HOW TO

【TikTok広告】バズるクリエイティブ制作を簡単に作る方法

TikTokTikTok広告クリエイティブバズる

「若年層のターゲットにアプローチできる」と需要が高まっているTikTok広告。
他の動画配信プラットフォームに出稿した広告と比較して、高い成果をあげている企業が増えています。

しかし「どんな広告を出せばいい?」「バズるにはどうすればいい?」とお悩みの担当者も多いでしょう。
本記事では、TikTok広告でバズるクリエイティブ制作の方法を分かりやすく解説します。

TikTok広告の種類や作成方法を知り、より効果的な広告を出稿しましょう!

【クリエイティブ制作の前に】バズるTikTok広告とは?

クリエイティブ制作に入る前に、まずはバズるTikTok広告の種類を知っておきましょう。
広告を出稿するまでの手順も解説しているので、ぜひ順を追って設定してみてください。

TikTok広告の種類

TikTok広告は次の2種類に分かれます。

  • 純広告:掲載期間や表示場所が決まっている広告
  • 運用型広告:予算や広告素材を変更しながら運営していく広告

それぞれの種類やメリット、デメリットは次の表を参考にしてみてください。

純広告 運用型広告
該当する広告 ・起動画面広告
・Top View
・Brand Premium
・One Day Max
・ハッシュタグチャレンジ
・ブランドエフェクト
・インフィード広告
メリット ・ユーザーの目につきやすい ・インハウスで運用できる
デメリット ・コストがかさむ
・掲載枠が決まっている
・純広告ほどの効果は出ない可能性がある
・質の高い広告動画を作成する必要がある

このように「純広告」と「運用型広告」には、それぞれ全く違った特徴があります。
では多数あるTikTok広告の種類から、一般的な広告3つを見ていきましょう。

起動画面広告(純広告)

起動画面広告はTikTokアプリを起動した際に表示される広告です。
静止画なら3秒、無音の動画なら5秒表示されます。

起動画面広告の特徴は、動画と動画の間に表示される広告と比べて、訴求力が高いこと。
また起動時の広告は、スワイプされにくいというメリットがあるでしょう。

しかし1日1枠と決まっているため、コストが大きくなるのがデメリットです。

チャレンジ広告(純広告)

チャレンジ広告はハッシュタグ(#〇〇)を設定し、設定したハッシュタグをつけてユーザーが投稿するよう促すというものです。
たとえば「#〇〇とつけて投稿してくれた方のなかから抽選で100名にプレゼントが当たる!」など、設定したハッシュタグをつけてユーザーが動画を投稿することで、キャンペーンに参加できるという流れが一般的。

分かりやすく言えば、ブランドの代わりにユーザーが宣伝してくれるということ。
チャレンジ広告は拡散されやすく、広告に抵抗があるユーザーにも見てもらいやすいのがメリットです。

インフィード広告(運用型広告)

インフィード広告は、動画と動画の間に最大で15秒表示されます。
インフィード広告のメリットは、ほかの投稿動画に紛れるため、自然に受け入れてもらいやすい点です。

しかし、インパクトがない動画はスワイプされやすいので、興味を引く動画を作成する必要があります。
たとえば「これは何?」と思わず見入ってしまうような動画や、人気クリエイターとコラボした動画はユーザーの目に留まりやすいでしょう。

アカウント開設〜広告出稿まで行う方法

TikTok広告の出稿は、次の手順で行います。

  1. TikTok For Businessのトップページにアクセス
  2. TikTokアカウント開設
  3. アカウント設定
  4. 広告(キャンペーン)設定
  5. 広告の新規作成
  6. 広告出稿

アカウントの開設方法など、画像付きの詳しい手順はこちらのページで紹介しているので、手順を踏んで設定してみてください!
参考:TikTok広告ポリシー-広告クリエイティブとランディングページ

未完成のページや個人情報を入力する必要があるページにユーザーを誘導してはいけません。
期限切れやエラー表示にも十分気をつけてください。

また、広告には会社名や会社の所在地をはじめ、商品やサービスの価格などを正確に掲載する必要があります。
ここで注意してほしいのが、広告をどの地域に配信するかです。

商品やサービスの価格は配信する国や地域に合わせて、情報を記載する必要があり、情報不足の場合は広告が却下され、より多くの情報掲載を求められるケースもあります。

画面内に商品やサービスの情報を入れる場合は入稿規定を確認し、アイコンや概要と画面に入れた文字が被らないように注意してください。
入稿規定は以下のとおりです。

  • 課金形式:CPC、oCPC、CPM、CPV
  • 課金のタイミング:クリック時、imp発生時、4.2秒/6秒/視聴完了時

※2021年10月時点

入稿に最適なサイズは「9:16(推奨)1:1/16:9」といわれています。
TikTokの動画は右側にアイコン、画面左側の下半分に使用したフィルターやアカウント名、曲名などが表示されます。

そのため、このエリアには文字を入れない、人物や商品が被らないように動画広告を作成しましょう。

アカウントの開設方法など、画像付きの詳しい手順はこちらのページで紹介しているので、手順を踏んで設定してみてください!
https://shortmovie.jp/how-to/tiktokadsbible/

TikTok広告のバズるクリエイティブの特徴

バズるTikTok広告には次のような特徴があります。

  • TikTokの動画スタイルに特化している
  • 目を引く動画になっている
  • 人気クリエイターとコラボしている

せっかく広告を作成するなら上記の3点を意識して、より人の目に触れるような工夫をしましょう。

TikTokの動画スタイルに特化している

TikTokユーザーのほとんどはスマートフォンアプリを利用しています。
そのため、TikTokに投稿される動画は縦型が多いのが、見てわかるでしょう。

なかには同じく動画投稿プラットフォームである、YouTubeの動画を切り抜いた投稿も見受けられます。
しかし横型の動画を投稿すると上下に大きな余白ができてしまい、映っている人物や商品も小さく見えるというデメリットが。

縦いっぱいに画面を使うことで、ユーザーが見やすくなり、また与えるインパクトも大きくなるでしょう。

目を引く動画になっている

TikTokユーザーのほとんどはレコメンド機能を使って、おすすめ動画、関連動画のなかから興味を引く動画をスワイプで視聴しています。
このとき、スキップするかどうかの判断は動画の冒頭1〜2秒で決めると言われているため、動画のインパクトは冒頭に持ってくるように意識しましょう。ユーザーの興味を引くためには文字を上手く使って冒頭に興味を弾けるようにする事がポイントです。

文字入れについてはこちらの記事を参考にしてください。
TikTokでバズる文字入れ方法!誰でもできる基本テクニック

またTikTokには「トレンドの楽曲」が存在し、人気曲を使用することで見てもらえる可能性が高まります。
しかしビジネスアカウントでは人気曲が使用できないため、選べるBGMのなかからユーザーの耳に残りやすい曲を選択することが重要となるでしょう。
「トレンドの楽曲」については撮影時の「楽曲を選ぶ」ボタンから今流行の楽曲を確認できるので確認してみてください。

またTikTokには「トレンドの楽曲」が存在し、人気曲を使用することで見てもらえる可能性が高まります。
しかしビジネスアカウントでは人気曲が使用できないため、選べるBGMのなかからユーザーの耳に残りやすい曲を選択することが重要となるでしょう。

人気クリエイターとコラボしている

TikTokには影響力が大きい人気クリエイターが多数存在します。
認知度が高い人気クリエイターとコラボした広告動画を作成すれば、ユーザーの目に留まる確率が格段にアップするでしょう。

とくに動画と動画の間に流れるインフィード広告の場合、広告感が強い動画はユーザーにスキップされやすい傾向があります。
人気クリエイターとコラボすれば、ユーザーの抵抗感を減らし、最後まで動画を視聴してもらえる可能性が高くなるでしょう。

また広告動画の「ハート(いいね)」が増えてバズれば、さらに多くのユーザーに見てもらえます。

TikTokでバズった広告キャンペーン

チャレンジ広告は「ユーザー参加型の広告」と言えるほど、拡散率が高いキャンペーンです。
今回はチャレンジ広告のなかから、TikTokで実際にバズった広告キャンペーンを3つ紹介します。

ロレアル パリ「#髪を咲かせよう キャンペーン」

髪を咲かせよう キャンペーン
引用元:TikTok:For Business

日本ロレアル株式会社のブランド「ロレアルパリ」は、欅坂46をアンバサダーに迎え、オリジナルエフェクトを共同開発。
2021年9月から「#髪を咲かせよう」キャンペーンを開催しました。

オリジナルエフェクトは、冒頭に欅坂46の生の声が使われているほか、オイルに使用している花の種類をイメージしたボタニカルなイメージに。
欅坂46も動画撮影に挑戦するなど、盛り上がりを見せました。

コーセー『メイク キープ ミスト EX』「#そろいもそろってメイク落ちない キャンペーン」

そろいもそろってメイク落ちない キャンペーン
引用元:TikTok:For Business

株式会社コーセーのフィックスミスト「メイク キープ ミスト EX」のリニューアルに合わせて2021年4月に「#そろいもそろってメイク落ちない」キャンペーンを開催しました。
キャンペーンに合わせて開発されたオリジナルエフェクトは、ブランドミューズを務めるNiziUの楽曲に合わせて表情を変えるたびにミストがかかるというキュートでユニークなもの。

エフェクトの最後にはNiziUメンバーが登場し、一緒にポーズを取ることで、NiziUに仲間入りしたような気分を味わえます。
ターゲット層である若い世代の女性の乙女心をくすぐるキャンペーンとなりました。

メイベリン『Fit meファンデーション』

引用元:TikTok:For Business

メイベリンのFit meファンデーションは17色展開で、自分の肌に合った色味が選べるのが大きな特徴。
しかし、新型コロナウイルスの影響で、店頭で色味を選ぶのが難しい状況に陥ってしまいました。

そこでメイベリンが目指したのが、100%デジタルで完結する広告。
注目した媒体がTikTokでした。

グローバルアンバサダーとして起用した人気K-POPグループ「ITZY」が出演する広告は、1500万ビューに達し、大きな反響を呼びました。
さらに、話題化が得意なクリエイター、セロウンブログ【ウナとりゅう】さん、コスメの知識が深いKevin(ケヴィン)さんをアサインし、広告臭さを払拭。

ターゲット層に合った広告が功を奏し、コロナ禍でも「Fit meファンデーション」は大きな反響を呼びました。

ポケモン「ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス キャンペーン」

ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス キャンペーン
引用元:TikTok:For Business

2020年12月に開催されたポケモンの『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス』のキャンペーンでは、TikTokでは世界初であるボディトラッキング機能と3D技術を併用したブランドエフェクトを制作しました。

人気ポケモンのエフェクトを使用して「#ポケモンと遊びたい」をつけて投稿した人の中から優秀作品が決まり、プレゼントがもらえるという内容のキャンペーンは、ゲームユーザー以外にも広がりました。
オリジナルエフェクトを使った動画の投稿は開始からわずか1ヶ月で2万件を超え、体験数は100万回を達成するなど、大きくバズりました。

TikTok広告クリエイティブの主な作り方

「TikTok広告クリエイティブをインハウスで作りたい」「予算を確保して外注したい」と考えている担当者もいるでしょう。
そこでここからはTikTok広告クリエイティブの作り方を、2つの方法に分けて解説します。

インハウスで広告を作る方法

インハウスで広告を作るなら、動画制作ツールを活用するのがおすすめ。
ツールを選ぶときは次のポイントをチェックして決めるのと、ブランドイメージに合った動画を作成できるでしょう。

  • 動画制作を担当する人のスキルに合っているか
  • テンプレート数が豊富かどうか
  • ブランドイメージに合ったテンプレートがあるか

有料のツールは、ほとんどの場合、使用できる素材が入っています。
よりブランドのイメージ近い素材、作りたい動画に近いテンプレートが入っているツールを選ぶと、スムーズに広告動画が作成できるでしょう。

数ある動画制作ツールのなかでもおすすめのものを2つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

Filmora X

Filmora X
引用元:Filmora

Filmora Xは動画制作に使用している動画クリエイターも多く、おしゃれな動画が簡単に制作できるのが大きなメリット。
4000以上の素材が使用可能なので、幅広いジャンルの動画を制作できます。

法人向けプランは3ヶ月3,480円〜とリーズナブルな価格で始められるのも、うれしいポイント。

LetroStudio

LetroStudio
引用元:LetroStudio

700種類以上のテンプレートが使い放題という「LetroStudio」。
動画制作の経験がない人でも、操作が簡単にできるのが大きなメリットです。

CapCut

引用元:CapCat

CapCutはTikTokを提供するBytedance社が提供する動画編集アプリ。
基本的な編集機能に加え、エフェクトや音楽、動画のテンプレートが豊富で、TikTokへの動画投稿に特化しています。

その使いやすさから、多くのTikTokクリエイターも愛用。
TikTokと連携して投稿することも可能なので、スマートフォンで手軽に編集したい方にピッタリです。

代理店に依頼して広告を作る方法

「動画制作できる人材がいない」「リソースを確保できない」という場合、代理店などに依頼して広告を作成してもらうのがおすすめ。
しかし代理店によって得意なジャンルや制作する動画のテイストが違うため、自社との相性を見極めてから依頼しましょう。

広告の種類別に代理店などを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

Star Creation(純広告・運用型広告)

Star Creation

Star Creation(スタークリエーション)は、日本でTikTokサービスが開始された直後からByteDance社と提携し、多数の企業プロモーションに携わっているTikTokに特化したプロダクションです。
スタークリエーションには、人気TikTokクリエイターやCMのクリエイティブを手掛けるプロフェッショナルが数多く在籍。

フォロワー数の合計が9000万人を超える人気クリエイターが所属しているのも、大きな強みです。
「アカウントの運用方法がわからない」「なかなか広告の成果が出ない」とお悩みなら、ぜひスタークリエーションへのご依頼を検討してみてください。

合同会社ビーエイチ(純広告・運用型広告)

合同会社ビーエイチ
引用元:合同会社ビーエイチ

合同会社ビーエイチは、2017年に設立されたインターネット広告専門の代理店です。
TikTok広告をはじめ、リスティング広告や記事広告など、インターネットに特化した広告を取り扱っています。

純広告と運用広告のどちらも取り扱っているので、柔軟にプロモーションを行っていきたい企業におすすめです。

株式会社ベクトル(純広告)

株式会社ベクトル
引用元:株式会社ベクトル

株式会社ベクトルは業界で10年以上売上高がトップという実績を持つ、日本を代表するPR会社の一つです。
TikTokをはじめ、幅広い広告を取り扱っているのが特徴。

長年培った知識と経験をもとに、質の高いサービスを提供してくれます。

TikTok広告クリエイティブにおすすめのインフルエンサー3選

TikTok広告クリエイティブにおすすめのインフルエンサーを、ジャンル別に3名紹介します。
自社ブランドの認知度を上げるためにも、ブランドイメージや商品とマッチするクリエイターとコラボしてみましょう!

うじたまいさん(音楽系)

うじたまい
引用元:うじたまい(@ujitama0)

うじたまいさんは思わずほっこりするような楽曲を動画配信しているクリエイター。
代表作「# しまうまになりたいな」は # チャレンジとなり、9300 万再生を超え TikTok のトレンドとして大流行しました。

トレンドを生み出すミュージッククリエイターとして、TikTokを活用したい企業から注目を浴びています。

うじたまいさんをはじめ、国内最大級の総フォロワー9000万人超、総勢250名を超えるクリエイターが所属するTikTok MCN(マルチチャンネルネットワーク)であるStar Creation(スタークリエイション)へのご依頼はこちら

りょうくんグルメさん(グルメ系)

りょうくんグルメ
引用元:りょうくんグルメ(@uryo1113)

りょうくんグルメさんはコンビニスイーツやお菓子のレポが得意な人気クリエイター。
思わず「美味しそう!」と言いたくなるような、グルメが引き立つ動画を投稿しています。

また実際に足を運んだお店のランキング動画も投稿しているため、食品関連の企業がコラボしやすいクリエイターと言えるでしょう。

かんなちゃろ@ゲーム実況者さん(ゲーム系)

かんなちゃろ@ゲーム実況者
引用元:かんなちゃろ@ゲーム実況者(@tyar0kyun)

かんなちゃろ@ゲーム実況者さんは16万人のフォロワーを持つ、ゲーム系動画クリエイター。
幅広い種類のゲーム実況と、軽快なトークが魅力です。

歌ってみた動画も定期的に投稿しているので、ゲーム関連、音楽関連の企業とのコラボに最適でしょう。

まとめ

TikTok広告にはさまざまな種類があります。
自社ブランドのイメージや予算との兼ね合いを考えて、費用対効果が期待できる広告を作成しましょう。

TikTokでバズるためには、インパクトのある質の高い動画を制作する必要があります。
「動画制作の技術がない」「運用を任せたい」という場合は、代理店やPR会社に依頼するのがおすすめ。

誰でもバズる可能性がある動画投稿プラットフォーム「TikTok」。
魅力的な動画を制作して、自社ブランドや商品の認知度を高めていきましょう!

記事を書いた人
今村 悠勢
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。