HOW TO

TikTok広告費用相場一覧!種類ごとのメリット・デメリットも【2022年最新版】

TikTokTikTok広告料金相場費用

本記事ではTikTokを使った広告運用を検討している方へ向けて、広告の種類や費用相場、広告ごとのメリット&デメリットについて解説します。

TikTokの広告は大きく分けて4種類あり、自社の特性や目的に合った広告を選ぶ必要があります。特性や目的と合わない広告を出せば、運用に失敗し費用がムダになることも。

TikTokの広告運用で失敗したくない方は、ぜひ最後までご覧ください。

TikTok広告とは?

TikTokで広告を出すメリットは、主に以下のようなものがあります。

  • 10~20代の若年層にアプローチできる
  • TikTokのメインユーザー層である10〜20代に対して、効率よくアプローチできます。

  • 高度なターゲティング精度
  • TikTokの膨大なデータと優秀なアルゴリズムにより、ターゲットにピンポイントで広告を配信できます。

  • 訴求力が高い
  • スマホ画面全体に広がる動画でユーザーにインパクトを与え、聴覚と視覚に対し強力に訴えます。

ただしメリットばかりではなく、以下のようなデメリット(注意点)もあります。

  • バズがきっかけで炎上する可能性がある
  • プライバシー侵害などの不適切な動画を投稿した場合、バズによる炎上で企業のブランドダウンにつながる恐れがあります。

  • 基本的に広告申し込み後はキャンセルできない
  • TikTok広告は、申し込み後に枠が割り当てられるとキャンセルはできません。
    出稿前は内容の誤りや不具合がないか、念入りにチェックしましょう。

またTikTok広告の設定や出稿、運用方法については以下の記事で解説しています。
【現役が解説】TikTok広告アカウント設定・出稿・運用方法の全て

では、実際にTikTok広告にはどのような種類があるのでしょうか。
TikTok広告の種類は、大きく分けて以下の4つです。

  • インフィード広告
  • 起動画面広告
  • 運用型広告
  • ハッシュタグチャレンジ

それぞれの広告について、詳しく解説します。

インフィード広告

インフィード広告は、TikTokの視聴ページ「おすすめ」に表示される広告です。

一般ユーザーの投稿と同じように広告が表示されるため、広告感を出しすぎずコンテンツに自然に溶け込めるのが特徴です。

また広告を表示するターゲット層を事前に細かく設定できるため、狙ったターゲット層にピンポイントでアプローチできます。

さらに広告動画に対して「いいね」や「シェア」も可能です。そのためユーザーによる拡散効果も期待できます。

広告を打ちたいターゲット層が明確に決まっており、自然な形で広告を出稿したい時におすすめの広告です。

起動画面広告

起動画面広告は、TikTokアプリを起動したら最初に表示される広告です。

TikTokアプリを起動した全ユーザーに対して、「画像」「GIF画像」
「GIFアニメーション」の3種類の広告を表示できます。

また広告内には外部リンクも貼れるため、広告経由で自社サイトなどに誘導もできます。

起動画面広告は全ユーザーに表示されるため、ブランドやサービスの認知を優先したい時におすすめの広告です。

運用型広告

運用型広告は、企業や運用代行サービスなどが専用アカウントを運用して広告を出す方法です。

TikTok以外にも、TikTokの運営会社が運営する「BuzzVideo」や「TopBuzz」での横展開もできます。

運用型広告の場合、基本的にターゲットの設定から広告動画の撮影、配信までをすべて自社の担当者が運用しなければなりません。

そのためある程度TikTok運用に対しての知識やスキルがないと、失敗しやすくなります。

自社で運用する場合には、「TikTok運用の知識やスキルがあること」「TikTok運用にまとまった時間を確保できること」が必須です。

また運用型広告は他のTikTok広告と違い、少額でも運用できます。そのため他の出稿方法が予算オーバーになるのであれば、運用型広告がおすすめです。

ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジは「ユーザー参加型」の広告で、各広告の中でも特に反応率が高いのがポイントです。

まず企業がお題となる動画を投稿。ユーザーがお題にチャレンジすることで、認知やサービスの拡散が期待できます。

ハッシュタグチャレンジを成功させるためには、「人気インフルエンサーにお手本を依頼する」「真似しやすい動きを取り入れる」などのポイントが大切です。

ちなみにハッシュタグチャレンジについては、以下の記事で詳しく解説しています。
TikTokの「ハッシュタグチャレンジ」とは?概要から成功事例まで徹底解説

またハッシュタグチャレンジの掲載期間は2ヶ月と長いため、中長期的に認知の拡大を狙いたい場合にはおすすめの広告です。

【種類別】TikTok広告費用相場

種類別のTikTok広告費用の相場は、以下の通りです。

広告の種類 特徴 課金方式 費用相場の目安
インフィード広告 自然な形で表示 期間契約型 420,000円~
起動画面広告 アプリ起動時に表示 インプレッション課金型 5,000,000円ほど
運用型広告 他アプリとの横展開が可能 クリック課金型
インプレッション課金型
再生課金型
100〜1,000円/1,000imp
30〜100円/クリック
5〜60円/再生
ハッシュタグチャレンジ ユーザー参加型で反応率が高い 期間契約型 10,000,000円~

基本的に予算を抑えたいのであれば、「運用型広告」での出稿がおすすめです。ただしアカウントがある程度成長するまでは、広告効果は期待できません。

他3種類の広告は高い効果が見込まれますが、その分高額な費用がかかります。

失敗した時にリスクが大きいため、出稿前には十分な戦略を練る必要があります。

TikTok広告4種類のメリットデメリットと選び方

TikTok広告掲載費の課金方式について、メリットとデメリット、選び方を解説します。

課金方式 メリット デメリット 使用シーン
インプレッション課金型 露出の拡大 効果検証が難しい 起動画面広告
ブランドやサービスの認知を優先したい
クリック課金型 リーチ獲得向き クリック単価が上がる恐れがある 運用型広告
広告予算を抑えたい
期間契約型 認知度アップに効果的 高額な費用がかかる ハッシュタグチャレンジ
決まった費用と期間で運用したい

TikTok広告掲載費の課金方式は4つあり、種類ごとに特徴が異なります。

ブランドやサービスの露出を拡大し、認知を優先したい時には「インプレッション課金型」「期間契約型」の課金方式が向いています。

狙ったターゲット層に向けてピンポイントで課金したい場合は、「クリック課金型」や「再生課金型」が効果的です。

いずれの課金方式もメリットとデメリットをしっかり把握した上で、自社の目的に合ったものを選びましょう。

TikTok広告を代理店に頼むと…?

TikTok広告を代理店に依頼したい場合、およそ以下のような費用がかかります。

費用内訳 費用
初期費用 〜50,000円ほど
広告費 実費精算
運用代行の手数料 広告費の20〜30%ほど

上記の費用以外にも、動画制作などで別途費用が発生する場合もあります。

もし広告代理店に依頼する場合は、「運用実績が豊富か」「人気インフルエンサーなどを起用できるか」「クリエイティブ制作のスキルは高いか」などを参考にしましょう。

TikTok広告を依頼するなら、スタークリエイションがおすすめな理由

TikTok広告の依頼にStar Creation(スタークリエイション)がおすすめの理由は、次の5つです。

  • 国内トップクラスの広告制作数
  • TikTokの公式MCN(マルチチャンネルネットワーク)
  • 有名クリエイターが数多く在籍
  • 圧倒的なクオリティ&スピーディーな対応
  • プロモーション実績は100社以上

1つずつ詳しく解説します。

国内トップクラスの広告制作数

スタークリエイションの広告制作数は、国内でもトップクラスの実績を誇ります。

日本最大級のMCN(マルチチャンネルネットワーク)を運営するスタークリエイションは、TikTokのMCNにおいて総フォロワー数&総投稿数において1位を達成。

クライアントの要望に沿った企画立案からプランニング、広告配信から効果検証までを一気通貫で対応します。

スタークリエイションであれば、クライアントに対してベストな運用を実現できます。

TikTokの公式MCN(マルチチャンネルネットワーク)

スタークリエイションは、日本最大級のTikTokMCN(マルチチャンネルネットワーク)としてTikTok公認でマネジメント契約を締結している企業です。

また「BuzzVideo」や「TopBuzz」などを運営する「Bytedance社」とも業務提携。さまざまな企業に対しSNSマーケティングで支援しています。

有名クリエイターが数多く在籍

スタークリエイションには、下記のような人気TikTokクリエイターが数多く在籍しています

上記のように、TikTokを代表する幅広いジャンルのクリエイターが総勢250名以上も在籍しています。

スタークリエイションであればクライアントのブランドやサービスのイメージに合った、さまざまなジャンルのTikTokクリエイターをアサイン可能です。

圧倒的なクオリティ&スピーディーな対応

スタークリエイションに広告運用を依頼することで、圧倒的なクオリティかつスピーディーなプロモーションが実現できます。

これはスタークリエイションが企画の立案からプランニング、クリエイターのアサインやプロモーションの制作まで全て一気通貫で対応できるため。

「企画立案やプランニングはA社」「クリエイターのアサインはB社」「プロモーション制作はC社」といった役割分担がないため、スピーディーに対応できます。

また累計10億再生を超える楽曲やクリエイティブ制作をしてきたノウハウをもとに、圧倒的なクオリティを誇るプロモーションが可能です。

プロモーション実績は100社以上

スタークリエイションが企業をプロモーションした実績は、100社以上にも及びます。下記のような有名企業においても、スタークリエイションがプロモーションを手掛けています。

まとめ

ここまでTikTok広告の種類と費用の相場、メリットとデメリットについて解説してきました。

TikTok広告は4種類あり、どの広告で運用するかで得られる効果も異なります。

自社の特性や目的にあった広告を選び、念入りなマーケティング戦略のもと適切に運用するのがポイントです。

もし自社での広告運用の自信がなければ、広告運用の代行会社に依頼しましょう。

スタークリエイションであれば、企画立案やプランニングはもちろん、TikTokクリエイターのアサイン、コンテンツ制作から配信、アカウントの運用まで幅広く依頼できます。

TikTok広告を上手く活用し、自社の売上アップにつなげてみてはいかがでしょうか。

スタークリエイションへのお問い合わせはこちらからどうぞ!

記事を書いた人
今村 悠勢
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。