HOW TO

TikTokでバズる方法【2022年最新版】

TikTokアルゴリズムバズる

TikTokでバズる方法を徹底解説!

本記事では主にビジネスアカウントを運用する企業の担当者へ向けて、TikTokでバズる方法を徹底解説します。動画まで、バズるアカウントを作るためのポイントも解説。
TikTokがバズらずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

TikTokとは?

TikTokとは、15秒から1分程度の動画の閲覧や投稿ができる、ショートムービープラットフォームです。

TikTokでバズるためには、まず下記で解説するTikTokの特徴を理解しましょう。

TikTokの特徴

TikTok最大の特徴は、ユーザーが自分で再生する動画を選ぶことなく、AIがユーザーの趣向に適した動画を再生してくれる、ということ。

「ショートムービーが特徴では?」と思う方もいるかもしれませんが、TikTok最大の特徴は、優秀なアルゴリズムによる動画の選定精度の高さです。
TikTokは使えば使うほど、自分の好みに合った動画が表示されるようになります。
「自分で興味のある動画を探す→視聴する」という従来の動画プラットフォームでは当たり前だった行為を、TikTokは失くしたのです。
優秀なアルゴリズムによる動画の選定精度の高さこそが、TikTok最大の特徴であり、強みでもあります。

TikTokの主要視聴世代

TikTokの主要視聴世代は、主に10〜20代の若者が中心です。
しかし、近年ではこの主要視聴の世代に変化が起きているのをご存知でしょうか。

(株)博報堂DYメディアパートナーズと(株)博報堂の共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」が調査した結果によれば、TikTokユーザーの平均年齢は34歳とのこと。
この数字は2019年以降も毎年上昇しており、もはや「ダンスや口パク動画がメイン」というかつての認識は薄れつつあります。

現にTikTok上では、30代をターゲットにしたビジネスや金融系の発信が増え続けています。
今のTikTokは10〜20代の若者だけではなく、30代以上の年齢層にもアプローチできるプラットフォームでもあるのです。

Tiktokが公式に掲げる良いコンテンツ

TikTokは公式に掲げる良いコンテンツ、それは人々の「創造性を刺激し、喜びをもたらす」コンテンツです。

TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。TikTokのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。

引用:TikTok公式サイト

またTikTokのコミュニティガイドラインには、以下のような記載があります。

TikTokでは、安全性、多様性、包括性、信頼性を優先しています。クリエイターがユニークな物を生み出すことを楽しみ、ユーザーがインスパイアされるものに出会うことを応援しています。

引用:TikTokコミュニティ・ガイドライン

つまりTikTokが公式に掲げる良いコンテンツとは、「安全性、多様性、包括性、信頼性」を優先した「ユーザーがインスパイアされるもの」と考えられます。

TikTokに優良コンテンツと判断されたアカウントは、よりバズりやすくなります。
TikTokが掲げるミッションと指針を理解し、動画を視聴したユーザーがインスパイアされるようなコンテンツ作りを目指しましょう。

【TikTokでバズる方法①】アルゴリズムを理解する

TikTokでバズる方法の1つめは、アルゴリズムを理解することです。

TikTokのアルゴリズムは、以下の通り。

  • いいね率
  • シェア率
  • コメント率

※再生数に対しての割合

TikTokのアルゴリズムは、主に再生回数に対しての「いいね率」「シェア率」「コメント率」を重要視しています。

ショートムービーがメインのTikTokは、再生回数よりもいいねやシェアなどの反応率が重視されています。
これは1つ1つの動画の再生時間が短いため、再生時間が長いYouTubeのように再生数だけでは一概に良いコンテンツだとは判断できないためです。

それでは、それぞれの要素について深堀りします。

いいね率

動画の再生回数に対して、いいねが付けられた割合を示します。KPIを設定する際は、「いいね率を5倍に増やす」など具体的な数値目標を設定しましょう。

シェア率

動画の再生回数に対して、動画がシェアされた割合を示します。こちらもKPI設定時には、具体的な数値目標を設定します。
また動画のシェア率はフォロワー数の増加にも繋がるため、並行してフォロワー数の推移も分析しましょう。

コメント率

動画の再生回数に対して、コメントが付いた割合を示します。ただしコメントについてはただ数字が多ければ良いという訳ではありません。
批判的な内容のコメントが多くついた場合、特にビジネスアカウントでは企業のブランド力に大きく影響する可能性があります。

当然ながら、コメント数を稼ぐために過激な投稿をするのはおすすめしません。

【TikTokでバズる方法②】良いクリエイティブを作成する

TikTokでバズる方法の2つ目は、良いクリエイティブを作成することです。

この章では良いクリエイティブを作成するための10つのポイントと、良いクリエイティブの例を5つ紹介していきます。

良いクリエイティブを作る10つのポイント

TikTokで評価されるクリエイティブを作成するためには、下記のポイントを意識すると有効です。

  1. トレンドを把握する
  2. 発信内容を統一する
  3. 開始1秒でインパクトを与える
  4. 視聴したくなるタイトルをつける
  5. 流行りのBGMをつける
  6. 音量のバランスに注意する
  7. ハッシュタグを活用する
  8. ハッシュタグチャレンジに参加する
  9. 世界観を統一する
  10. いいねやコメントに反応する

それでは、上記ポイントについて深堀りします。

1. トレンドを把握する

常に最新のトレンドを把握できるよう、トレンドは頻繁にチェックしましょう。
特にTikTokは若い世代の利用が多いため、トレンドの移り変わりが激しいプラットフォームです。
トレンドハッシュタグを毎日チェックするなどして、時代遅れのトレンドで発信しないように気をつけましょう。

2. 発信内容を統一する

発信内容はできるだけ統一しましょう。

発信内容がバラバラだと、フォロワーが付きにくくなります。
なぜならユーザーから「このアカウントは自分の求めている情報が得られない」と判断されるためです。

ビジネス系ならビジネス系、美容系なら美容系とジャンルを統一することで、よりアカウントのファンを獲得しやすくなります。

3. 開始1秒でインパクトを与える

動画の開始1秒で視聴者にインパクトを与えましょう。

TikTokは興味のない動画は簡単にスワイプして、次の動画が視聴できるようになっています。
開始1秒で視聴者にインパクトを与え、動画を見てもらえるように工夫しましょう。

4. 視聴したくなるタイトルをつける

ユーザーが動画を視聴したくなるようなタイトルをつけましょう。

例えば「実は〇〇」「〇〇3選」「〇〇となる原因」などのタイトルは、答えが気になるため動画を見てもらいやすいタイトルといえます。
また「質問来てた」などのタイトルも、実際にアカウントへ質問したユーザーから「自分の質問に答えてくれたかも?」と思わせるため、有効な手法です。

5. 流行りのBGMをつける

動画につけるBGMは、できるだけTikTok内で流行のBGMをつけましょう。

TikTokは音楽ありきのプラットフォームのため、動画のBGM選定は非常に重要です。
流行のBGMはユーザーにとって聴き馴染みのあるBGMのため、より動画を見てもらいやすくなります。

6. 音量のバランスに注意する

音量バランスの調整も重要な要素の1つです。

  • 声が小さくて聞き取りづらい
  • BGMが小さすぎる、または大きすぎる

このような動画を投稿した場合、例え動画の発信内容が良くてもスキップされる可能性があります。
撮影時に少し大きめの声で喋ったり、動画編集アプリで音量を調整するなどして、音量のバランスを意識しましょう。

7. ハッシュタグを活用する

ハッシュタグを上手く活用すると、より動画がバズりやすくなります。

トレンドのハッシュタグと動画内容に関係するハッシュタグをそれぞれ付けて投稿することで、より動画を見てもらうきっかけが作れます。

ただし、TikTokはインスタグラムのようにハッシュタグありきで検索するようなプラットフォームではありません。
そのため検索による流入が目的ではなく、おすすめに乗るきっかけを目的にハッシュタグを活用します。

8. ハッシュタグチャレンジに参加する

ハッシュタグチャレンジへの参加も、バズるための有効な手法です。

より多くのユーザーにシェアされているハッシュタグチャレンジに参加することで、自分のアカウントを知ってもらうきっかけになります。
「アイディアが浮かばない」という方は、とりあえずハッシュタグチャレンジへの参加をおすすめします。

9. 世界観を統一する

アカウントの世界観を統一することで、よりフォロワーが付きやすくなります。

発信内容を表現する世界観が統一されていないと、ユーザーに情報が伝わらずフォローされにくくなります。
例えば有名なアカウントだと、「中田敦彦のYouTube大学」が参考になります。

中田敦彦のYouTube大学は、ビシッとスーツを着こなした中田敦彦さんが、ホワイトボードを使いながら解説する、という「講義形式」の世界観が完成されています。
これがアロハシャツにサングラス姿で、ホワイトボードではなくビーチで同じ内容を発信していたら、きっと視聴者は混乱するでしょう。
動画の背景やBGM、出演者の服装や喋り方など、発信内容と統一した世界観を作ることで、よりユーザーに情報が伝わりフォローされやすくなります。

10. いいねやコメントに反応する

いいねやコメントには必ず反応し、エンゲージメントの増加へつなげましょう。

反応数やフォロワー数が増えることでよりコンテンツが拡散されやすくなり、「おすすめ」に乗る可能性も高まります。
またフォロワー数の多さは、コンテンツの権威性と信頼性にも比例します。
いいねやコメント、DMなどには真摯に対応し、フォロワーとの良好な関係作りに努めましょう。

以上が、良いクリエイティブを作るためのポイントです。
こちらの記事ではTikTok広告のクリエイティブ制作について詳しく解説しているので上記ポイントとあわせて参考にしてみてください。

良いクリエイティブ例

動画を投稿する際に参考となる、良いクリエイティブ例を5つ紹介します。

良いアイディアが出ずに悩んでいる方は、参考にしてみてください。

ゆうにゃん

@yuunyan_222

みんなそう?

♬ ダーリンダンス – Kairiki bear


中毒性のあるあざとい動画が人気の「ゆうにゃん」の投稿は、ユーザーが投稿内容に対して反応しやすいのがポイント。
上記の動画は、男性の前ではつい「あざとさ」が出てしまうのを、面白おかしく表現したもの。

「そうなるよね!」「私はならない!」「どっちもかわいい!」など、さまざまなコメントが寄せられています。
またゆうにゃん自身が「みんなはどう思う?」と問いかけており、コメントの投稿を誘っているのも良いポイントです。

れもんえいみ

@lemolemolemonn

なんで籍を残しているのか不思議な人

♬ オリジナル楽曲 – れもんえいみ


れもんえいみは、思わず「こんな人いるいる!」と共感する◯◯女シリーズが人気のクリエイター。

動画のポイントは「アルバイト」という若者世代が共感しやすいテーマを、面白おかしく表現していること。
また「月1くらいしかシフト出していないけど状況把握が早い救世主女」というタイトルも、動画を見なくても「いるいる!」と共感できるタイトルです。
さらに「うちのアルバイトにもいる!」「うちではこんな人が!」など、ユーザーがコメントでそれぞれの経験談を語りだすため、コメント欄もバズりやすくなります。

シダヒナノ

@sh__ddney みんなにとっての浮気ってどこからじゃ?wwww#あるある#恋バナ#学校あるある ♬ オリジナル楽曲 – シダヒナノ


表情の豊かさとそのキャラクター性から、友達になりたい系クリエイターとして人気の「シダヒナノ」。
上記の動画は「女子高生が浮気について話す」という、学生ならよくあるシチュエーションを面白おかしく表現した動画です。

「表情」「動き」「ワードの選定」の全てが秀逸で、とくにシダヒナノならではの良い意味での「ウザさ」が出ているのがポイント。
大人気ユーチューバーのHIKAKINさんからも分かるように、「表情が豊か」なクリエイターはユーザーからの反応が良いため、人気が出やすくなります。

100日後に告白する女子大生

@100daysgirl 陰キャにバレンタインチョコあげてみた🍫#100日後に告白する ♬ オリジナル楽曲 – 100日後に告白する女子大生


恋するツンデレ女子大生が、「100日後に男の子に告白する」をテーマに投稿する動画です。

「100日後に死ぬワニ」の大ヒット例からも分かるように、このようなテーマは一度ハマれば続きが気になって仕方ないもの。
ワニよりも身近な女子大生の日常をテーマにしており、初回の動画はバレンタインに義理チョコをあげる所からスタートします。

このアカウントが良いポイントは、ある程度ストーリーが進んだ際に「100日後に告白される女子大生」の動画を公開しているところ。
「え!告白するんじゃなくされるの!?」「展開が変わった!?」など、コメント欄では思わぬ急展開に盛り上がりを見せています。
予期せぬ急展開を取り入れユーザーを飽きさせない工夫がされており、非常に参考となるアカウントです。

ミレニアムベイビー👶

@millennium_baby20 今日動画撮れなかったので、過去動画です!#あるある #ネタ #コント #ミレニアムベイビー #学校あるある ♬ オリジナル楽曲 – ミレニアムベイビー👶


ミレニアムベイビーは、「カッコイイより面白い!」をテーマに、高校生の日常をあるあるネタにして投稿する人気クリエイター。
同じく高校生の日常をテーマに扱う「土佐兄弟」のアカウントがバズっているように、TikTokと学生のあるあるネタは相性が良いと言われています。

この動画が参考になるポイントは、男子と女子それぞれの立場でのあるあるネタを投稿していること。
中高生は「男子なら男子」「女子なら女子」でそれぞれグループを作って過ごすことが多いため、意外と異性が普段どのような会話しているか知らないもの。
男子と女子のそれぞれの立場でコメント欄が盛り上がるため、動画がバズりやすくなります。

【TikTokでバズる方法③】投稿する時間を意識する

TikTokでバズる方法の3つ目は、投稿する時間を意識することです。

ポイントは以下の2つです。

  • より多くのターゲットがTikTokを見ていると予測される時間帯を狙う
  • 毎日同じ時間に投稿することでリピーターの増加を狙う

ターゲット層に合わせた時間帯に投稿するのが好ましいですが、基本的には学校や仕事へ行く前の7時〜9時、帰宅後の18時〜22時など、より多くのユーザーがSNSを見ていると予測される時間帯を狙うと良いでしょう。
また、毎日同じ時間帯に投稿することで「この時間は〇〇の投稿があがる」とリピーターが増えていく効果が期待できます。

【TikTokでバズる方法④】おすすめ(レコメンド)に乗る

TikTokでバズる方法の4つ目は、おすすめ(レコメンド)に乗ることです。

TikTokはプラットフォームの性質上、アプリを起動するとまず「広告動画」が表示され、次に「おすすめ」の動画が表示されます。
TikTokは自分で動画を選ぶより「おすすめ」で動画を視聴するケースの方が多いため、おすすめに乗ることで多くのユーザーへのリーチが期待できます。

おすすめに乗るために重要なポイントは以下の5つです。

  • ユーザーの反応数
    投稿した動画に対してのアクション(いいね・コメント)数
  • ユーザーのシェア数(リンクコピー)
    投稿した動画に対して、ユーザーがシェアした数
  • ハッシュタグチャレンジへの参加
    TikTokの特性を活かした広告手法の1つで、ユーザー参加型の広告
  • 動画の視聴時間
    ユーザーが動画を視聴した時間
  • 動画の視聴完了率
    ユーザーが最後まで動画を視聴した時間

上記のポイントを意識しながら、動画を投稿してみましょう。

それぞれのポイントの詳細は、こちら記事で詳しく解説しています。

【TikTokでバズる方法⑤】アカウントの特徴を作る

TikTokでバズる方法の5つ目は、アカウントの特徴を作ることです。

「これはどのようなアカウント」かと特徴を理解してもらうことで、ターゲットに刺さる可能性が高まり、ファンの増加が期待できます。
アカウントの特徴をユーザーに理解してもらうためには、発信内容の統一が重要。同じジャンルで発信することで、よりアカウントにフォロワーが付きやすくなります。

またジャンルの統一だけではなく、バズりやすいジャンルで発信するのも有効です

<ライフハック系>
いわゆる仕事術のこと。TikTokの平均視聴年齢が上がってきており、ライフハック系の動画も増加傾向にあります。

<恋愛系>
若者世代をメインに、恋愛系のジャンルは安定した人気があります。

<美容系>
10〜20代の女性を中心に人気です。また最近ではGYUTAE(ギュテ) のような男性の美容系クリエイターも人気があります。

<マネー系>
両学長のようなマネー系の動画も人気です。ただし発信内容によってはシャドーバンの対象となるため注意が必要です。

上記のジャンルはTikTokと相性が良く、バズりやすいジャンルと言われています。

【番外編】TikTokのバズるアカウント作り・フォロワー0の場合

フォロワーが0人の状態の場合、取り急ぎでやるべきことは次の2つです。

  • 同ジャンルで発信しているアカウントの研究
  • トレンドの把握

まずは上記2つのポイントを意識して、動画がおすすめに乗るのを目指しましょう。

同ジャンルで発信しているアカウントを研究する

まず自分と同じジャンルで発信しているアカウントをフォローし、徹底研究をしましょう。

それぞれの動画に対してのいいねやコメント数を研究することで、ユーザーに好まれる動画の特徴が分かってきます。
他にもBGMの選定やタイトルの付け方など、参考になるポイントはどんどん自分のアカウントへ取り入れましょう。

トレンドの把握

ユーザーに好まれる動画の傾向が分かってきたら、次にトレンドハッシュタグを活用した分析します。
動画をおすすめに乘せるためには、トレンドで流行っているハッシュタグで投稿することが重要です。

ただしトレンドは移り変わりが激しいため、投稿するトレンドハッシュタグを決めたらスピード感を持って投稿する必要があります。

またトレンドハッシュタグを毎日確認していると、そのうち何度も流行っているハッシュタグが分かるようになってきます。
何度も流行っているハッシュタグについては、動画を事前にいくつかストックしておくと便利です。

【番外編】TikTokのバズるアカウント作り・ビジネスアカウントの場合

ビジネスアカウントの場合、バズるためにはキャンペーンの実施とハッシュタグチャレンジの企画が有効です。

TikTokは「宣伝色を出さずに」広告を楽しめるという特徴があるため、ユーザーが楽しみながら企業の認知拡大につながるメリットがあります。

具体的には、日本マクドナルドが実施した#ティロリチューンのキャンペーンや、ZOZOグループが実施した#春夏コーデなどの企画が参考となるでしょう。

ビジネスアカウントについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ

ここまでTikTokのバズる方法について解説してきましたが、実はより効果が出やすい方法もあります。それは「アカウント代行企業」に依頼することです。

TikTok運用の知識とスキルを兼ね備えたアカウント代行企業であれば、よりアカウントがバズりやすくなるのはもちろん、効率の良い運用が可能となります。

Star Creation(スタークリエイション)は、TikTok業界最大級のMCN(マルチチャンネルネットワーク)として、数々の企業アカウントの代行実績を誇る企業です。
所属クリエイターの合計フォロワー数が1億人を超える業界最大級のプロダクションとして、クライアントの希望に合ったクリエイターをキャスティング。
企画立案やプランニング、クリエイターのアサインや投稿動画の制作はもちろん、オリジナル音源の制作や振付の制作、配信までを通気一貫で支援します。

TikTokがバズらずに悩んでいる方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

記事を書いた人
ショートムービーラボ編集部
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!
ショートムービーラボを通してTikTokやYouTubeショートなどのビジネス活用方法をみなさんにお届けするべく、日々情報収集をしています!