インタビューTikTok

Hoodie famが語る!世界を熱狂させるダンス動画のつくりかた

クリエイターダンスHoodie fam

思わず笑顔になってしまう、ポップでキュートなダンス動画によって沢山の人々の心を掴み続ける「Hoodie fam」さん。

中でも『ブリブリチャレンジ』は、有名なK-POPアーティストが真似したりと、
日本だけではなく世界中で流行の兆しをみせています。

今回はそんな「Hoodie fam」さんに、チームの生い立ちや、普段意識していること、今後の展望などについてインタビューしてみました。

TikTokをはじめるまで

ーHoodie famさんがTikTokを始めたきっかけって何ですか?

Hoodie famさん:もともとUNVISIONという、Hoodie famより大規模なチームで海外のダンスコンペティションに出場したり、活動を行なっていました。ある時車の中で、『TikTokやりたくない?』っていう話をしたところ、『やるなら本気でやりたいよね!』と火が付き、その場でよく遊んでいたメンバーに電話をかけました。そうして本気で打ち込めるメンバーが集まり、よっしゃ。これからHoodie famの始動じゃ!と。(笑)

ーTikTok以外のSNSは運用していますか?

Hoodie famさん:Instagram(リールを中心に)・YouTube・LINE VOOMを運用しています。主に、ショート動画をアップすることが多いです。今はファンをもっと増やしたいので、まずはショート動画コンテンツで多くの方に知っていただいたうえで、今後はYouTubeで企画などのコンテンツを発信していきたいですね。

TikTokの運用方法について

ーTikTokへの投稿で気をつけてることや、意識していることはありますか?

Hoodie famさん:まず、曲のトレンドです。TikTokはもちろん各種サブスク等をリサーチし、今流行っている曲を使ったり、なるべくみんなが知っている曲を使うことを意識しています。

僕たちは全身のダンスを発信しているのですが、視聴者が真似して楽しいように難しすぎず・簡単すぎず、且つカッコいいダンスにすることはかなり意識しています。そのどれかだけに寄ってしまうと、僕たちが踊る意味が無くなってしまうので、その絶妙なラインを攻めています(笑)
あと、なるべくハッピーで楽しい動画にする!っていうのは大前提です。

ー普段意識している数字やデータはありますか?
Hoodie famさん:コメントや再生数はもちろん見ていますが・・・実はインサイトはあまり見ていません!前は数字を見て試行錯誤していた時もあったのですが、考えすぎてよく分からなくなってしまい(笑)まずは自分達が楽しむこと。

そしてそれを続けることに意味があるんだと確信してからは、あまり見なくなりました。あ、でも強いて言うなら、最初の2秒の離脱率ですかね。初めからインパクトのある動画をアップできているかは大事だと思うので、そこはチェックしています。

ーHoodie famさん的に、TikTokが他のSNSと違う点って何だと思いますか?

Hoodie famさん:ユーザーの年齢層や、興味の幅がそれぞれのSNSと違うのは運用していて分かりました。他メディアは、すでに興味のあるものを検索して、それを視聴するというイメージですが、TikTokに関しては全然違いました。

このプラットフォームではトレンドが常に入れ替わり、常に新しい発見が沢山あります。トレンドをどれだけ掴めて、その流れに乗れるかどうかが必要になってきますね。

グループ結成のきっかけを教えて下さい!

Hoodie famさん:先ほどお話しした前身グループUNVISIONはもっと大人数だったのですが、このメンバーでよく練習会をしていたのが、今思えばルーツですね。

このメンバーは好きなダンスチームが一緒で、新しいネタが出たらみんなで盛り上がって、真似していたのが楽しかったんですよね。その流れで、車の中で言い出しっぺのメンバーがいたり、電話がかかってきたメンバーがいたり。(笑)

そうしてチームを結成した時に、たまたま全員がパーカーを着ていたんです。それと自分達の好きなダンスチームの名前や、Neighborhood(親友を意味するスラング)などに使われる“hood”からのトリプルミーニングで、Hoodie famというチーム名がしっくり来てしまって(笑)これだ!となってから、いよいよ活動がスタートしました。

ー他のダンスクリエイターとは違い普通の楽曲ではなくアニメの効果音などを使用されたりしていますが、そのアイディアはどこから来たんですか??
Hoodie famさん:たまたまの思いつきだったりとか、ノリで生まれることが多いです(笑)ダンスに使用する楽曲に関しては、メンバーそれぞれが違うジャンルをディグっていて、それを振り付けと一緒に持ち寄ることが多いです。

洋楽を中心にチェックしているメンバーもいれば、インドやマレーシアの方の動画を漁っているメンバーも、それに可愛い女性クリエイターばかり見ているメンバーも…(笑)色んな要素が集まってひとつの作品が出来るのは、Hoodie famの強みですね。

ー現在、“ブリブリチャレンジ”が激アツですが、感想や反響はいかがでしょうか?
Hoodie famさん:ありがたい事に有名なアーティストさんやインフルエンサーさんが真似してくれて、そっちもバズっているので、“こっちが本家なんだ!?”って驚かれる方も多いです(笑)

ブリブリチャレンジを思いついた張本人は実感が無いようですが、仕事であるダンスのインストラクターをしていると、生徒さんから声をかけられることも多いみたいです。

ー今後の活動や展望、Hoodie famさんにとってTikTokとは?
Hoodie famさん:遊びのツールです。決して、撮影するぞ!というスタンスでやっている訳でもなく、自分達がただ楽しんで、発信する場と考えています。大前提、“楽しむこと”をモットーに活動をしているので、ひとりでも楽しくない人がいればそれはやらないですし。

またダンス枠を越えて様々なジャンルの方とコラボさせていただいたり、案件を貰ったり。それに、コメントで『元気が出ました。』みたいなコメントをいただいたり。自分たちの表現が、色々な人に影響を与えていることに対して、TikTokを始める前より自信が湧きました。なので、このプラットフォームにはとても感謝しています。

ー今後TikTokやその枠を超えてどのような活動をしていきたい?

Hoodie famさん:インターネットの枠を越えて、自分たちのダンスのファンでいてくれる方に向けて公演が出来たらな、と考えています。ライブはもちろんですが、ダンス以外にも、トークショーをやってみたりと、現実でのファンの方との関わりを増やしていきたいです。もっと活動を広げていって、いつかは『Hoodie famを見てダンスを始めた!』っていう人がいたりしたら…最高ですね。

ーファン、toB、これからTikTokで人気になりたいクリエイターに向けたメッセージ

Hoodie famさん:とにかく、楽しもう!!!ってことですね(笑)
とことん楽しむこと。そして、それを継続すること。それが一番重要だと思います。
あとは、バズらなくても挫けないこと。何事も気にしすぎず、楽しんでいれば継続出来るので、数字等は後から着いてくるんではないかな、と思います!

あとファンの方へ、これからも楽しい動画をアップし続けて行くので、沢山コメントや、ご視聴いただけると嬉しいです!!(きゅんですポーズ)

(一同:爆笑)

愉快な5人組ダンスグループ 楽しいをモットーに!
オリジナルのダンスを中心に楽しい動画をTikTokをメインに投稿中!!
Hoodie famさんのクリエイターページはこちら

Star Creation(スタークリエイション)にはHoodie famさんを始め、TikTokを中心に活躍する様々なジャンルのクリエイターが多数所属しています。
TikTokクリエイターを活用したプロモーションや広告施策のプランニングなど、TikTokに関わるご相談はお気軽にStar Creationまでお問い合わせください。

記事を書いた人
今村 悠勢
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。