TOPICS

Star Creation TikTok Trend News 7月版

SNSマーケティングTikTokTikTok売れクリエイター分析最新情報

TikTokは2021年に「2021年ヒット商品ベスト30」で「TikTok売れ」が1位を獲得するなどTikTokは昔のようにただ踊るだけのおもしろ、おかしいSNSではなく、動画で消費を動かすプラットフォームとなり、ビジネスの起点となっています。

ショートムービーラボではトレンドニュースの編集長に「TikTok 7月のトレンド」と「今後の展望」について聞きました。ビジネスパーソンの方々には、ヒントになる内容が満載です。ぜひ知見をご覧ください。

TikTok News

Trend Creator

最近人気上昇中のクリエイターをご紹介!

ケンティー健人/kenty

@kenty_cook


「時間や手間がかかるメニューは避け、自身が食欲が湧くもの」をコンセプトに毎日料理を世界に発信!

@kenty_cook 🫑🐖Peppers stuffed with meat.#food ♬ 2002 (Cover Ver.) – Clairr

ながつか

@oreoresagitekina


今年の6月21日にTikTokをスタートし、最初に投稿した「沼ってはいけないタイプ」という動画で1.5M再生を越え、その後の動画でも「沼る」と話題に。YouTubeもこれから始める模様

とあぴー🥦🍛

@totomayu.sankaku


「小さいムロツヨシ」と呼ばれる1歳の男の子の日々の日常がかわいいと話題に。最近ではテレビにも出演し、更に注目を浴びている。

人気のクリエイターの分析

今回挙げたクリエイターの特徴をケンティー健人/kentyを例にあげ分析すると

  • 日本語や英語、中国語を含め7カ国ほどの言語を用いて世界中にコンテンツを発信!
  • ライブ中も、積極的に英語を使って表現している
  • テンポ感の良い料理動画にユーザーは見ていて飽き ない。
  • ライブ中の「天然」なケンティーさんが、可愛いと切り抜き動画も回っている

 多くの言語を用いて世界に発信フォロワー数が急上昇したと考えられます。

Trend Music

最近投稿数が多い音源をご紹介!

好きな人がいること/JY(投稿数:245本)

JYさんの曲「好きな人がいること」のイントロ部分が可愛いとバズり、
「次に流行るイントロ」として最近投稿数が増えてきています

marvin gaye/asa(投稿数:248.1K本)

見ているユーザーの心を魅了する斬新な振り付け!日本だけでなく世界的に流行っています。

@yuraneko_ 愛するみんなへ💚🐈‍⬛ #fyp ♬ marvin gaye – asa

POP!/NAYEON(投稿数:3360本)

TWICEのナヨンさんのソロデビュー曲「POP!」の音源がバズり、
多くのユーザーはナヨンさんの振り付けを真似して投稿しています。

@mona712_official 振り付け師本人が踊ってみた🦋💖🧼 Choreo by Me for @twice_tiktok_official Nayeon🎀 #PopPopPop #poppoppoppopchallenge ♬ POP! – NAYEON

“写真モード”を使った投稿が増えている傾向

以前はイントロに合わせて写真だけを組み合わせる動画がトレンドでしたが
ユーザーが自由に写真をスライドできる”写真モード”機能を使った投稿が増えてきています。

Trend HushTag

最近バズっているハッシュタグ事例をご紹介!

#miyashitapark(再生回数:17.1M回)

多くの若者の溜まり場である宮下パークをテーマにエフェクトを大募集するハッシュタグチャレンジが開催中。

宮下パークでは、TikTok Community Baseもオープンし、作成されたエフェクトが掲載されるチャンス!

#スキンケア(再生回数:2.0B回)

年中バズっているハッシュタグですが、夏の露出が増えるこの時期は特にバズっています!多くのユーザーは、自分の悩みに合ったスキンケア商品を見つけて保存し、購入しています

@bihadanaritaina まじこの値段で買えるのコスパ神みすぎる!🥺#スキンケア #美肌 #化粧水 ♬ おとせサンダー – ぼっちぼろまる

#かき氷(再生回数:132.7M回)

ただ普通のかき氷だけでなく、色々な種類の、おいしいかき氷屋さんの情報が多く投稿されています!

Next Trend 予測

8月〜9月にかけて盛り上がりそうな#をご紹介!
※あくまで予測となり、季節トレンドや昨年の実績をもとに作成しております

#夏休み(再生回数:971.6M回)

夏休みの思い出や、自由研究、あるあるネタなど数多くのコンテンツが投稿される!夏休み中楽しめる商品など狙い目です。

@__ruru__05 最高に楽しい夏休みスタート!!!#大学生 #02 ♬ オリジナル楽曲 – baru – chichandayo

#旅行(再生回数:2.1B回)

GoToトラベル東京などが再開され旅行する人が増えたため、旅行動画がかなり多くなると予想されています。TikTokを見ている若者は”お得情報”が気になるので、そのようなコンテンツも狙い目です。

#自慢の祖父母(再生回数:279.8M回)

9月の敬老の日に関連したハッシュタグチャレンジが今年も開催される予想です。いつもお世話になっている祖父母へのプレゼント商品など、見せ方は多数あります。

Gen Z Trend

Z世代!現役女子大生が分析する最新トレンド情報

アームウォーマー

時代が流れて、なんと昔流行っていたアームウォーマーが今では韓国っぽいと若者の間で人気アイテムになっています。

@nemne__staff アームウォーマー付けるのも可愛すぎん?#夏コーデ #夏服 ♬ som original – CALL ME PAULO

タイ コスメ

韓国コスメや中国コスメが流行り人気が定着し今はタイコスメが注目されています。タイのコスメはパッケージが可愛くてプチプラで手に入ると注目を集めています

@kiki_makeupjunkie タイのコスメブランドこれからもっと色々見てみよーっと❤︎ #タイコスメ #海外コスメ ♬ オリジナル楽曲 – Kiki💛

Findings

今月のトレンド考察
今月のTikTokのトレンドは「TikTok5周年」です。

そこで今回はTikTokが日本にサービス開始した年から現在(2022年)までのTikTokの変化を、流行したダンスと音源に絞って紹介していきます。

2017年

日本にTikTokが上陸したのは2017年夏

2018年〜2020年

2018年〜2020年では主に音楽を軸として、そこに新しい振り付けや曲のカバーなどが多く流行しました。

め組のひと
2010年に倖田來未さんがカバーしたアルバムの一曲「め組のひと」が8年の時を経て大流行しました。

@yoasobi_abema #踊ってみた #声優と夜あそび #AbemaTV #三上枝織 #五十嵐裕美 ♬ め組のひと – 倖田來未

なにやってもあかんわ
岡崎体育さん「なにやってもあかんわ」のMV内にある腹太鼓ダンスにチャレンジする動画TikTokの年間楽曲ランキング1位を獲得するほど大人気に

@exrikariko 腹太鼓ダンス、みんなも踊ってみてね👍🏻♥️#双子 #りかりこ #テンゴちゃん #腹太鼓ダンス ♬ Nanioyattemoakanwa – okazakitaiiku

香水
無名アーティストだった瑛人さんがTikTokをきっかけに国内チャート1位を獲得や紅白歌合戦に出場するなどTikTok以外でも大人気になりました。

@aoiro_tokyo 香水を豪華なアーティストが歌ってみた。#香水#瑛人#ものまね#みんなに見せたい動画 ♬ オリジナル楽曲 – a o i r o

2021年〜2022年

2021年から2022年現在では、音楽主体で流行からクリエイター発で流行が発生する事例が増えてきています。

#いややばいでしょ
「いややばいでしょって話だよね!」から始まる、独特のラップをTikTokで投稿すると大ブームに

@matsudake @nana20070729 さんへの返信 Mr.都市伝説 関ミナティでラップ#tiktokグルメマップ #tiktokレビュー #都市伝説 #2021年初投稿 ♬ オリジナル楽曲 – マツダ家の日常 – M2DK/マツダ家の日常

TikTok売れが話題に

#購入品紹介
ユーザーが購入した商品を紹介しているハッシュタグコスメ〜ギフト、食べ物系など幅広いジャンルで使われています。

@coscoslife PLAZAで、この夏垢抜けようぉ〜✨😘#plaza#プラザ#購入品紹介#美容#ベストコスメ ♬ 悪魔のキッス (サビVer) – 悪魔のキッス(戦慄かなの&かてぃ)

まとめ

TikTokが日本に最初リリースされた当初は楽しく踊る系がメインでした。

流行した音源に注目するとリリース当初は昔にリリースされた音楽をTikTokで再ブームが起きるなど比較的以前からあるものを再利用するという傾向にありました。

しかし2020年以降からは、TikTok発で新しい音楽が誕生するなど、TikTokクリエイターがトレンドを作り上げる流れへと変わっています。

特に最近の傾向として,「冒頭2秒での掴み」「PR動画でもいかにコンテンツ感を出すか」「視聴者が、今知りたい情報を発信できているか」など、視聴者側のインサイトをクリエイターがリアルタイムで分析して動画を発信しているため、コンテンツのクオリティが上がってきているとともに、認知プロモーションの起点として欠かせないプラットフォームへと進化しております。

今後TikTokの流れを掴むことでどのようなクリエイティブを制作すればユーザーにウケが良く自社商品の認知や拡散を効率的に行えるのかを予測することができます。

スタークリエイションではショートムービー領域でインフルエンサーマーケティング、PR広告、アカウント運用代行などを中心に豊富な支援実績がございます。貴社の親和性の高い成果が期待できるキャスティング、TikTokのアカウント運用代行やPR広告の実現が可能です。

お問い合わせはこちらから:Star Creation(スタークリエイション)

記事を書いた人
今村 悠勢
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。