HOW TO

TikTokのおすすめ ( レコメンド ) に載る方法!運用代行会社がコツを教えます

TikTokおすすめレコメンド

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載る方法!

TikTokのおすすめ(レコメンド)に投稿動画が載ることで、より多くのユーザーへ自分の動画を見てもらえるため、いいねやフォローの増加が期待できます。
本記事ではTikTok運用代行サービスを展開している弊社が、レコメンド(おすすめ)に載るための指標や方法を6つ解説。

TikTokのレコメンド(おすすめ)への露出を狙っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

TikTokのおすすめ(レコメンド)ってそもそも何?

TikTokのおすすめ(レコメンド)とは、ユーザーの好みに合わせてTikTokのAIが動画を自動で選別、表示する機能のこと。
TikTokのAIは学習機能があり、ユーザーが多くの動画を視聴することで、より最適化された動画がレコメンドに表示されます。

TikTokを開始した当初はユーザーの好みにマッチしていなくても、TikTokを使い続けていればおのずと最適化された動画が表示されるようになります。
この自分で動画を探すことなく次々と好みの動画が表示されるレコメンドこそ、TikTok最大の強みといえます。

TikTokのレコメンド機能を攻略するメリットって?

TikTokのレコメンド機能を攻略する最大のメリットは、フォロワー以外のユーザーに自分の動画を見てもらえることです。

レコメンドに投稿動画が掲載されることで、フォロワーやいいねの大幅な増加が期待できます。
なぜならレコメンドに表示される動画は、いずれもユーザーの好みに合わせた動画が表示されるため。

レコメンドに載ることでフォロワーに左右されずに投稿動画を見てもらえるチャンスが増え、例えフォロワー0人のTikTok初心者でも十分にバズれるチャンスがあります。
TikTokでいいねやフォロワーを増やしたいのであれば、レコメンドに載るための研究をするのが一番です。

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために見るべき指標

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために見るべき指標は、次の5つです。

  • ユーザーの反応数
  • ユーザーのシェア数
  • ハッシュタグチャレンジへの参加
  • 動画の視聴時間
  • 動画の視聴完了率

TikTokのレコメンドに載るためには、まずは上記5つの指標を理解しましょう。

ユーザーの反応数

TikTokのレコメンド(おすすめ)に載るために見るべき指標の1つ目は、ユーザーの反応数です。
ユーザーの反応数とは、投稿した動画に対してのアクション(いいねやコメント数)のことを指します。

いいねやコメントが多い動画ほど、TikTokのAIから「ユーザーに好まれている」動画だと判断されます。
逆に言えば、反応数が少ない動画は「ユーザーから好まれていない」動画だということ。

レコメンドに載るためにも、ユーザーの反応数は必ず確認しておきましょう。

ユーザーのシェア数

TikTokのレコメンド(おすすめ)に載るために見るべき指標の2つ目は、ユーザーのシェア数です。
いいねやコメントだけではなく、シェア数もレコメンドに載るためには重要です。

TikTokは、他のSNS(TwitterやLINEなど)と動画をシェアできる機能を搭載していますが、投稿ではこのシェア数も表示され、シェア数が多いほど「ユーザーに好まれる動画」とAIに判断されます。
よっていいねやコメント数と同じように、シェア数も意識しておきましょう。

ハッシュタグチャレンジへの参加

TikTokのレコメンド(おすすめ)に載るための指標の3つ目は、ハッシュタグチャレンジへの参加の有無です。
ハッシュタグチャレンジとは、TikTokを使った広告手法の1つ。

企業などがハッシュタグでお題を設定し、ユーザーがそのお題にチャレンジすることで動画が拡散、認知拡大に繋げます。
ただしハッシュタグチャレンジは企業が広告費をかけて実施するため、レコメンドへの露出が比較的多くなるのが特徴です。

バズるようなアイディアが浮かばない時は、ハッシュタグチャレンジを活用してみるといいでしょう。

動画の視聴時間

TikTokのレコメンド(おすすめ)に載るために見るべき指標の4つ目は、動画の視聴時間です。

当然ながら、動画の視聴時間が短いより長いほうがAIに評価され、レコメンドに載る可能性が高まります。
なぜなら、動画の視聴時間が短い=スキップされていると判断されるためです。

特にTikTokはプラットフォームの特性上、興味のない動画は簡単にスキップができますので、動画の視聴時間を伸ばすためにはスキップされないための工夫が大切です。
途中でスキップされることなく、1秒でも多く動画を見てもらえるような構成を意識しましょう。

動画の視聴完了率

TikTokのレコメンド(おすすめ)に載るために見るべき指標の5つ目は、動画の視聴完了率です。
動画の視聴完了率は、途中でスキップされることなく最後まで動画を見られたかを表す割合のことを指します。

先ほど動画の視聴時間は長いほど良いと説明しましたが、ただ長いだけではなく最後まで見てもらうことも重要です。
動画の視聴時間とともに、視聴完了率が高い動画ほどよりレコメンドに表示されやすくなります。

最後まで動画を見てもらえるような構成を意識しながら、動画を投稿しましょう。

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載る方法7選

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために有効な方法は、次の7つです。

  • 視聴完了率を重視する
  • 流行中の音楽を選ぶ
  • ハッシュタグを意識する
  • 初頭効果を使う
  • テンポを意識する
  • いいねやコメントが貰えるように意識する

おすすめ(レコメンド)に載るためには、まず何よりも動画がバズる要素を踏まえているかが重要です。

バズる要素が正しく盛り込まれている動画は、おすすめ(レコメンド)にも乗りやすく、おすすめに乗れば万単位で再生数が飛躍することもあります。

では、ひとつずつ解説します。

視聴完了率を意識する

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために有効な方法1つ目は、「視聴完了率を意識する」ことです。

視聴完了率とは、投稿した動画を最後まで視聴したユーザーがどれくらいいるかの割合のこと。動画が100人に視聴されたとして、最後まで視聴したユーザーが50人いたとしたら、視聴完了率は50%となります。

この視聴完了率を高めるには、「気づいたら動画が2周目に突入している」という構成で動画を作ることが大切です。

例えば、「絶対に失敗する人の特徴5選」というタイトルなのに、あえて動画内で4選までしか紹介しなかったら「5個目は?」と気になりますよね?

5個目を待っている内に動画が終わり、気づいたら2周目に動画が突入することで、視聴完了率を上げられます。
さらに5個目を紹介しないことで、「5個目は?」というコメントもつきやすくなります。

上記はテクニックの1つに過ぎませんが、他にも動画を最後まで視聴してもらう方法はないか、自身で研究してみましょう。

流行中の音楽を選ぶ

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために有効な方法2つ目は、「流行中の音楽を選ぶ」ことです。TikTokは音楽ありきのプラットフォームのため、基本的には動画にBGMをつけます。

ここで大切なのが「自分の好きなBGM」ではなく、「流行中のBGM」をつけること。正確に言えば、「競合が使っている」BGMをつけるのが重要です。

「流行中のBGM」かつ「競合が使っているBGM」は、言い換えれば「ユーザーにとって聴き馴染みのあるBGM」でもあります。

聴き馴染みのあるBGMを使うことで、ユーザーは動画に対して親近感を覚え、より動画を視聴してもらえます。

例えば、友人とドライブに行くというシチュエーションだとして、車内で友人が自分の趣味全開の音楽をガンガンに流していたら、苦痛になりませんか?

聴き馴染みのある流行曲なら一緒に口ずさんで楽しめますが、マニアックなアニメソングなどをガンガンに流されたとしたら、全く楽しめないですよね。
大切なのは「ユーザーに動画を楽しんでもらうため」にBGMを選ぶことです。

自分がビジネス系のコンテンツを発信しているのであれば、同じビジネス系コンテンツによく使われるBGMを選びましょう。
「俺はヘビメタが好きなんだ!」など、自分の趣味でBGMを選ぶのはオススメできません。

ハッシュタグを意識する

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために有効な方法3つ目は、「ハッシュタグを意識する」ことです。

近年若者の間ではGoogleでの検索(ググる)よりも、SNSのタグを使った検索(タグる)が主流になっています。

基本的にTikTokは若年層のユーザーが多いプラットフォームであるため、「トレンド」「ジャンル」「地名」などのハッシュタグを動画につけることで、タグる→自分のコンテンツの視聴という流れを作れます。

例えば、友人と京都に旅行へ行く場合は「京都(地名)+ホテル(ジャンル)」、自由が丘でランチする場合は「自由が丘(地名)+ランチ(ジャンル)」などでタグります。

トレンドについては、例えば料理を発信するコンテンツであれば「♯おうちカフェ」のように、そのジャンルでよく使われているハッシュタグを選びましょう。
その中で気になるコンテンツがあれば、タップして詳細を見るという流れですね。

ハッシュタグをつけていないと検索結果に自分の投稿が表示されないため、大きな機会損失につながります。
また「TikTok+oo」というタグもおすすめです。

例えば #TikTok教室 というハッシュタグにはためになる知識の動画が集まっていますし、#TikTokグルメ にはグルメ動画。#TikTok夏祭り では夏に関連する動画が集まっています。

ググるからタグるに主流が変わりつつある現状を把握し、ハッシュタグを有効に活用しましょう。

初頭効果を使う

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために有効な方法4つ目は、「初頭効果を使う」ことです。

初頭効果とは「最初に与えられた情報がその後の情報にも影響する」という、心理学の用語の1つ。
この初頭効果を上手に使うことで、コンテンツがバズりやすくなります。

例えば、「正社員になるヤツ全員情弱」みたいな誤解を生むようなタイトルをつけ、動画内で納得できる正論を展開したとします。
そうすると、「その通りだ!」「それは違う!」などとコメントがどんどん増えて議論になり、動画がバズるという仕組みです。

ユーザーの目を引きやすい過激なタイトルと、議論に発展しやすい内容にするのがポイントです。

テンポを意識する

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために有効な方法5つ目は、「テンポを意識する」ことです。
動画のテンポを意識することで、よりユーザーに集中して動画を視聴してもらえます。

TikTokは少しでも興味のない動画であれば、簡単にスキップして次の動画を視聴できます。
このどんどん次の動画が出てくるという仕組みは、ユーザーの集中力を奪う原因の1つです。
ユーザーに最後まで動画を集中して視聴してもらうためには、何よりも動画のテンポが重要。

「早口で喋る」「間を生まない」「気になる情報は後出しにする」などを意識することで、ユーザーの集中力を高められます。

間伸びする動画はTikTokユーザーにはなかなか視聴されません。
自分でテンポのいい動画を作成するのが難しい場合は画像を入れるだけで簡単に投稿できる「フォトモーション」機能や編集が充実しているアプリ「CapCut」などを使用するのも手です。

さらに「○○については動画の最後に言いますが・・・」と気になる情報をあえて最後に持ってくれば、ユーザーは最後まで動画を見たくなります。

終わりを提示する

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために有効な方法6つ目は、「終わりを提示する」ことです。
例えば街角で「アンケートお願いします!」と声をかけられた場合と、「1分だけアンケートお願いします!」と声をかけられた場合、どちらのアンケートを受けたいと思いますか?

恐らく大抵の人は、「1分だけなら・・」と後者の「1分だけのアンケート」を選ぶでしょう。
これと同様に、動画のタイトルを「〇〇する方法3選」にしたり、動画の冒頭で「今から15秒だけ僕にください」などと伝えることで、動画視聴のハードルは下がります。

いいねやコメントが貰えるように意識する

TikTokのおすすめに乗るために有効な方法7つ目は、「いいねやコメントを貰えるように意識する」こと。

動画にいいねやコメントをすると、AIから「あなたはこの動画が好きなんだね!」と判断されるため、その後のおすすめに表示されやすくなります。

加えて、いいね・コメントをした人と年齢層、エリア、趣味嗜好などが近いユーザーに対しても、「あなたもこの動画好きなんじゃない?」とおすすめで表示されます。

よって、いいねやコメントを促して反応を得ることで、それだけ多くのユーザーのおすすめに乗ることが可能。

単純にいいねやコメントなどの反応が多いと、AIからの動画の評価自体も高まりやすくなります。

これをやるとおすすめに乗らない!注意すべきポイント

TIkTokのおすすめに乗るために有効な方法を7つ紹介しましたが、一方で「これに気をつけないとおすすめに乗らない…」という注意すべきポイントも存在します。

  • やみくもにハッシュタグをつけない
  • 動画の尺に気を付ける
  • シャドウバンしないようにする
  • コミュニティのガイドラインに抵触する言葉は使わない

それぞれ見ていきましょう。

・やみくもにハッシュタグをつけない

やみくもにハッシュタグをつけると、おすすめに乗らない可能性が高いです。

なぜなら、ハッシュタグをつけすぎることによって、全体的なユーザーからの反応率が下がってしまうから。

確かにハッシュタグを多数つけることで、多くのユーザーからのインプレッション数は稼げるでしょう。

しかし、例えば恋愛ノウハウ系の動画に「#踊ってみた」をつけた場合、そのタグから流入してきた方は、恋愛系の動画に興味を持つ可能性は薄いですよね。

つまり、タグを付ければ付けるほど、動画に興味を持たないユーザーからの視聴が増えてしまうんです。

そうなると、たとえ再生回数が伸びたとしても、いいねやコメントは付きづらいため、AIから良い動画だとは判断されにくくなります。

それよりも、本当に動画の内容が刺さるであろうターゲット像に合わせてタグを設定した方が、結果的におすすめに乗る可能性は高くなるでしょう。

・動画の尺に気を付ける

続いて、動画の尺が長すぎると、おすすめに乗らない可能性が高くなります。

「尺が長いと最後まで見られず視聴完了率が下がる」というのも理由ですが、主に注意すべきは「尺が長いと規制が入る可能性がある」という点。

フォロワー数が少ないアカウントで長尺の動画をアップすると、「そんな長い動画で本当にユーザーを楽しませられるの?」という理由で、AIから軽い規制を受けることがあります。

フォロワー数が多く実績があれば長尺でも規制されませんが、フォロワー数が少ないうちは尺に注意しましょう。

視聴完了率を伸ばしていくという意味でも、最初は25〜30秒程度の動画をアップしていくのがおすすめです。

・シャドウバンしないようにする

続いて、「シャドウバン」を受けるとおすすめに乗らなくなります。

シャドウバンとは、TikTok運営がユーザーに知らせることなくアカウントに制限をかけること。

その制限の中に、「おすすめに乗らなくなる」というものがあるため、おすすめに乗るためにはシャドウバンを受けないよう注意することも必要です。

シャドウバンになってしまう原因や直し方については、以下の記事をご覧ください。

・コミュニティのガイドラインに抵触する言葉は使わない

最後に、コミュニティガイドラインに抵触する言葉を使うと、おすすめに乗らない可能性があります。

ガイドラインに抵触する言葉の例としては、以下が挙げられます。

  • 18禁のワード
  • 犯罪を促すようなワード
  • その他2つ以上の単語が組み合わさり、上記を連想させるワード

これらのワードはTikTokのガイドライン違反になるので、運営側としてはおすすめには乗せるわけにはいきません。

逆に言えば、おすすめに乗らない場合は上記のワードが含まれている可能性があります。

あまり動画が伸びない場合は、今一度プロフィールや投稿キャプションなどを見直してみてください。

TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために参考にしたいクリエイター

ここからは、TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るために参考にしたいクリエイターを、ジャンル別に3人紹介します

  • Buzz Magician Shin(マジシャン系クリエイター)
  • NARI Digitz(ダンス系クリエイター)
  • よぉちゃん

Buzz Magician Shin シン

Buzz Magician Shin シンは、TikTokフォロワー数630万人のマジシャン系クリエイターです。

TikTok、Instagram、Twitter、テレビなど世界中のメディアで活動するマジシャン兼クリエイターで、最新マジックはもちろん、人の心を読むメンタルマジックも得意。
TikTokではライターやスプーンなど身近なアイテムを使ったマジックを披露しており、ユーザーの共感を生んでいます。

マジック系のコンテンツを投稿している方であれば、ぜひ参考にしたいクリエイターの1人です。

NARI Digitz

NARI Digitzは、指を使ったダンスに特化したフィンガー系ダンスクリエイターです。

アメリカで開催された世界大会「Finger Style Competition」にて2度の優勝経験があり、世界に誇るフィンガーダンスクリエイターとして人気です。
TikTokにおいてのダンス系動画は「マネしたくなる」というのもポイントで、ハッシュタグチャレンジの多くはマネしたくなるような振り付けをしています。

NARI Digitzのフィンガーダンスは、ユーザーの「マネしたくなる」という心理を上手く活用しています。
ダンス系のコンテンツを投稿するのであれば、ぜひ参考にしたいクリエイターの1人です。

よぉちゃん

よぉちゃんは特徴ある動画の入りで人気がある、グルメ系クリエイターです。

元々はお笑いコンビ「ジャンゴ」として活動していたこともあり、動画内のトーク力やテンポにはとても惹きつけられます。

食レポも上手なので、動画をみているとお腹が空くこと間違いなし。

一度聞くと頭から離れない特徴的な動画の構成をしており、ぜひ他のジャンルの方にも参考にしていただきたいクリエイターです。

TikTokをバズらせて、PR活動をしたい!

TikTokをバズらせてPR活動をしたい場合、TikTok運用代行を利用するのも有効です。

仮にTikTokをバズらせる方法を知っていたとしても、どれだけコンテンツに反映させられるかは、個人のスキルやセンスが求められます。
しかしTikTok運用代行サービスを導入すれば、SNSマーケティングに特化した専門チームが効率よくアカウントを運用してくれます。

TikTokの運営に特化したスタークリエイションは、TikTokが日本に上陸した当初よりTikTokと業務提携し、コンテンツ制作に携わってきました。
TikTok運用代行はもちろん、TikTokを活用したマーケティングやプロモーションの企画や運用など、TikTokに関係することなら幅広く対応しています。
TikTokをバズらせてPRしたい方は、業界随一の実績を持つスタークリエイションまでご相談ください。

まとめ

ここまで、TikTokのおすすめ(レコメンド)に載る方法を、実際に多くの実績を出している運用代行のプロが解説してきました。
TikTokのおすすめ(レコメンド)に載るためには、まず動画がバズるためのポイントを知るのが重要。

ただしポイントを知っていたとしても、そのポイントを使いこなるかはクリエイターの力量にかかっています。
業界随一の実績を持つスタークリエイションにTikTok運用を依頼すれば、より動画がバズりやすくなりおすすめ(レコメンド)への表示も期待できます。
本記事の内容を参考に、ぜひTikTok運用代行の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

記事を書いた人
今村 悠勢
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。