TOPICS

TikTokがクリエイターの収益化を支援するプログラム「Creator Next」を発表!

Creator NextTikTok収益化

TikTokは、クリエイター向けに収益化をサポートする新たなプログラム「Creator Next」を発表しました。
今まではライブ配信機能の「TikTok LIVE」でのみ、ギフト(投げ銭機能)が利用できましたが、これにより一般の動画でもデジタルギフトの受け取りや、収益化が可能になりました。

Creator Nextの収益化機能

Creator Nextには以下の収益化機能があります。

クリエイターファンド
条件を満たしたクリエイターが、TikTokがクリエイターのために寄付することを約束したクリエイター基金から報酬を得ることができるプログラムのことです。

Creator Marketplace(TCM)
広告主とクリエイターの協業を促進するためのシステムです。
クリエイターはCreator Marketplaceに登録することで、TikTok内に出稿される広告への起用など、広告主と繋がり収益を上げることができます。

LIVEギフト
視聴者がTikTok LIVE配信者に対してギフトを送ることができるサービスです。

ビデオギフト
視聴者がクリエイターの動画に対してギフトを送ることができるサービスです。

チップ
視聴者がクリエイターのプロフィールページから、チップを送ることができるサービスです。
クリエイターは支払われたチップを全額受け取ることができます(決済プロバイダーStripe手数料がかかる場合あり)。

Creator Nextの利用資格

Creator Nextを利用する場合、以下の条件を満たす必要があります。

  • 20歳以上
  • 最低フォロワー数及び最低動画視聴数を満たしている
  • 過去30日間に3回以上、TikTokに動画を投稿している
  • TikTokのコミュニティガイドライン、利用規約に準拠している良好な個人アカウントであること

SNSでの反響は?

2021年12月現在、Creator Nextの対応は欧米のアカウントのみで日本はまだ未対応ですが、期待度の高さが伺えますね。
YouTubeのようにクリエイターが収益化できる下地が、TikTokでも整いつつあると言えるでしょう。
今後もTikTokから目が離せませんね!

記事を書いた人
ショートムービーラボ編集部
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!