連絡を取り、予算決めや納期の調整をしなければなりません。

キャスティング会社に依頼することでキャスティングに関わる業務の大半を代行してくれるので、大幅な工数の削減につながります。

キャスティング経験が無くても安心して依頼できる

企業がTikTokerのキャスティングを検討する際に、キャスティング依頼経験やSNS業界の知識が乏しいと、予算、契約期間、納期までの期間など提案が業界基準なのか不安になることがあると思います。

キャスティング会社では要望に合わせてTikTokerの選定〜アサイン〜納品までをワンストップで対応できるため、自社でキャスティング経験がなくても安心して依頼することができます。

商材にあったTikTokerをキャスティングしてくれる

企業側が自社の商品にTikTokerを起用したい場合、起用したいTikTokerがどのジャンルに強く、起用することでどんな効果を発揮できるのか気になる点だと思います。

キャスティング会社に依頼すれば、さまざまなTikTokerのデータをもとに企業の要望やイメージに合った起用ができるため、費用対効果の高い自社商品のPRを実現できます。

炎上やステマをバッチリ対策

自社でSNSの発信を行う場合、どうしても「炎上」を考えて自社のSNSを使ったPRは敬遠されやすいと思います。

キャスティング会社では、TikTokerに炎上やステマ対策などの指導などを行い事前に対策もしてくれるため、炎上やステマをあらかじめ回避することができます。

キャスティング会社に依頼するデメリット

キャスティング会社にキャスティングを依頼するメリットが多くある一方で、これから紹介するデメリットも挙げられます。

キャスティング手数料がかかる

自社でキャスティングを行う場合にかかる費用はTikTokerに支払う報酬のみですが、キャスティング会社に依頼するとTikTokerへの報酬に加え、キャスティング手数料が発生します。

キャスティング手数料はキャスティング会社によって金額は異なりますが、自社で直接TikTokerに依頼するよりも費用がかかります。

インフルエンサーに直接指示を出せない

キャスティング会社に依頼した場合、基本的にキャスティング会社が仲介に入るため、企業から直接TikTokerに指示を出すことができません。
キャスティング会社と事前のすり合わせ段階で希望をしっかり伝えておかないと、納品された動画が希望と違ってしまう可能性もあるため、キャスティング会社とはしっかりと認識を合わせる必要があります。

またキャスティング会社が間に入ることで、指示や希望をTikTokerに伝えるまでタイムラグが起きることも珍しくありません。
多少の遅れが発生してもいいように、スケジュールには余裕を持っておくと進行を円滑に進められるでしょう。

おすすめキャスティング会社

最後にキャスティングサービスを提供している会社を5社、料金体制や特徴などを詳しく紹介します。

スタークリエイション

株式会社スターミュージック・エンタテインメントが運営するTikTok MCN(マルチチャンネルネットワーク)。
修一朗、ローカルカンピオーネ、ゆーりといった有名クリエイターが多数所属しており、TikTokを中心としたショートムービー領域で幅広く活動しています。

Star Creationの特徴や強みは以下のとおりです。

強み ・修一朗やローカルカンピオーネ、益若つばさなど有名クリエイターが所属
・クリエイターの総フォロワー数は2億人突破(500名以上のクリエイターが所属・提携)
・予算に合わせて企画・制作・運用を提案してもらえる
・大手企業のクライアントと取引がある
料金体系 クライアント毎にカスタマイズが可能
特徴 業界最大級のフォロワー2億人以上
URL https://star-creation.com/

PPP STUDIO

株式会社TORIHADAが運営するTikTok MCN(マルチチャンネルネットワーク)であるPPP STUDIO。

ISSEI、指男、Kevin’s English Room、ケチャップといった有名クリエイターが
多数所属し、TikTokのみならずYouTube ShortsやLINE VOOMなどショートムービーSNS界隈で幅広く活動しています。

強み ・クリエイターのフォロワー総数は1億人を突破
・豊富なTikTokプロモーション実績多媒体での展開を支援
料金体系 要問合せ
特徴 ショートムービープラットフォームに関係する幅広い支援が可能
URL https://pppstudio.jp/

株式会社Natee

TikTokの中国版「抖音(Douyin)」向けにプロモーションを行っているので、日本だけでなく中国でもプロモーションを行いたい方におすすめです。

強み ・広告やSNS運用のノウハウが豊富タレン
・プロダクションも行っているデータ分析が得意
料金体系 要問合せ
特徴 TikTokerクリエイターのアサインを軸とした支援
URL https://natee.jp/

CARAFUL株式会社(カラフル)

TikTokフォロワー数140万人の「バーソロミュー・ブック」をはじめ、現役JKのクリエイターや元eggモデルのクリエイターなど、クリエイターの幅が広い

強み ・大手企業のクライアントと取引がある
・SNSでのプロモーション実績が豊富
料金体系 月額30万円〜(制作費などで変動あり)
特徴 幅広いジャンルのインフルエンサーが所属
URL https://www.caraful.co.jp/

studio15(スタジオフィフティーン)

TikTokの運用を専門としており、クリエイターサポート事業、インフルエンサーマーケティング事業、エンタメ事業などを手掛けます。

また、クオリティの高いダンスと音楽は、特に10代のフォロワーから支持を集めています。

強み ・TikTokプロモーションのノウハウを持っている
・総フォロワー数は300万人を突破運用代行を依頼できる
料金体系 クライアント毎にカスタマイズが可能
特徴 TikTok運用に特化、
総フォロワー数300万人
URL https://studio15.co.jp/

ショートムービーでは、ほかにもTikTokの事務所を紹介していますのでそちらも参考にしてみて下さい。

まとめ

ここまで企業がTikTokerを起用する理由とオススメのキャステング会社を紹介してきました。

TikTokerをキャスティングすれば、効率よく企業やブランドの認知度を高めつつ商品の購入につなげることができます。
しかし、TikTokerのキャスティングを成功させるには、確かなコンセプトに沿ったビジネス戦略が必要です。
スタークリエイションではショートムービー領域でインフルエンサーマーケティング、PR広告、アカウント運用代行などを中心に豊富な支援実績がございます。

高い成果が期待できるキャスティング、アカウント運用代行やPR広告の実現が可能です。

お問い合わせはこちらから:Star Creation(スタークリエイション)

記事を書いた人
今村 悠勢
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。