HOW TO

TikTokイケメンクリエイターランキングTOP30【2022】

TikTokインフルエンサーマーケティングクリエイター修一朗

近年、SNSで人気のインフルエンサーに製品・サービスの紹介をお願いする「インフルエンサーマーケティング」の注目度が高まっています。

インフルエンサーマーケティングの市場規模推移
参考:株式会社デジタルインファクト調べ

そんなインフルエンサーマーケティングには「ターゲット層に自然とリーチしやすい」など様々なメリットがありますが、実践する上で問題となるのが、

「どのインフルエンサーにお願いするのか?」

という点です。

そこで本記事では、中高生を中心とした若者に人気のSNSである「Tiktok」で影響力を持っているイケメン男性クリエイターを30人紹介していきます。

若者をターゲットとしてマーケティングを行いたい企業担当者様は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

TiktokイケメンランキングTOP30

修一郎

フォロワー数:190万人
コンテンツ:大学生の日常

修一郎(@tuckinshuichiro)さんは、TikTok開始から僅か5ヶ月で100万フォロワーを突破し、現在も人気急上昇中のクリエイターです。

「大学生の日常」をコンテンツとして投稿しており、1投稿の平均再生数は150万再生を超えます。

また、「#修一郎」のタグをつけて投稿する人も増えており、影響力の高さが伺い知れます。

現在最も旬なイケメンクリエイターの1人だといえるでしょう。

【修一郎のインタビュー記事】はこちら
修一朗が語る! TikTokドリームを掴んだクリエイターのサクセスストーリー

ローカルカンピオーネ

フォロワー数:83万人
コンテンツ:ダンス系

ローカルカンピオーネは、ヒップホップやポップ系のダンス動画を投稿するイケメン3人組です。

視聴者が一緒に楽しめる楽曲をセレクトし、かんたんな振り付け動画を投稿しています。

昔流行った楽曲も楽しく振り付けしており、世代を超えて親しまれているグループです。

【ローカルカンピオーネのインタビュー記事】はこちら
話題のダンス3人組「ローカルカンピオーネ」に聞く!トレンドをつくり続ける秘訣とは? 

イヌイサン

フォロワー数:46万7千人
コンテンツ:スポーツ系

イヌイサンは、抜群の運動神経を持つスポーツ系のTikTokクリエイターです。

運動だけではなく、楽器の演奏も得意という多彩な一面を持っています。

ファンとも気軽に写真を撮るなど、その親しみやすさも人気の理由です。

【イヌイサンのインタビュー記事】はこちら
クリエイター「イヌイサン」がTikTok Creator’s Lab. 2021 Celebrationsを受賞した秘訣とは?

内山さん(Uchiyamasan☀️)

フォロワー数:630万人
コンテンツ:キレキレのダンス

内山さん(Uchiyamasan☀️)(@uchiyamasan7322)は、キレッキレのダンスで人気を博するイケメンTikTokクリエイター。


コンテンツはダンス動画が中心ですが、「動きがとにかく面白い」「癖になる」とファンからは好評なようです。

また、abemaTVの「水溜りボンドの青春動画荘」にも出演しており、知名度や露出度はかなりのものだといえるでしょう。

JOONHO&GYUMIN

フォロワー数:170万人
コンテンツ:ダンス動画、おもしろ動画

JOONHO&GYUMIN(@joonho.gyumin)さんは、韓国出身の二人組クリエイターで、「JG」という名前で活動するプロのアーティストでもあります。

ルックスだけでなく歌・ダンスの能力もずば抜けており、女性人気が高いのが特徴です。

Hayataku/はやたく

フォロワー数:440万人
コンテンツ:おもしろ系

440万人と、男性TikTokクリエイターの中でもトップクラスのフォロワー数を誇るのが、Hayataku/はやたく(@wd7754)さん。

はやたくさんはワタナベエンターテイメントに所属するタレントでもあり、高校生の時には、日本一のイケメン高校生を決めるコンテストで準グランプリになっています。

また、ファンとこまめなコミュニケーションを取っており、単純なリーチ数だけでなく、エンゲージメントの高さも期待できそうです。

こたつ@フォーエイト

フォロワー数:320万フォロワー
コンテンツ:おもしろ系

トップクラスの人気のはやたくさんに匹敵するのが、Youtuberグループ「フォーエイト」所属のこたつ(@kotachumu)さん。

youtubeのチャンネル登録者数も120万人を超えており、かなりの影響力を持っていることが伺えます。

ビジュアル面も好評で、女性ファンも多いみたいです。

SHUZO

フォロワー数:370万人
コンテンツ:オシャレ系

ぺこ&りゅうちぇるなどが所属する、スターレイプロダクション所属のSHUZO (@shuzo__3120)さんは、フォロワー数が370万人以上。

ドラマにも出演しており、GENERATIONSの白濱亜嵐さんと一緒に出演している動画もちらほら投稿されています。

そのルックスから女性ファンも多く、TikTokでは様々な国からのコメントが殺到しています。

ミスターヤバタン

フォロワー数:120万人
コンテンツ:おもしろ系

ミスターヤバタン(@mr_yabatan)さんはノルウェー出身のTikTokクリエイターで、クスッと笑えるおもしろ系動画を多数投稿しています。

Twitterでは「元気が貰える」との口コミが多数ありました!

森友二(moriyuji)

フォロワー数:100万人
コンテンツ:女装・美容系

美容師とモデルをやっている森友二@moriyuji6615)さんは、フォロワーが100万人います。

「かっこいい」という声だけでなく、女装姿が「可愛い」という声も多数ありました!

名古屋市栄で美容師をしていることから、名古屋近辺での影響力も強いことでしょう。

ももくん🐶👑(大谷悠哉)

フォロワー数:34万8600人
コンテンツ:日常系

ももくん(@s_410yuya)は、大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントに所属するTikTokクリエイター。

大手芸能事務所に所属しているだけあり、イケメン度はかなりのもの。

また男性アイドルグループ「Hi☆Five」のメンバーでもあり、若い女性を中心に人気があります。

コムドットやまと

フォロワー数:180万人
コンテンツ:日常系

コムドットやまと(@com.yamato0515)は、人気YouTuberグループ「コムドット」のメンバーの1人で、グループのリーダー兼社長でもあります。

コムドットのファンは「コムレンジャー」と呼ばれ、ファン層はティーンが中心。

2021年には、「女子高生・女子大生トレンドランキング2021上半期」(RooMooN発表)の「YouTuber部門」と「TikToker部門」において、それぞれ1位を獲得しています。

夢だんだん(ゆんた)

フォロワー数:48万1500人
コンテンツ:日常系

夢だんだん(@yumedandan)は、主に日常系やダンス系の動画をメインに投稿するTikTokクリエイターです。

男性TikTokクリエイターの中でもかなりのイケメンで、実際にTwitterなどでは「イケメンすぎる」「オーラがえぐい」などのコメントが寄せられています。

ちなみに特技は英語で、日常会話くらいなら問題なく話せるそうです。

道東の漁師

フォロワー数:772万3000人
コンテンツ:アウトドア系(釣り)

道東の漁師(@masaya.84)は、アウトドア系(釣り)の動画をメインに投稿するTikTokクリエイター。

元ホタテ漁師&元ラガーマンで、見事なまでの肉体美と端正な顔立ちが特長です。

前職の経験を活かした釣り動画はもちろん、ゲーム系やダンス系の動画も投稿しており、幅広いファンから親しまれています。

kemio(けみお)

フォロワー数:100万人
コンテンツ:おもしろ系

kemio(@mmkemio)は、TikTokやYouTubeを中心におもしろ系の動画を投稿する動画クリエイター。

また193センチの長身を活かし、モデルとしても活動しています。

TikTokではキレッキレのダンスも披露し、ファンからは「レベル高い」「マジうまい」などのコメントが寄せられています。

コムドットゆうた

フォロワー数:101万人
コンテンツ:日常系

コムドットゆうた(@com.yuta0305)は、人気YouTuberグループ「コムドット」のメンバーの1人で、コムドットでは「やまと」に次ぐ初期メンバーの1人です。

インスタグラムのフォロワー数が日本のYouTuberの中でトップになるなど、ゆうたはメンバーの中でも特に人気がある存在。

TikTokではコミカルなダンス動画も披露し、ファンからは「癒やされる」などと好評のようです。

87かぼちゃ

フォロワー数:24万1000人
コンテンツ:コスプレ系

87かぼちゃ(@87pumpkin)は、コスプレ系の動画を投稿するイケメンTikTokクリエイターです。

87かぼちゃと書いて「はなかぼちゃ」と呼び、北陸をメインに活動しています。

聖徳太子のコスプレで、定期的に塩昆布を使った料理動画を投稿することもあり、フォロワーからは「塩昆布太子」の愛称で親しまれています。

モンロー(No war)

フォロワー数:55万5千人
コンテンツ:あるある系

モンロー(No war)(@yu.urawareds)は、あるある系の動画を中心に投稿するTikTokクリエイターです。

コンビニのあるあるシリーズの動画が人気で、店長や店員、お客さんなどのあるあるを面白おかしく披露。

フォロワーからは、「このシリーズおもろい」「あるある!」「カッコいい」などのコメントが寄せられています。

杉本琢弥

フォロワー数:11万2000人
コンテンツ:音楽系

杉本琢弥(@takuyablackiris)は音楽系のTikTokクリエイターで、バンドグループ「BLACK IRIS」のメンバーの1人です。

また熊本出身であることから、本人いわく「熊本の彼氏」を目指しているそう。

フォロワーからのコメントには、熊本弁を使ったものも見受けられます。

ちなみにTikTokでは音楽やダンス系の動画のほか、おもしろ動画なども投稿しています。

おだけい

フォロワー数:74万1800人
コンテンツ:日常系

おだけい(@odakei_6)は、YouTuberコンビ「みきおだ」のメンバーの1人で、おもに日常系の動画を投稿する動画クリエイター。

欅坂46のオタクとしても知られており、欅坂46関連の動画も度々投稿しています。

また人気ユーチューバー「ヒカル」が率いる「Next Stage」のメンバーでもあり、Next Stageファンからも親しまれています。

曽田陵介

フォロワー数:61万6300人
コンテンツ:日常系

曽田陵介(@s24ry)は、YouTubeやTikTokのほか、俳優やモデルとしても活動するクリエイター。

スケートボードとビリヤードが趣味で、特技はサッカー。

運動神経も抜群のイケメンクリエイターです。

人気漫画「弱虫ペダル」の舞台版での主人公役にも抜擢されるなど、今後の活躍が楽しみなクリエイターの1人です。

ジャッくん。

フォロワー数:21万5900人
コンテンツ:美容系

ジャッくん。(@pare0610)は、主に美容系の動画を投稿するイケメンTikTokクリエイターです。

TikTokでは、おすすめの美容グッズやメイク技術などを投稿しています。

女性に間違われるほどのキレイな顔立ちをしており、ファンからは「女の子でしょ?」などのコメントが寄せられています。

ゆーひ

フォロワー数:120万人
コンテンツ:ダンス系、ゲーム系

ゆーひ(@_yuhi_1116)は、主にダンス系やゲーム系の動画を投稿するTikTokクリエイターです。

コミカルなダンス動画や、ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」が得意。

本人いわく、インドア系ではなく「室内系」男子だとか。端正な顔立ちをしたイケメンで、女性を中心に人気があります。

しんたろー/SHINTARO

フォロワー数:71万人
コンテンツ:日常系

しんたろー/SHINTARO(@sintarourou)は、自称「日本一イケメンなtiktoker」として活動するTikTokクリエイターです。

「スーパーイケメンの俺は女装しても美人になるのか」など、投稿内容はイケメンを売りにしたものが中心。

本人は細マッチョのイケメンですが、女心をくすぐるかわいさもあるようで、フォロワーからは「鬼かわいい」などのコメントも寄せられています。

春木開

フォロワー数:63万1300人
コンテンツ:チャレンジ系

春木開(@harukikai_positive)は、TikTokやYouTubeのほか、実業家としても活動するクリエイターです。

最近では「職業 春木開」の出版をしたりと、活動の幅をますます広げています。

過去に多くの苦労があったようですが、逆境を物ともしない春木開の生き様が、多くのフォロワーに勇気を与えているようです。

オムライス兄さん🍅🐣🍚

フォロワー数:35万7400人
コンテンツ:グルメ系

オムライス兄さん🍅🐣🍚(@omurice_omelette)は、その名の通り毎日オムライスを作って動画に投稿するTikTokクリエイターです。

毎日作って食べたいほどオムライスが大好きで、オムライスを使ったさまざまなアレンジレシピも投稿しています。

オムライス兄さんの動画を参考に、オムライス作りにハマるフォロワーも増えているようです。

りょすけ🐍🥀

フォロワー数:38万3800人
コンテンツ:日常系

りょすけ🐍🥀(@ryosuke.sb.jp)は、主に日常系の動画を投稿するTikTokクリエイター。

180センチ近くの高身長でイケメン、サーフィンやスノーボードが趣味ということもありスタイルも抜群です。

中でもスノボの腕前はかなりのもので、りょすけ🐍🥀のスノボ動画がきっかけで、スノボに興味を持ったフォロワーも見受けられます。

ててみ

フォロワー数:16万9200人
コンテンツ:美容系

ててみ(@t_e_t_e_m_i)は「しっかりをたく系」のTikTokerで、将来の夢は天使になること。

上記やプロフィールから分かるように、独特な世界観を持っているTikTokクリエイターです。

ネイルやファッションなど、美容系の動画をメインに投稿しており、ファンからは「カワイイ」などのコメントが寄せられています。

タロー社長@フォーエイト

フォロワー数:160万人
コンテンツ:日常系

タロー社長(@taro0429)は、主に日常系の動画を投稿するTikTokクリエイターで、8人組のYouTuberグループ「48-フォーエイト-」のメンバーの1人でもあります。

タロー社長は「48-フォーエイト-」の副リーダー。さらにイケメンということもあり、グループの中でも人気のある存在です。

フォロワーからは「タロ様」と呼ばれており、「かわいすぎる」などのコメントが寄せられています。

せりしゅん

フォロワー数:57万7600人
コンテンツ:カップル系

せりしゅんこと芹沢瞬(@0208_31)は、主にカップル系の動画を投稿するTikTokクリエイター。

24歳の爽やか系イケメンで、女性を中心にファンが多いクリエイターです。

テレビにも時々出演しており、フォロワーからは「イケメンすぎる」「カワイイ」などのコメントが寄せられています。

企業がTikTokのイケメンクリエイターを起用するメリット

企業がTikTokのイケメンクリエイターを起用するメリットは、次の2つです。

・TikTokは話題を作りやすい
・商品やサービスを身近に感じてもらえる

それぞれ解説します。

TikTokは話題を作りやすい

TikTokは他のプラットフォームと比べ、話題を作りやすいのが特徴です。

TikTokのメインユーザーでもある10〜20代の若者層は、流行や話題にもっとも敏感な世代。

そのため、TikTokを使いイケメンクリエイターを起用したマーケティングをすることで、話題が広まりやすくなります。

また、スマートフォンの画面いっぱいに動画が展開するため、ユーザーの記憶に残りやすいといったメリットもあります。

商品やサービスを身近に感じてもらえる

企業の商品やサービスを身近に感じてもらえるのも、メリットといえます。

なぜなら、一般人であるイケメンクリエイターは、芸能人よりも親近感を覚えてもらいやすいため。

ユーザーがイケメンクリエイターに親近感を覚えることで、クリエイターが紹介する企業の商品やサービスも身近に感じ、興味を持ってもらいやすくなります。

実際事例のメリット

イケメンクリエイターを起用した、実際の企業事例を紹介します。

ローカルカンピオーネ✕丸井織物株式会社

TikTokクリエイターのローカルカンピオーネと、オリジナルTシャツ作成サービス「Up-T」を提供する丸井織物株式会社とのタイアップ事例です。

キャッチーなメロディに合わせて、お笑い芸人の「かまいたち」がダンスをする動画が話題になりましたが、このダンスの振り付けを担当したのがローカルカンピオーネです。

ローカルカンピオーネが振り付け担当した「Up-Tダンス」にチャレンジするユーザーが増えたことで、企業のサービス認知にも貢献。

TikTokの「音楽」「ダンス」といった特性と、ローカルカンピオーネの強みを活かした好事例といえるでしょう。

TikTokをプロモーションに活用するコツ

TikTokをプロモーションに活用するコツは、次の2つです。
・アカウントは「親しみやすさ」を重視
・各種TikTok広告を活用
それぞれ解説します。

アカウントは「親しみやすさ」を重視

TikTokのアカウントを作る際は、親しみやすさを重視すべきです。
TikTok広告のメリットとして、広告感を出しすぎず、他の投稿と同じ感覚で広告を出稿できることがあります。
そのため、企業アカウントの世界観が固めで親しみにくい場合、TikTokの特性を存分に活かせません。
一般のアカウントや投稿と同じように、「親しみやすさ」を重視することで、よりプロモーションが成功しやすくなります。

各種TikTok広告を活用

TikTok広告は、目的に応じてさまざまな種類から選択できます。
主なTikTokの広告の種類は、以下の通りです。
・起動画面広告
・インフィード広告
・ハッシュタグチャレンジ広告
上記の広告を目的に合わせて使い分けることで、よりプロモーションの効果を得られやすくなります。
具体的な広告の内容については、以下の記事をご覧ください。
メリットいっぱい!TikTok広告の種類や費用を説明します

【まとめ】TikTokクリエイターも影響力抜群!

今回は日本で人気の男性TikTokクリエイターを30人紹介してきました。

TikTokは中高生を中心とした若者に人気のSNSなので、企業担当者だと馴染みが薄い場合もあるでしょう。

しかし今回紹介してきたように、人気のTikTokクリエイターですと、数百万人のフォロワーを誇るケースも珍しくありません。

よって、若者をターゲットとしてインフルエンサーマーケティングを行う場合は、ぜひTikTokクリエイターの起用を検討してみてください。

ショートムービーラボでは、人気の女性クリエイターも下記の記事で紹介していきます!
TIkTokのかわいいクリエイターランキング【2022】最新版

記事を書いた人
今村 悠勢
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。
大学在籍中にインターン先の企業のTikTokアカウントを運用し、
10万回以上再生された動画を多数制作しました。
現在は株式会社スターミュージック・エンタテインメントに所属し、ショートムービーラボのディレクション・記事のライティングを行っています。
自身の経験を活かしてTikTokを企業が活用する際にヒントになるような情報を発信します。