HOW TO

TikTok LIVEってなに?基本的な機能や配信方法、活用事例を解説します

TikTokTikTok LIVEライブ配信

若者の間で必須のショートムービープラットフォーム「TikTok」。
全く実績がないクリエイターでも、1本の動画が大きくバズることもあるため、最近ではマーケティングに活用する企業も増えています。

なかでも話題になっているのが、ライブ配信できる機能「TikTok LIVE(ライブ)」。
そこで今回はTikTok LIVE(ライブ)のやり方、また見方をわかりやすく解説します。

また企業がTikTokを活用するメリットは何なのか、実際の活用事例もあわせて紹介します。
話題のプラットフォームTikTokを活用して、スムーズなPR活動を行っていきましょう。

TikTok LIVE(ライブ)とは?

「TikTok LIVE(ライブ)」とは、TikTokでライブ配信ができる機能です。
日本では2020年7月に新たに追加されたため、まだまだ新しい機能と言えるでしょう。

機能が実装されて間もない頃は有名クリエイターのみが利用できる機能でしたが、現在は以下の条件を満たせば誰でも配信可能です。

  • 16歳以上である
  • コミュニティガイドラインを守っている
  • 利用規約を守っている

つまりTikTokの規約を守っている16歳以上のユーザーであれば、TikTok LIVE(ライブ)は誰でも利用できます。

※LIVE機能とギフト機能は日本を含む一部地域のみ利用可能

TikTok LIVE(ライブ)のやり方

TikTok LIVE(ライブ)は特別な準備不要ですぐに開始することができます。
やり方は以下を参考にしてみてください。

  1. 画面下のメニューをスクロールして「LIVE」にあわせる
  2. 「LIVE開始」をタップして接続を確認する
  3. タイトルをつけたい場合は記入する
  4. LIVE開始

ではTikTok LIVE(ライブ)の特徴や機能について、詳しく見ていきましょう。

TikTokのエフェクト機能が使用できる

TikTok LIVE(ライブ)はショートムービー投稿と同様に、エフェクト機能やメイク機能が使用できます。
エフェクト機能ではメイクをきれいに見せたり、面白い加工をした状態で配信が可能。

またメイク機能を利用すれば、顔の大きさや肌の状態、目の大きさまで設定した状態でLIVE配信ができます。
エフェクト機能はほかのプラットフォームにはなかなかないので、より魅力的で面白い配信が実現するでしょう。

コラボ機能がある

TikTok LIVE(ライブ)には配信者がほかのクリエイターとコラボできる機能がついています。
同じく動画配信プラットフォームのYouTubeでも、クリエイター同士がコラボすることで新しいファンを獲得するという方法は一般的。
また企業アカウントがクリエイターとコラボすれば、企業はもちろん商品やサービスのファンを生むキッカケとなるでしょう。

やり方は簡単で、相互フォローしている相手かTikTokからおすすめされている相手に招待を送り、承認されるとコラボでのLIVE配信がスタートします。

招待機能がある

TikTokには「TikTok LIVE Events」といって、クリエイターがLIVE配信の日時を事前に知らせることができるサービスがあります。
自分が興味のあるクリエイターを登録しておけば、LIVE配信の通知が送られてくるので、配信を見逃す心配がないでしょう。

またLIVE配信を行う予定のクリエイターがイベントをシェアすれば、登録しているフォロワーにLIVE配信の通知が届きます。

TikTok LIVE(ライブ)の見方

TikTok LIVE(ライブ)は以下の方法で簡単に視聴可能です。

  1. 画面左下のレコメンドタブをタップする
  2. 画面左上の「LIVE」アイコンをアップする
  3. 上下のスクロールで切り替えできる

またショートムービーを視聴しているときに、クリエイターがLIVE配信を行っている場合はアイコンの上に「LIVE」という文字が出るので、タップすればLIVE配信を視聴できます。

フォローしているクリエイターのLIVE配信を見る方法は以下を参考にしてみてください。

  • 下のタブ、右から2番目にある「メッセージ」をタップ
  • フォロー中のユーザーがLIVE配信を行っている場合は新着欄に表示されます
  • 「見る」をタップしてLIVE配信を視聴

ではTikTok LIVE(ライブ)にはどんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

誰でも視聴できる

TikTok LIVE(ライブ)は配信する条件こそあるものの、視聴は誰でも可能です。
TikTokは世界150カ国以上で利用できるアプリなので、世界に向けて情報を発信することができるでしょう。

ファンはクリエイターのLIVE配信中にコメントやギフトを送れるので、そういった機能を積極的に利用すれば、クリエイターと深い交流を持つことも可能。
また事前にコメントフィルター機能を使えば、指定したキーワードが含まれたコメントはLIVE配信中であっても除外されます。

そのため、配信者も視聴者も安心してライブ配信を楽しめるでしょう。

アーカイブは「リプレイ」機能で行う

終了したライブ配信の資料を行う時は「リプレイ」機能を利用できます。
「設定プライバシー」より「LIVEリプレイ」を選択すると、ライブの再生またはダウンロードすることができます。

LIVEリプレイは90日間保存できるので、自分のタイミングで柔軟に活用できるでしょう。

投げ銭機能である「ギフト」

TikTokでは投げ銭機能として「ギフト」という機能が利用でき、ライブ配信中にバーチャルギフトを購入してやりとりができます。
気に入った配信者をサポートしたり、ギフトを通してホストとやり取りしたりすることが可能。
(※ギフト機能が利用できるのは18歳以上(国や地域によって異なる))

送ったギフトはホストの元に届くとダイアモンドに変換され、蓄積したダイアモンドは金銭的報酬と交換することが可能です

企業がTikTokを活用するメリット

企業がTikTokを活用するメリットはたくさんあります。
ここからは企業がTikTokを活用してできること、また活用するメリットを紹介します。

若い層にアプローチできる

TikTokは若年層のほとんどが利用している動画プラットフォームといっても過言ではないでしょう。
そのため、TIkTokでクリエイターにPRを依頼したりコラボしたりすることで、若者をターゲットとしたマーケティングを行うことができます。

現在マーケティングに活用されるプラットフォームとして有名なTwitterやInstagramはターゲット層が20代〜40代とやや高め。
しかし、TikTokは20代だけでなく10代にもアプローチできるので、ほかの企業とは差別化したマーケティングが実現できるでしょう。

大きなバズを狙える可能性がある

TikTokは実績がなくても1本の動画が大きくバスる可能性を秘めています。
たとえばYouTubeで再生回数が伸びなかったものが、TikTokでは大きくバスるケースもあるのです。

つまり発信したいコンテンツと活用するプラットフォームの相性が大切であると言えるでしょう。
TikTokはほかのプラットフォームと比べてコンパクトな動画で抵抗なく見ることができるため、目に止まることができれば大きく再生回数を伸ばせる可能性があります。

PRへの抵抗感を軽減することができる

TikTokに投稿されているのは15秒〜数分ほどのショートムービーです。
そのため、スクロールしている間に短い広告が入っていても、視聴者が違和感を感じることは少ないでしょう。

YouTubeなどの広告はテレビCMのように、自分が見ている動画の前後や動画の途中に挿入されているため、不快感を感じてしまう視聴者も多いのです。
しかしTikTokならより自然なPRが可能。

たとえばクリエイターに商品やサービスを紹介してもらえば、より抵抗感なくPR動画を受け入れてもらえるでしょう。

TikTok LIVE(ライブ)の活用事例

TikTok LIVE(ライブ)を活用したマーケティングを行っている企業はすでにあります。
そのなかでも成功した企業の事例を2つ紹介しましょう。

Billboard JAPAN

Billboard JAPAN|TikTok Special Live Streaming #MusicCrossAid

Billboard JAPANが2020年6月に行ったTikTokのライブ配信「Billboard JAPAN|TikTok Special Live Streaming #MusicCrossAid」は、大きな話題を呼んだライブ配信の一つです。
コロナ禍によってアーティストのライブ活動が制限されるなか、ライブ配信という選択をすることで大きなライブを実現させました。

参加アーティストは家入レオさん、Novelbrightさん、miletさん、平井大さんなど若者に大人気のアーティストばかり。
またDJパフォーマンスや特別映像も配信し、4時間半におよんだライブ配信は285,000人が視聴しました。

吉本興業株式会社

よしもとTikTok LIVE

吉本興業は2020年9月に1週間にわたって吉本興業に所属する芸人が日替わりでライブ配信を行う「よしもとTikTok LIVE」を開催。
ココリコ田中さんやCOWCOWさんをはじめ、総勢16名の人気芸人が参加したこのライブ配信は、ライブ配信でしか見られないトークなどが盛りだくさんで話題を呼びました。

このように生放送を活かしたコンテンツやライブ配信限定のコンテンツを配信すれば、より注目を集めることができるでしょう。

まとめ

TikTok LIVE(ライブ)はまだまだ新しい機能なので、マーケティングに活用している企業も少ないと言えます。
そのため、ライブ配信にマッチしたコンテンツを配信すれば、大きな話題を呼べるでしょう。

また自社の商品やサービスと相性がいいクリエイターとコラボすれば、大きなバスを生むことも難しくありません。
話題のプラットフォームを上手に活用し、スムーズなマーケティング活動を行いましょう。

記事を書いた人
ショートムービーラボ編集部
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!