INTERVIEW

花上惇a.k.a花輪くんの素顔に迫る!歌だけではない、その魅力とは?

TikTokクリエイターシリーズ系花上惇a.k.a花輪くん

冷蔵庫シリーズやBITCHシリーズなど、ズバリと鋭い切り口ながらも、ポジティブなメッセージを残し、視聴者を勇気づけるコンテンツを発信する「花上 惇 a.k.a 花輪くん」。

また、その歌唱力はメディアでも受賞歴ありのお墨付き。歌唱力を駆使したコンテンツもまた、多くの再生数を叩き出しています。

今回はそんな「花上 惇 a.k.a 花輪くん」に、現在のキャラの生い立ちや、普段意識していること、今後の展望などについてインタビューしてみました。

TikTokをはじめるまで

ー花上 惇 a.k.a 花輪くんがTikTokを始めたきっかけって何ですか?

花上 惇 a.k.a 花輪くん:はじめは、TikTokというコンテンツのことを全然理解していなくて‥音源に合わせて踊るっていうイメージを持っていたくらいでした。ある時、知り合いからTikTokについて話を聞く機会があって、このプラットフォーム特有のおすすめ機能や、動画の広がり方の特徴を知りました。

そこで、知名度を上げるにはTikTokがいいのでは?ということになり、いよいよ始めることにしました。元々歌をやっていたこともあって、最初は歌をアップしていましたが、全然再生数が伸びなくて…今のスタイルになったのは、しばらく後の話です。

ーTikTok以外のSNSは運用していますか?

花上 惇 a.k.a 花輪くん:Instagram・YouTubeを運用しています。
YouTubeは、最近始めました!これまではTikTokをメインでいろんな事をやっていましたが、最近はインスタにも力を入れているので、私のことを知ってくださった方の入り口がそれぞれ違うと思うんです。歌だったり、お肌のことだったり、動画のシリーズだったり。

それに、『この人はこういう人で、これをやる人だ!』っていう考え方で人を見たり、見られたりすると、窮屈になって可能性を狭めちゃう気がするんです。なので、どのコンテンツに関しても、数字に囚われすぎず、私のやりたいことを自由にやる!っていうのは心に決めています。

TikTokの運用方法について

ーTikTokへの投稿で気をつけてることや、意識していることはありますか?

花上 惇 a.k.a 花輪くん:自分の言動に責任を持つ事は大切だと思っています。
私が何気なく言った一言で無自覚に人を傷つけていないかと考えながら動画作りをしています。自虐はいいと思うんですけどね(笑)視聴者の方からご指摘を受ける事も時々あります。

その度に反省しますし、より気をつけようという気持ちになります。
単語ひとつとっても、まず発する前に自分の中で精査するように心がけるようになりました。誰が観てもHAPPYになれる動画が作れたらいいなと思います。

ー普段意識している数字やデータはありますか?
花上 惇 a.k.a 花輪くん:再生数やいいね数は気にしますが、インサイトの詳しい数字に関してはあまり気にしません。再生数が上がらない時は、もちろん落ち込むことはありますが…何事も波ってあると思うんですよね。

良い時もあれば、悪い時もあるのが当たり前。それよりも、継続することが大事だと思うんです。もし数字が落ちてしまった時は、沈んだのだから、あとは上がるだけだよね。っていうマインドを持って、気にしすぎず、モチベーションを保っています!

ー花上 惇 a.k.a 花輪くん的に、TikTokが他のSNSと違う点って何だと思いますか?

花上 惇 a.k.a 花輪くん:それぞれのプラットフォームによって、“フォロー”の意味合いが異なるというのは、実際に運用してみて分かりました。InstagramやYouTubeのフォロワー10万人と、TikTokのフォロワー10万人では、全く数字の感覚が違うというのは驚きましたね。

TikTokは気軽にフォローしやすいので、フォロワー数は伸びやすい反面、それが必ずしも再生数に直結する訳でもなく。一方でフォロワー数があまり多くない人のコンテンツでも、爆発的に伸びたり。良い悪いではないですが、そこがTikTokの面白いところであり、難しいところでもありますね。

1番好きな・思い出に残る動画はありますか?

花上 惇 a.k.a 花輪くん:一番最初にバズった「It’s A Whole World」という曲の替え歌の動画が、やっぱり個人的には思い入れがありますね。その時は今より全然フォロワー数が少なかったのですが、アップ後から瞬く間に30万いいねくらい付いて…TikTokって夢があるな〜。って思ったことを覚えています。

私のことを多くの人に知ってもらうきっかけになった動画ですね。あと最近だと、冷蔵庫シリーズの『陰口を言われるってことは、あなたが光っているということなのよ。』っていう動画。私自身が過去に同じ体験をしていて、それでもポシティブでいることができた考え方なので、同じ悩みをもつ多くの人に伝わればいいなって思います。

ー動画を思いつくきっかけ・エピソードなどありますか?(BITCHシリーズなど・・・
花上 惇 a.k.a 花輪くん:そもそも、今アップしている冷蔵庫シリーズBITCHシリーズって、自分が病んでいた時に“怒ったような口調ながらも、相手を肯定する”みたいな動画を見て、思わず笑顔になったっていう経験があったところから生まれたんです。

それを自分がやるならどうするか?って考えた結果が、今の動画のスタイルに繋がっています。イメージは、私の好きな『セックス・アンド・ザ・シティ』のサマンサというキャラクターです!強気で、人を元気付けたり、ポジティブなことをズバズバと言える彼女が大好きで(笑)

ー配信にも力を入れているとのことで、ユーザーとのコミュニケーションで大切にしている事はありますか?
花上 惇 a.k.a 花輪くん:配信は歌がメインのことが多いのですが、それでも一番大切にしているのは、自分を作り過ぎないこと。ブランディングってもちろん大切だとは思うんですけど、それよりも等身大でいることの方が私にとっては心地良いんです。

だから、配信中でも悪意のあるコメントや失礼なコメントが目につくと、それは違うんじゃない?ってツッコんじゃったりします(笑)大多数の方に見られている中、スルースキルが重要。みたいな風潮の世の中ですが、私だって人間ですし、あとはその言葉が私だけではなく視聴者の方を傷つけてしまっている可能性もあるので。

ー今後の活動や展望、花上 惇 a.k.a 花輪くんにとってTikTokとは?
花上 惇 a.k.a 花輪くん:夢があるプラットフォームだと思います。ありのままの自分を曝け出して、それを好きで居てくれるファンの方々との繋がりが出来たのは、TikTokのおかげです。

実は私、めちゃくちゃネガティブでコンプレックスの塊みたいな人間だったんです。ずっと自己肯定感が低くて。

私が多くの方に知ってもらうきっかけとなった冷蔵庫シリーズBITCHシリーズは、もちろん私の言葉ですが、実は自分に言い聞かせている言葉でもあるんです。ネガティブな自分だからこそ思いつく言葉ですし。それをポジティブに変換する癖みたいなものは、TikTokの投稿や、視聴者さんとのやり取り、リアクションを通して自分に少し自信がついたからなのかなと思います。

ー今今後tiktokやその枠を超えてどのような活動をしていきたいですか?

花上 惇 a.k.a 花輪くん:私もそうですが、マイノリティな立場にいる人たちって、我慢しなくてはいけない事や諦めなくてはいけない事ってまだまだあると思うんです。同じ立場で悩む方々がもっと生きやすい世の中にするために。私が影響力を持つことで、何か出来る事があれば貢献していきたいですね。

あとは、私自身がとても敏感肌なので、同じような方向けに化粧品をプロデュースしたり、カラコンを作ったり…と、やってみたいことは無限にありますね!
あとは、メディアへの露出をもっと増やして、私の存在を世の中に知らしめたい!(笑)

ーファン、toB、これからTikTokで人気になりたいクリエイターに向けたメッセージ

花上 惇 a.k.a 花輪くん:とにかく、楽しもう!!!ってことですね(笑)
まずファンの方々には、感謝でしかないです。自分を好きで居てくれる存在がいる。ということがモチベーションに直結するので、私にとって皆様はとても大切な存在です。

あとは、さっきと少し被っちゃいますが、TikTokにはとても夢があると思うんです。誰かの真似をするよりも、自分を包み隠さず発信してみたら?って思います。自分がコンプレックスだって思っていたことや、今まで隠していたこと。

それって、実は周りから応援してくれる要因になったり、勇気を与える武器だったりするんです。キャラを作り込むのはもちろん否定しませんが、ありのままをさらけ出してみるのも楽しいのよ!ってことは伝えたいですね。

共感度100%替え歌シンガー!
SNS総フォロワー数約12万人のインフルエンサーメイクや、カバー曲を中心に楽しい動画をTikTokをメインに投稿中!!
花上 惇 a.k.a 花輪くんのクリエイターページはこちら

Star Creation(スタークリエイション)には花上 惇 a.k.a 花輪くんを始め、TikTokを中心に活躍する様々なジャンルのクリエイターが多数所属しています。
TikTokクリエイターを活用したプロモーションや広告施策のプランニングなど、TikTokに関わるご相談はお気軽にStar Creationまでお問い合わせください。

記事を書いた人
今村 悠勢
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。